参照モデルでの UDA の追加

Tekla Structures
2021
Tekla Structures

参照モデルでの UDA の追加

参照モデルでユーザー定義情報を使用する場合、環境に参照モデル UDA が含まれていなければ、object.inp ファイルに UDA を追加する必要があります。

objects.inp ファイルの内容の詳細については、「objects.inp ファイルのプロパティ」を参照してください。

objects.inp ファイル内の内容の追加の詳細については、「ユーザー定義情報 (UDA) の定義と更新」を参照してください。UDA を objects.inp ファイルに追加する方法の例については、「例: ユーザー定義情報 (UDA) の作成と更新」を参照してください。

環境フォルダーにある元の objects.inp ファイルは編集しないでください。新しいユーザー定義情報を定義するには、モデル フォルダー、プロジェクト フォルダー、または企業フォルダーに独自の objects.inp ファイルを作成します。

以下は、サイド パネルのイメージに表示される UDA を作成するために objects.inp ファイルに追加する必要があるテキストの例です。

/***************************************************************************/
/* Reference attributes */
/***************************************************************************/
reference(0,"j_Reference_model")
 {
 tab_page("","jd_Parameters",10)
 {
   attribute("VENDOR", "Ref. Model Vendor", string, "%s", no, none, "0.0", "0.0")
   {
     value("", 0)
   }
   attribute("DISCIPLINE", "Discipline", string, "%s", no, none, "0.0", "0.0")
   {
     value("", 0)
   }
   attribute("PERCENT_COMPLETE", "% Complete", integer, "%s", no, none, "0.0", "0.0")
   {
     value("", 0)
   }
   unique_attribute("USER_PHASE", "User Phase", string, "%s", yes, none, "0.0", "0.0")
   {
     value("", 0)
   }
}
modify(1)
}
Was this helpful?
Previous
Next