BVBS

Tekla Structures
2021
Tekla Structures

BVBS

鉄筋の形状を BVBS (Bundesvereinigung Bausoftware) 形式にエクスポートできます。その結果、ファイル名拡張子 .abs が付いた ASCII 形式のテキスト ファイルになります。

サポートされている BVBS 形式のバージョンは、2.0 year 2000 です。

曲げ鉄筋、鉄筋グループ、溶接金網をエクスポートできます。これらは、四角形、ポリゴン、曲げなし、または曲げなしのいずれかであり、カットが含まれている可能性があります。また、フックのエクスポートもサポートされています。

半径の可変値を複数を持つ曲げが設定された鉄筋は、BVBS 仕様に完全に準拠してエクスポートされるため、半径要素と脚部要素を別個に書き込むことができます。これにより、ご使用の環境や BVBS ファイルを使用する他のツールで互換性の問題が生じた場合でも、.ini ファイル (user.ini など) で詳細設定 XS_BVBS_EXPORT_ARC_COMPATIBLE_TO_OLDER_METHODTRUE に設定することで、以前のエクスポート方法に戻すことができます。

BVBS 形式へのエクスポート

  1. ナンバリングが最新の状態であることを確認します。
  2. エクスポートするキャスト ユニットおよび鉄筋のプロパティに移動して、必要に応じて [BVBS] タブでユーザー定義情報を編集します。ユーザー定義情報は環境固有です。
  3. 使用する鉄筋の内容とキャスト ユニットを選択するか、鉄筋を選択します。
  4. [ファイル] メニューで、エクスポート > BVBS をクリックします。

    [BVBSエクスポート] ダイアログ ボックスが表示されます。

  5. BVBS エクスポート設定を定義します。
    1. [パラメーター] タブ:
      • エクスポートする鉄筋の選択

      • BVBS ファイルをエクスポートする方法と場所を定義し、ファイル名にリビジョンを含める
      • エクスポートする BVBS 要素を選択する
      • 梁のクラス番号を定義する

      保存された選択フィルターを使用して、選択したフィルターに一致する鉄筋または溶接金網を除外できます。

    2. [データ内容] タブ:
      • 図面データをエクスポートする方法を定義する

      • 鉄筋位置のソースを指定する

      • プロジェクト番号を指定する

      • 機密データ ブロックをエクスポートするかどうかを選択し、この追加ブロックのデータ項目を選択する

    3. [詳細設定] タブ:
      • 2D 曲げ鉄筋の鉄筋の長さを丸める

      • 円弧の長さの計算に使用する曲げ半径を定義する

      • 鉄筋から金網を作成し、グループ化のために UDA 名を指定する

      • エクスポートに溶接金網の詳細データを含める

      • テーパー鉄筋グループを複数の個別の鉄筋アイテムとしてエクスポートする

      • 出力ファイルでアイテムの順序を定義する

      • 鉄筋カプラー データのエクスポートの定義

      • シングル鉄筋または鉄筋グループを、合計鉄筋数に対するその位置番号に基づいて結合するか、個々の鉄筋または鉄筋グループを個別に処理するかを指定します。

      BVBS エクスポートでは、次の 2 つの場合に円弧形状が使用されます。

      • スパイラルやフープなどの円形鉄筋の場合。

      • 曲げ鉄筋に複数の曲げ半径がある場合、半径が大きい方の曲げが円弧断面としてエクスポートされます。

    4. [確認] タブで、鉄筋の追加チェックを実行するかどうかを選択します。
    5. [UDA] タブでは、使用するユーザー定義情報フィールド、および鉄筋、部材、キャスト ユニット、現場打ちコンクリート オブジェクトの UDA に書き込む内容を指定します。
  6. [エクスポート] をクリックします。
[出力ファイル] 領域で指定されたフォルダーに、.abs 形式の BVBS ファイルがエクスポートされます。エクスポート レポートを確認するには、ダイアログ ボックスの下部に表示されたレポート リンクをクリックします。

BVBS エクスポート設定

BVBS エクスポート設定の制御には、[BVBSエクスポート] ダイアログ ボックスを使用します。

[パラメーター] タブ

オプション

説明

エクスポートするモデルオブジェクト

エクスポートする鉄筋または溶接金網を選択します。

  • モデル内の全キャストユニットの鉄筋:モデル内のすべてのキャスト ユニットの鉄筋または溶接金網をエクスポートします。鉄筋も溶接金網も含まれていないキャスト ユニットがある場合、空のファイルは作成されません。

