Tekla Structuresとアプリケーションおよびデスクトップの仮想化との併用

Tekla Structures
2021
Tekla Structures

Tekla Structuresとアプリケーションおよびデスクトップの仮想化との併用

Tekla StructuresをCitrixアプリケーションおよびデスクトップ仮想化とともに使用することは、Tekla Structuresをローカルにインストールしてプロジェクトデータをユーザーのコンピュータにコピーすることなく、ユーザーをTekla Structuresプロジェクトに簡単に追加できる柔軟かつ安全な方法です。Citrixアプリケーションおよびデスクトップ仮想化製品は、Citrix Systems, Inc.の製品です。

以下の図に、Tekla Structuresの仮想化の主要概念を示します。

サーバーからアプリケーションをストリーミングすれば、ハードウェアやソフトウェアの設定が異なるクライアント コンピューター、タブレット、スマートフォンでも Tekla Structures を使用できます。Tekla Structures はリモート サーバーの Windows 上で実行されます。仮想化ソリューションを利用することで、クライアント デバイスを使用した表示、ユーザー入力が可能になります。

ユーザーは、安全性の高い接続方法でオンプレミスやクラウド上のデータ センターに接続します。すべてがサーバーのみに保存されるため、プロジェクト データは保護されます。一元化された Tekla Structures を使用するため、プロジェクトに参加しているすべてのユーザーが同じ環境のプロジェクト設定を使用することになります。

仮想環境で Tekla Structures を使用する際の前提条件

Citrix 仮想化は、物理サーバーまたは仮想サーバー上に設定されます。推奨ハードウェアは、「Citrix での Tekla Structures 実行時のハードウェア推奨事項」および「Tekla Structures 2021 ハードウェア推奨事項」に記載されています。

XenApp と XenDesktop をインストールして設定する方法の詳細については、Citrix のマニュアルを参照してください。

以下の図に、Tekla Structures の仮想化の主要コンポーネントを示します。

  1. シン クライアント アプリケーション: ユーザーは、Citrix XenApp クライアントを経由する Citrix Receiver か、サポート対象のオペレーティング システムとハードウェアに搭載された Citrix XenDesktop デスクトップ ビューワーにより、Tekla Structures にアクセスできます。複数のクライアントが同時に 1 つの仮想マシン インスタンスを共有する場合があります。

    適切なインターネット接続が必要です。推奨ネットワーク帯域幅は 1 Mbps 以上です。

  2. 仮想マシン上で実行している各 TeklaStructures.exe について有効なライセンスが必要です。

    ローカル、企業、またはクラウド Tekla ライセンス サーバーを使用できます。ライセンス サーバーは、データ センターの内外にホストできます。

  3. ネットワーク接続ストレージ (NAS) からプロジェクト ファイルを読み込み/書き出します。高速ディスク アクセスが必要です。仮想サーバーのローカル ディスクをモデル フォルダーの保存に使用しないでください。

    クライアントのローカル ファイル システムからファイルにアクセスするには、サーバーにファイルをアップロードする必要がありますが、速度が非常に遅い場合があるため、できれば避けることをお勧めします。環境を含むプロジェクト データは、データ センター内の別の (サーバー) コンピューターまたは社内ネットワーク内のファイル システムに保存する必要があります。

Tekla Structures を Citrix アプリケーションならびにデスクトップ仮想化と併用する場合の主要コンポーネントは次のとおりです。

  • 複数のユーザーが同時に利用できるハイエンド Windows サーバー (サーバーは通常、会社の IT 部門がセット アップします)
  • 仮想サーバーからプロジェクト ファイルに高速にアクセスできるファイル サーバー
  • サーバーまたはサーバーで実行されている仮想マシンにインストール済みの Tekla Structures
  • 仮想ホストから Tekla ライセンス サーバーへの信頼性の高い接続 (各 Tekla Structures ユーザーには有効な Tekla Structures ライセンスが要求されます)
  • Citrix Studio を使用してサーバーに定義されるデリバリー グループ (ユーザー グループ) およびアクセス権
    • デリバリー グループは仮想化環境の管理者が設定します。
    • デリバリー グループへのアクセス権は、管理者がサーバーで定義する必要があります。
  • クライアント コンピューターにインストール済みの Citrix Receiver (Citrix Receiver は通常、インターネット ブラウザーを使用して提供され、エンドユーザーがインストールします)

Tekla Structuresの仮想環境の設定

サーバーをセットアップし、デリバリーグループを定義して、サーバー上にTekla Structuresソフトウェアと環境をインストールする必要があります。Tekla Structuresユーザーは、自分のコンピュータにCitrix Receiverをインストールする必要があります。

  1. サーバーをセットアップします。

    サーバーには、高速グラフィック カードと高速プロセッサを搭載したハイエンド コンピューターを使用し、作業するプロジェクトのディテールのサイズやレベルに応じて、各ユーザーに十分なメイン メモリーを用意する必要があります。詳細については、「Citrix での Tekla Structures 実行時のハードウェア推奨事項」を参照してください。

    XenApp と XenDesktop をインストールして設定する方法の詳細については、Citrix のマニュアルを参照してください。

  2. Tekla Structures ソフトウェアと必要な環境をサーバーにインストールします。
    注:

    仮想マシンのローカルディスクにモデルを保存すると、アクセスの際に問題が発生することがあります。モデル専用のファイルサーバーを使用し、Tekla Structuresのインストールの際にモデルフォルダの正しいネットワークの場所を必ず選択してください。

    Tekla Structures環境設定は、同じ仮想マシンを使用するすべてのユーザーで共通です。ただし、通常のデスクトップインストールと同様に、さまざまな仮想マシン上の環境が同じであることを確認する必要があります。

    標準のTekla Structures環境を使用し、会社またはプロジェクト固有の設定で修正することを強くお勧めします。

  3. Citrix Receiver を Tekla Structures のクライアント コンピューターにインストールします。

    Citrix Receiver Webユーザーインターフェイスを使用することをお勧めします。

    1. WebブラウザーでCitrix Receiver Webユーザーインターフェイスを開きます。

      会社の管理者から提供されるhttpsアドレスを使用します。

    2. インストールウィザードの手順に従って、Citrix Receiverクライアントソフトウェアをインストールします。
      アカウントを作成したり、インストールウィザードにログインしたりせずにインストールを終了して、Webユーザーインターフェイスに戻ります。
    3. インストール後に、Citrix Receiver Webユーザーインターフェイスに戻り、会社の管理者から提供される資格情報を使用してログインします。
    4. 使用する仮想デスクトップを選択します。
      仮想デスクトップが自動的に起動しない場合は、ダウンロードしたCitrix (.ica)ファイルを実行します。

    これで、自分のコンピュータにインストールされている場合と同様に、仮想デスクトップでTekla Structuresを使用できるようになりました。

    • 仮想デスクトップを初めて使用するときに、ファイルアクセスダイアログボックスでローカルファイルへの読み込みおよび書き出しアクセスを許可することができます。
    • Tekla Structuresでコンピューターのローカルファイルを直接参照しないことをお勧めします。Tekla Structuresでローカルファイルにアクセスする必要がある場合は、まず共有ネットワークの場所にコピーしてください。
    • モデルフォルダはクライアントコンピュータにコピーされない点に注意してください。

    Citrix Receiverクライアントは頻繁に更新されます。Webユーザーインターフェイスで最新のクライアントをインストールするよう求められた場合は、必ずそうしてください。

Was this helpful?
Previous
Next