オーバーレイ モデルのバージョンの管理

Tekla Structures
2021
Tekla Structures

オーバーレイ モデルのバージョンの管理

同じオーバーレイ モデルの複数のバージョンを Trimble Connect プロジェクトに含めることができ、Tekla Structures モデル内のこれらのバージョン間の違いを確認できます。 これにより、プロジェクトの進捗を確認できます。

注:

新しいモデル バージョンは、以前のモデル バージョンと同じフォルダーに、同じ名前で保存する必要があります。

オーバーレイ モデルのバージョンの作成

  1. オーバーレイ モデルの新しいバージョンを作成します。

    外部ソフトウェア (ArchiCadAutodesk Revit など) を使用して、オーバーレイ モデル バージョンを作成したり、IFC モデル バージョンを作成したり、Tekla Structures モデルを .tekla ファイルとして Trimble Connect プロジェクトにアップロードしたりできます。

  2. 以下のいずれかの操作を行います。
    アップロード対象 実行するには

    .ifc 形式の新しいモデル バージョン

    以下のいずれかの操作を行います。
    • [Trimble Connect - モデル] ダイアログ ボックスで、以前のモデル バージョンが保存されているフォルダーを開き、以前のモデル バージョンの横の をクリックします。

    • Trimble Connect for Browser で、元のモデルが保存されているフォルダーを開き、モデルの新しいバージョンをフォルダーにドラッグ アンド ドロップします。

    別の形式の新しいモデル バージョン

    1. [Trimble Connect - モデル] ダイアログ ボックスで、元のモデル バージョンが保存されたフォルダーを選択します。

    2. をクリックし、[モデルの関連付け] を選択します。

    3. 新しいモデル バージョンを保存したフォルダーをブラウズし、モデル バージョンを選択します。

    選択したフォルダーにモデルのバージョンが追加されます。

  3. オーバーレイ モデルのバージョンを表示するには、オーバーレイ モデルを選択し、[バージョン] をクリックして [バージョン] セクションを展開します。
  4. 表示するモデルのバージョンを選択します。
    表示対象 実行するには

    モデルの最新バージョン

    オーバーレイ モデルの最新バージョンが表示されない場合、 シンボルが表示されます。 シンボルは、古いバージョンが表示されているモデルの横と、以前のバージョンが表示されているモデルーを保存したフォルダーの横に表示されます。

    • モデル、またはモデルが保存されているフォルダーの横にある をクリックします。

    モデルの古いバージョン

    • 表示するバージョンの横の をクリックします。

.tekla および .ifc のオーバーレイ モデル バージョンの違いの比較

  1. オーバーレイ モデル リストで、関連付けられた Trimble Connect プロジェクトに少なくとも 2 つのバージョンがあるオーバーレイ モデルを選択します。
  2. [オーバーレイ モデル] タブの下部で 、[バージョン] をクリックします。
  3. [バージョン] セクションで、必要に応じて次のいずれかの操作を行います。

    これを

    実行するには

    比較するプロパティを定義する

    1. [バージョン] セクションで、[...] をクリックします。

    2. [比較設定] ダイアログ ボックスで、比較するプロパティの横にあるチェック ボックスをオンにします。

      [変更リスト] 内のモデル オブジェクトを比較する場合、選択したプロパティだけが使用されます。

    3. 新しいプロパティを追加するには、[+] をクリックし、プロパティ名を入力します。

    4. プロパティを削除するには、プロパティの横にある をクリックします。

    5. 現在選択されているプロパティを後で使えるように比較設定として保存するには、[比較設定] ダイアログ ボックスの上部にあるリストから設定ファイルを選択するか、新しい名前を入力して新しい設定ファイルを作成します。

    6. をクリックします。

    7. [比較設定] ダイアログ ボックスを閉じます。

    プロパティの比較精度の定義

    1. [バージョン] セクションで、 をクリックします。

    2. [プロパティ セットの比較許容値] ダイアログ ボックスで、プロパティの変更と見なされる最小単位と最小値を設定します。

    3. 後で使うために現在の許容値を保存するには、[比較設定] ダイアログ ボックスの上部にあるリストから設定ファイルを選択するか、新しい名前を入力して新しい設定ファイルを作成します。

    4. をクリックします。

    5. [プロパティ セットの比較許容値] ダイアログ ボックスを閉じます。

  4. [バージョン] セクションで、モデル バージョンの横にある をクリックして、モデルの 2 つのバージョンを表示します。

    一度に比較できるオーバーレイ モデルは、2 つのバージョンのみである点に注意してください。 3 番目のモデル バージョンが表示されるように設定した場合、最も古い表示バージョンが自動的に非表示になり、2 つの表示バージョン間の相違点が表示されます。

    バージョン間の変更は、モデル内で次の色で表示されます。
    • 追加されたオブジェクト = 緑
    • 変更されたオブジェクト = 黄色
    • 削除されたオブジェクト = 赤色
    • 変更されていない既存のオブジェクト = グレー

  5. 変更されたオブジェクトのどのプロパティが変更されたかを表示するには、[変更リスト] で対応する行をクリックします。

    変更されたプロパティは、[プロパティの詳細] サイド パネルに表示されます。 サイド パネルには、オブジェクトの回転や位置の変更が表示されない場合がある点に注意してください。

他の形式のオーバーレイ モデル バージョンの違いを比較

.dgn.dwg などの形式でオーバーレイ モデル バージョンを比較すると、オーバーレイ モデル内のオブジェクトが色分けされて変更が表示されます。

  1. オーバーレイ モデル リストで、関連付けられた Trimble Connect プロジェクトに少なくとも 2 つのバージョンがあるオーバーレイ モデルを選択します。
  2. [オーバーレイ モデル] タブの下部で 、[バージョン] をクリックします。
  3. [バージョン] セクションで、モデル バージョンの横にある をクリックして、モデルの 2 つのバージョンを表示します。

    一度に比較できるオーバーレイ モデルは、2 つのバージョンのみである点に注意してください。3 番目のモデル バージョンが表示されるように設定した場合、最も古い表示バージョンが自動的に非表示になり、2 つの表示バージョン間の相違点が表示されます。

変更内容に従って、モデル オブジェクトが色分けされます。オブジェクトの最新バージョンは緑色で表示され、以前のバージョンは赤色で表示されます。両方のバージョンでオブジェクトが同じである場合、レンダリング オプションに応じてオブジェクトが黄色またはオレンジで表示されます。

[表示] タブでレンダリング オプションを切り替えると、変更や重なったオブジェクトが見やすくなります。2 つの異なるレンダリング オプションを使用した同じ構造を以下に示します。

[コンポーネント ワイヤーフレーム] オプションを使用:

[コンポーネント ソリッド] オプションを使用:

Was this helpful?
前へ
次へ