  • 選択したキャストユニットの鉄筋:モデル内で選択したキャスト ユニットの鉄筋または溶接金網をエクスポートします。

  • 選択した鉄筋のみ:モデルまたは図面内で選択した鉄筋または溶接金網をエクスポートします。このオプションを選択した場合、エクスポート先のファイルは 1 つに限られます。

  • 選択したキャストユニットの鉄筋(すべての位置の合計):選択されているキャスト ユニット位置とキャスト ユニット位置が同じであるすべてのキャスト ユニットの鉄筋または溶接金網をエクスポートします。

    たとえば、キャスト ユニット位置が W-120 のキャスト ユニットが選択されている場合、位置が W-120 のキャスト ユニットがすべて選択されているわけではなくても、該当するすべてのキャスト ユニットの鉄筋または溶接金網がエクスポートされます。

  • 選択した現場打ちコンクリートの鉄筋: 選択した現場打ちコンクリートの鉄筋セットをエクスポートします。現場打ちコンクリート ビューで現場打ちコンクリートを選択します。[現場打ちコンクリートユニットを計算] コマンドを使用して、鉄筋を現場打ちコンクリートに含めたことを確認し ます。

フィルターで鉄筋を除外

選択フィルターを選択して鉄筋または溶接金網を除外します。フィルターに一致する鉄筋または溶接金網が除外されます。

出力ファイル - 単一ファイル

すべての BVBS 情報を 1 つの .abs ファイルにエクスポートします。ボックスにファイル名を入力するか、[...] ボタンをクリックしてファイルをブラウズします。パスを指定しなければ、モデル フォルダーにファイルが保存されます。

出力ファイル - キャストユニットごとに1ファイル

各キャスト ユニットの鉄筋の内容を独自のファイルにエクスポートします。

各ファイルは、[フォルダ名] ボックスで指定したフォルダーに作成されます。[...] ボタンを使用して、フォルダーをブラウズすることもできます。

[ファイル名テンプレート] リストを使用して、作成されたファイルに自動的に名前を付ける方法を選択します。ファイル名には、複数の製品テンプレート プロパティを使用できます。テンプレート プロパティをボックスに入力し、スペースで区切ります。エクスポートされたファイル名では、組み合わせはアンダースコアで区切られます。

ファイル名にリビジョンを追加

ファイル名にリビジョンを追加する場合に選択します。

次のいずれかのオプションを選択して、出力ファイル名に含めます。

  • リビジョンマーク: REVISION.MARK (デフォルト値)

  • リビジョン番号: REVISION.NUMBER

  • Rev<リビジョン マーク>: [リビジョン マーク] と同じだが先頭にテキスト Rev が付く

  • Rev<リビジョン番号>: [リビジョン番号] と同じだが先頭にテキスト Rev が付く

エクスポートするBVBS要素

エクスポートするアイテム タイプを選択します。次のオプションがあります。
  • 2D鉄筋(BF2D)

  • 3D鉄筋(BF3D)

  • 螺旋形状の鉄筋コイル(BFWE)

  • 溶接金網(BFMA)

  • 格子梁(BFGT)

    [格子梁(BFGT)] を選択した場合、[梁のクラス番号] ボックスにモデルで使用されている格子梁のクラス番号を入力します。格子梁には、2 つまたは 3 つの弦材と、1 つまたは 2 つの Z 字型斜め鉄筋を含めることができます。格子梁の長さとその他の属性は主弦 (通常上弦プロファイル) から取得されます。

梁のクラス番号

格子梁を認識するためのクラス属性を入力します。梁内のすべての鉄筋のクラスは同じにする必要があります。

[データ内容] タブ

オプション 説明

図面名のソース

BVBS ファイルでは、各行/鉄筋に Drawing number of the respective drawing (図面名) と Index of the respective drawing (図面リビジョン) のデータ フィールドがあります。[図面名のソース] オプションで、これらのデータ フィールドの値の設定方法を制御できます。

