レイアウト マネージャ

Tekla Structures
2021
Tekla Structures

レイアウト マネージャ

Tekla Structures とフィールド レイアウト デバイス (Trimble® LM80 など) 間でレイアウト データをインポートおよびエクスポートするには、レイアウトマネージャを使用します。レイアウトマネージャ により、施工現場で正確なモデル データを使用できるようになります。

レイアウト データをインポートおよびエクスポートする場合、まずレイアウトマネージャでグループをセットアップした後、レイアウト ポイントとレイアウト ラインをモデリングした後、グループにまとめることをお勧めします。これらのポイントとラインは、施工現場のレイアウト デバイスで部材を正確に配置するために使用されます。

レイアウト データを定義および整理したら、レイアウトマネージャからフィールド レイアウト デバイスに 3 つのエクスポート形式でデータをエクスポートできます。3 つの形式とは、点ファイル (.txt)、ジョブ ファイル (.cnx)、およびフィールド リンク ファイル (.tfl) です。

フィールド レイアウト デバイスを使用して、現場でエクスポートされたレイアウト ポイント (設計ポイント) の位置をチェックおよび測定できます。レイアウト デバイスにより、部材の境界に沿ったポイントを正しい位置に配置できるので、現場で部材を正確に配置できます。部材の境界を正確に配置するには、現場で部材の施工完了時の位置を測定し、部材の境界に沿った測定されたポイントを作成します。

施工完了時の位置を測定し、測定されたポイントを作成したら、ポイントを Tekla Structures にインポートできます。まず、レイアウトマネージャでポイントをプレビューできます。最後に、測定されたポイントをモデル内で表示できます。

Trimble® LM80 などのハンドヘルド モバイル デバイスを使用して直接インポートおよびエクスポートするには、コンピュータを装置に接続する必要があります。コンピュータがモバイル デバイスと通信できるようにするためのソフトウェアがコンピュータにインストールされている必要があります。コンピュータを Trimble レイアウト デバイスに接続する方法については、Trimble のウェブサイトを参照してください。

Was this helpful?
Previous
Next