Trimble Connector でのオーバーレイ モデルの管理

Tekla Structures
2021
Tekla Structures

Trimble Connector でのオーバーレイ モデルの管理

オーバーレイ モデルは、関連付けられた Trimble Connect プロジェクトに保存されている軽量参照モデルです。 オーバーレイ モデルは、Tekla Structures モデルにすばやく関連付けて、Tekla Structures モデルの上にモデル オブジェクトを表示できます。 オーバーレイ モデルを管理するには、さまざまな方法があります。 たとえば、新しいオーバーレイ モデルの追加、オーバーレイ モデルの縮尺と位置の調整、オーバーレイ モデル オブジェクトのプロパティの照会などです。

オーバーレイ モデルは Trimble Connect プロジェクトに保存されるため、Tekla Structures モデルが Tekla Structures プロジェクトにリンクされていない場合は、Trimble Connect モデルで使用することはできません。オーバーレイ モデルの操作を開始する前に、Tekla Structures モデルを Trimble Connect プロジェクトにリンクします

オーバーレイ モデルの管理を開始するには、次のようにします。

  1. Trimble Connect リボン タブで、 [モデル] をクリックします。

    [Trimble Connect - モデル] ダイアログ ボックスが開きます。[オーバーレイ モデル] タブでオーバーレイ モデルを、[参照モデル] タブで標準の参照モデルを管理できます。

  2. [Trimbel Connect - モデル] ダイアログ ボックスで [オーバーレイ モデル] タブを開きます。

オーバーレイ モデルの表示の管理

以下のいずれかの操作を行います。
これを 実行するには

現在の作業領域内にオーバーレイ モデル オブジェクトのみを表示する

  • [作業領域内のみを表示] チェック ボックスをオンにします。

Trimble Connect プロジェクト内のすべてのフォルダーとオーバーレイ モデルのリストを表示する

  • 上部にあるリストで、[プロジェクトのすべて] を選択します。

このモデルで現在表示または非表示にできるフォルダーおよびオーバーレイ モデルのみを含むリストを表示する

  • 上部にあるリストで、[このモデルで使用済み] を選択します。

オーバーレイ モデルの表示/非表示

  • オーバーレイ モデルを非表示にするには、モデルの左側にある をクリックします。

  • オーバーレイ モデルを表示するには、モデルの左側にある をクリックします。

  • フォルダー内のすべてのオーバーレイ モデルを非表示にするには、フォルダーの左側にある をクリックします。

  • フォルダー内のすべてのオーバーレイ モデルを表示するには、 をクリックします。

    フォルダーまたはそのサブフォルダーに、Tekla Structures に表示できるオーバーレイ モデルがない場合、矢印シンボルが目のアイコンの横に表示されません。

モデルを正しい形式に変換できないために表示できない場合は、モデルの左側に警告アイコン () が表示されます。

オーバーレイ モデルにズームイン

  1. オーバーレイ モデルのリストで、ズームインするモデルを選択します。

  2. をクリックします。

  3. [モデルにズーム] を選択します。

  4. ズームするモデル ビューを選択します。

  5. [はい] をクリックして、選択したモデル ビューへのズームを確定します。

オーバーレイ モデルの追加

  1. 新しいオーバーレイ モデルを追加するフォルダーを選択します。
  2. をクリックします。
  3. [モデルの関連付け] を選択します。
  4. [モデルの関連付け] ダイアログ ボックスで、[ブラウズ...] をクリックして、オーバーレイ モデルを見つけます。
  5. オーバーレイ モデルを選択し、[開く] をクリックします。
  6. [位置] で次のいずれかのオプションを選択します。

    [モデル原点] は 0,0,0 を基準にしてモデルを挿入します。

    [作業平面] は現在の作業平面座標系を基準にしてモデルを挿入します。

    [基準点]: <基準点の名前> は、[プロジェクトプロパティ] の基準点の定義から、座標系の値 [東座標]、[北座標]、[高さ]、および [北からの角度] を使用して、基準点を基準としてモデルを挿入します。

  7. オーバーレイ モデルを配置する場所を選択します。 [オフセット] ボックスで座標を入力したり、オーバーレイ モデル原点の位置をピックすることができます。
  8. Tekla Structures モデルとオーバーレイ モデルの間で縮尺が異なる場合は、オーバーレイ モデルの [縮尺] を設定します。

    DWG または AutoCAD に既にあるファイルの縮尺を設定する必要がある点に注意してください。 DWG または DXF ファイルの測定単位を定義し、AutoCAD でファイルを保存すると、Tekla Structures でその単位が認識され、オーバーレイ モデルの縮尺が正しく設定されます。

  9. モデル内の位置をピックするか、[回転] ボックスに必要な値を入力して、モデル Z 軸を基準にモデルを回転させることができます。

    回転角の小数点以下の最大桁数は 7 です。

  10. [モデルの関連付け] をクリックします。

    選択したフォルダーにモデルのバージョンが追加されます。

  11. 新しいオーバーレイ モデルをモデル ビューに表示するには、オーバーレイ モデルの横にある をクリックします。

オーバーレイ モデルのサブフォルダーの作成

Trimble Connect プロジェクト内にサブフォルダーを作成して、オーバーレイ モデルを分類できます。たとえば、ファイル形式、そのタイプ、またはプロジェクト内での位置に基づいて、オーバーレイ モデル用にさまざまなサブフォルダーを作成できます。

  1. サブフォルダーを追加するフォルダーを選択します。
  2. フォルダーの右側で をクリックします。
  3. [新しいフォルダーの作成] を選択します。
  4. サブフォルダーに名前を付け、[作成] をクリックします。

オーバーレイ モデルの縮尺と位置の調整

モデルの位置または縮尺の変更は、Tekla StructuresTrimble Connect の両方に適用されます。

  1. 位置を調整するオーバーレイ モデルを選択します。
  2. モデルのプロパティを表示するには、[Trimble Connect - モデル] ダイアログ ボックスの下部にある [プロパティ] をクリックします。

    プロパティは、プロジェクト基準点を基準にしています。

  3. モデルの尺度、位置、回転の新しい値を入力します。
  4. Tekla Structures モデル ビューに変更を適用するには、[変更] をクリックします。

モデルの初期尺度と位置に戻しには、[リセット] をクリックします。

オーバーレイ モデル オブジェクトの表示

[情報] コマンドを使用して、オーバーレイ モデルのオブジェクトと製品のプロパティを表示できます。

  1. オーバーレイ モデルのオブジェクトまたは製品を選択します。
  2. オブジェクトまたは製品を右クリックします。
  3. [情報] を選択します。

[オブジェクト情報] ダイアログ ボックスに、選択したオブジェクトまたは製品のプロパティが表示されます。表示されるプロパティは、オーバーレイ モデルとモデル形式によって異なる場合があります。

現在使用しているモデルからのオーバーレイ モデルの削除

  1. [このモデルで使用済み] リストが開いていることを確認します。
  2. 削除するオーバーレイ モデルを選択します。
  3. をクリックします。
  4. [使用済みモデル ツリーから削除] ツリーを選択します。

オーバーレイ モデルが [このモデルで使用済み] リストから削除されます。

オーバーレイ モデルを再び表示する場合は、[プロジェクトのすべて] リストに切り替えて をクリックします。オーバーレイ モデルが [このモデルで使用済み] リストに再び表示されます。

Was this helpful?
前へ
次へ