キャストユニットマーク

図面名

図面マーク

図面タイトル1

図面タイトル2

図面タイトル3

固定テキスト:これを選択した場合、[ユーザー定義図面名] にテキストを入力します。

鉄筋 UDA

鉄筋テンプレート

製品テンプレート

[固定テキスト] オプションを選択することで、ダイアログ ボックスに値を入力でき、エクスポートされるすべての鉄筋に同じ ("fixed") 値が書き込まれます。

他のオプションが選択されている場合、図面名、図面リビジョンは鉄筋のキャスト ユニットまたはキャスト ユニット図から取得されます。

このデータの重要性と目的は、BVBS ファイルの受信側のシステムによって変わります。Tekla Structures においては、このデータ フィールドの使用は必須ではありません。

ユーザー定義図面名

エクスポートで図面に使用するテキスト文字列を入力します。

このオプションは、[図面名のソース] で [固定テキスト] オプションを選択した場合にのみ使用できます。

リビジョン

図面リビジョン (インデックス)。

このオプションは、[図面名のソース] で [固定テキスト] オプションを選択した場合にのみ使用できます。

位置ソース

位置のソースを定義します。オプションは [鉄筋位置]、[鉄筋 UDA]、[鉄筋テンプレート]、および [固定テキスト] です。

ユーザー定義鉄筋位置

鉄筋ユーザー定義情報の位置番号を定義します。エクスポートされるアイテムの位置番号が同じでユーザー定義情報の位置番号が異なる場合、異なる行にエクスポートされます。
プロジェクト番号

プロジェクト番号を定義します。次のオプションがあります。

プロジェクトプロパティ:エクスポートは、Tekla Structures で設定されたプロジェクト プロパティからプロジェクト番号情報を取得します。

プロジェクトプロパティユーザー定義情報:エクスポートでは、[ユーザー定義プロジェクト番号] ボックスに入力されたユーザー定義情報名が使用されます。

固定テキスト:エクスポートでは、[ユーザー定義プロジェクト番号] ボックスに入力されたテキストが使用されます。

ユーザー定義プロジェクト番号

プロジェクト番号として使用する UDA プロジェクト番号またはテキスト文字列を定義します。

プライベートデータブロック

[プライベートデータブロック] では、機密データブロックをエクスポートするかどうかを制御したり ([プライベートデータブロックのエクスポート])、この追加ブロックのデータ項目を選択したりできます。次のデータ タイプを使用できます。

- 鉄筋レポート プロパティ (整数、浮動小数点、テキスト)

- ユーザー定義情報 (整数、浮動小数点、テキスト)

- Open API オブジェクト プロパティ

- 製品レポート プロパティ (整数、浮動小数点、またはテキスト)

[新規...] ボタンをクリックして、事前定義された新しいプライベート データ フィールドをリストに追加します。データ項目に関する情報を入力します。

  • リスト内の名前

    [プライベートデータブロック] リストに表示されるテキスト。

  • FixedID(小文字1文字)

    プライベート データ ブロックの個々のデータ フィールドを区別するフィールド コード。これは小文字でもかまいません。通常は、データ項目ごとに異なる値を使用することが推奨されますが、これは必須ではありません。受信側のシステムは、特定のデータ フィールドだけを読み取ることができる場合もあります。

  • プロパティ名またはUDA名

    この値により、鉄筋オブジェクトから照会するデータが指定されます。既存のプロパティ以外のプロパティはエクスポートされません。

  • プロパティのデータタイプ

    この値は、実際に選択したプロパティと一致する必要があります。次のオプションがあります。

    • 鉄筋レポート プロパティ整数/鉄筋レポート プロパティ浮動小数点/鉄筋レポート プロパティテキスト

    • ユーザー定義情報 - 整数/ユーザー定義情報 - 浮動小数点/ユーザー定義情報 - テキスト

    • Open APIオブジェクトプロパティ

    • 製品レポート プロパティ整数/製品レポート プロパティ浮動小数点/製品レポート プロパティ テキスト

データ フィールドを編集、削除したり、順序を変更したりすることもできます。

[詳細設定] タブ

オプション

説明

切り上げガセット

長さの丸め先

脚の長さの丸め先

2D 曲げ鉄筋の鉄筋の長さを丸めます。溶接金網と 3D 鉄筋には影響しません。

長さを丸めるには、まず [切り上げガセット] 設定のオプションを選択します。次のオプションがあります。

はい(Y) - 最も近い丸め値を使用します。

- 長さを切り上げます。

- 長さを切り下げます。

[切り上げガセット] オプションの [] と [] では、長さの差が小さい (0.2 mm 以下) 場合は丸めを実行する前に予備許容値が適用されます。これにより、値が正確な増分に非常に近い場合、不必要に丸められることがなくなります。

長さの丸め先: HEADER ブロックの対応する BVBS フィールドで、鉄筋の全体の長さが丸められます。使用できる値は、1 (デフォルト)、5、10、25 です。

脚の長さの丸め先: 形状ブロックの脚の長さが丸められます。使用できる値は、1 (デフォルト)、5、10 です。

折れ脚の円弧半径

この設定では、円弧の長さの計算に使用する曲げ半径を定義します。つまり、ほとんどのインターフェイスのデフォルトである鉄筋中心線 (中心線)、または鉄筋の内縁端 (内縁端) への曲げ半径です。[内縁端] を選択すると、曲げ半径は鉄筋の公称直径の半分で短縮されます。

BVBS エクスポートでは、次の 2 つの場合に円弧形状が使用されます。

  • スパイラルやフープなどの円形鉄筋の場合。

  • 曲げ鉄筋に複数の曲げ半径がある場合、半径が大きい方の曲げが円弧断面としてエクスポートされます。

鉄筋の金網を作成してみてください

エクスポートでシングル鉄筋または鉄筋グループの溶接金網を自動的に形成し、個別の 2D 鉄筋ではなく、1 つの溶接金網としてエクスポートするかどうかを選択します。次のオプションがあります。

はい、鉄筋をクラスでグループ化します

はい、鉄筋を名前でグループ化します

はい、鉄筋を材質でグループ化します

はい、鉄筋をUDAでグループ化します

溶接金網を形成するには、各鉄筋が同じ部材に属しており、直線で同じ平面にあり、フィルター属性値が同じである必要があります。

グループ化のUDA名

[鉄筋の金網を作成してみてください] の値 [はい、鉄筋をUDAでグループ化します] を選択した場合、グループ化するユーザー定義情報名を入力します。

溶接金網データのエクスポート(@X..@Y..)

この設定を使用して、エクスポートする溶接金網データに溶接金網の詳細データを含めるかどうかを制御します。該当するオプションは、受信側のシステムのニーズと機能によって異なります。このデータは、溶接金網の製作などに使用する場合に必要となります。

  • カスタマイズされた金網とカットされたカタログ金網のみ:カスタマイズされた金網と、追加のカット、開口、または斜めのエッジがあるカタログ金網にのみ鉄筋の詳細データが含められます。

  • すべての金網:すべての金網に鉄筋の詳細データが書き込まれます。

  • 金網なし:いずれの金網にも鉄筋の詳細データは書き込まれません。

段付鉄筋を個別のアイテムとしてエクスポート

デフォルトでは、段付のグループは特定のデータ ブロックで定義される段の長さと合わせて、1 つの文字列としてエクスポートされます。

[溶接金網データのエクスポート(@X..@Y..)] で値 [はい] を選択すると、テーパー鉄筋グループが等間隔になっており、1 つの段付き鉄筋アイテムとしてエクスポートできる場合でも、すべてのテーパー鉄筋グループが複数の個別の鉄筋アイテムとしてエクスポートされます。

グループ内のすべてのテーパー鉄筋の形状と長さが同じ場合、この設定に関係なく、通常のグループと同様に 1 つの BVBS 文字列内でエクスポートされます。

並び替えアイテム

この設定を使用して、出力ファイル内のアイテムの順序を指定します。次のオプションがあります。

並び替えなし

直径、小さい順

直径、大きい順

マーク

カプラー

カプラーおよびねじ切りデータをエクスポートできます。

カプラーまたはねじ切りデータをエクスポートするには、[鉄筋カプラー データのエクスポート] を [はい] に設定します。

鉄筋始端部と鉄筋端部の接続方法、製品/サプライヤー、および製品コードのユーザー定義情報を個別に入力します (METHOD_START、PRODUCT_START、CODE_START と METHOD_END、PRODUCT_END、CODE_END など)。

ユーザー定義情報は作成ツールによって異なるため、例とは異なる場合がある点に注意してください。方法を表すユーザー定義情報は整数型である必要があり、製品とコードを表すユーザー定義情報は文字列型である必要があります。

シングル鉄筋と鉄筋グループ

次のいずれかのオプションを選択します。

  • はい(Y):シングル鉄筋または鉄筋グループは、合計鉄筋数に対するその位置番号に基づいて結合されます。これはデフォルトのオプションです。

  • いいえ:個々の鉄筋または鉄筋グループが個別に処理され、エクスポートされます。これにより、BVBS ファイルが大きくなりますが、個々の鉄筋と鉄筋グループを独自の GUID で識別して処理できます。BVBS ファイルには、モデル オブジェクトまたは IFC でエクスポートされた鉄筋が反映されます。

[確認] タブ

オプション

説明

鉄筋のチェック

以下の追加チェックを実行するかどうかを選択します。

鉄筋径 (スペース区切り)

鉄筋の [カット部材の最小長]

鉄筋の [カット部材の最大長]

曲げ間の直線区間の [脚の最小長さ]

個々の鉄筋の [最大重量]

[鉄筋のチェック] チェックボックスをオンにすると、エクスポートされた鉄筋の値が最小値より小さい、または最大値よりも大きい場合、エクスポート ログ ファイルに警告が書き込まれます。

ログ ファイル エントリには、鉄筋の ID が含まれます。ログ ファイル内の該当する行を選択することで、モデル内で鉄筋を特定できます。警告が書き込まれても、鉄筋は引き続き通常どおりにエクスポートされます。

チェックが有効の場合、格子梁の長さもチェックされることに注意してください。チェックが失敗するとログに警告が追加されます。エクスポートする格子梁の長さは主弦の長さによって定義されます。

[UDA] タブ

このタブでは、使用するユーザー定義情報フィールド (UDA)、および鉄筋、部材、キャスト ユニット、現場打ちコンクリート オブジェクトの UDA に書き込む内容 (UDA 内容) を指定できます。リリース コード、リリース ステータス、リリース日、およびリリース期限の情報に基づいて、ユーザー定義情報に注記を付けることができます。[既存の UDA の確認] の設定を使用して、既存のユーザー定義情報を確認および処理するかどうかも選択できます。オプションは、[いいえ]、[エクスポートを許可しない]、[ログにレポート]、[ログにレポートして上書き]、および [上書きのみ] です。

BVBS エクスポート ファイル説明 (.abs)

BVBS エクスポート ファイル .abs の内容を以下に示します。このサンプル データ構造は、直線である 2D 鉄筋、または最大で 1 つの平面上にある曲がった 2D 鉄筋を表しています。セクション H はヘッダー セクション (ID および一般情報) であり、セクション G は形状セクション (製品形状) です。

(1) BVBS 要素 (製品タイプ)

(2) プロジェクト番号

(3) 図面番号 (この例では、キャスト ユニット位置番号)

(4) 図面のリビジョン番号 (この例では使用されません)

(5) 鉄筋位置番号

(6) シングル鉄筋の長さ

(7) 製品数量

(8) シングル鉄筋の重量

(9) 鉄筋径

(10) 材質グレード

(11) 曲げ径 (直線の鉄筋)

(12) 鉄筋レイヤー (BVBS エクスポートは使用しません)

(13) エクスポート設定でグループ化テーパーが有効になっている場合のテーパー鉄筋シリーズのステップのテーパー (この例ではテーパーなし)

(14) 脚の長さ (この例では 1 脚のみ)

(15) 脚の後の曲げ角度

(16) 正しいデータ転送のチェックサム

BVBSエクスポートでの鉄筋の長さの計算

鉄筋の長さは、BVBSの仕様に従って計算されます。また、長さは曲げ角度によって異なります。長さL1とL2がエクスポートされます。

詳細設定XS_​USE_​USER_​DEFINED_​REBAR_​LENGTH_​AND_​WEIGHTTRUEに設定すると、鉄筋の全体の長さとしてユーザー定義の長さの値がエクスポートされます。

BVBS形式の仕様では、データに実際の形状データが含まれている場合に鉄筋の全体の長さが無視されることが定義されています。他の一部のソフトウェアアプリケーションでは、数量の計算にBVBSファイル内の全体の長さの値が使用される場合があります。Tekla Structuresでエクスポートされる全体の長さは、レポートに示される長さと同じです。

Was this helpful?
Previous
Next