Tekla Structures の起動

Tekla Structures
2021
Tekla Structures

Tekla Structures の起動

Tekla Structures を使用すると、さまざまな構造および材質について多くの情報を持った 3D モデルを作成できます。3D モデルは、図面や、レポートや NC データ ファイルなどその他の出力の単一の情報源でもあります。

Tekla Structures を起動すると、Tekla Structures 設定を選択するように求められます。設定には、環境、設定、およびライセンスが含まれます。

  • 環境とは、地域別の設定および情報を意味します。たとえば、特定の地域で提供可能であり使用されるプロファイル、材質の等級、デフォルト値、図面設定、コンポーネント設定、レポート、およびテンプレートを定義します。
  • 設定とは、環境内のファイルおよび設定へのアクセスを制限するユーザー グループ プロファイルのことです。ユーザー インターフェイスはそれぞれの設定用にカスタマイズされ、特定の設定に関連しないものは非表示になるため、ユーザー インターフェイスが明確で使いやすくなります。
  • ライセンスは、ライセンス契約に基づいてユーザーに許可される一連の機能から成っています。

社内の管理者であれば、「環境、設定、およびライセンスの概要」を参照してください。

Tekla Structures 設定の選択

  1. Tekla Structures を起動するには、Windows の [スタート] メニューから選択するか、デスクトップ アイコンをダブルクリックします。
  2. メッセージが表示されたら、Trimble Identity を使用してサインインします。

    Tekla Structures のセットアップとライセンスのタイプを選択するダイアログ ボックスが表示されます。既定のオンライン ライセンス オプションを選択して続行します。

    ただし、オンプレミス ライセンスがある場合は、ライセンスサーバーの変更 > オンプレミスライセンスサーバーを使用 をクリックし ます。

  3. プロジェクトを実行する地域に適した環境を選択します。

    リストから必要な環境を見つけることができない場合は、「インストールおよびライセンスTekla Structures」を参照してください。

    空のプロジェクトを選択して、環境をカスタマイズする土台として使用することもできます。

  4. 設定を選択します。

    使用可能な設定は、環境によって異なりますが、通常は次の設定を使用できます。

    • コンクリート建設会社

    • 構造設計者

    • 総合建設会社

    • プレキャスト コンクリート詳細設計者

    • コンクリートのプロダクション プランナー

    • 鉄筋詳細設計者

    • 鉄骨詳細設計者

  5. ライセンスを選択します。

    お客様が使用されているライセンスには、Tekla Structures 製品ガイドで説明されている機能の一部が含まれない場合があります。各ライセンスで使用できる機能の詳細については、Tekla Structures の構成 を参照してください。

  6. [OK] をクリックします。

    Tekla Structures の起動画面が表示されます。

  7. 実行する操作を選択します。
    • [最近] タブでは、最近使用したモデルを開くことができます。

      If the [最近] タブが空白の場合は、[すべてのモデル] タブが表示されます。

    • [すべてのモデル] タブでは、既存のモデルを開くことができます。

      If the [すべてのモデル] タブが空白の場合は、[新規] タブが表示されます。

      [最近] タブおよび [すべてのモデル] タブでは、それぞれ列を並べ替えることができます。また、ドラッグすることで、列の順序を変更したり、サイズを変更したりできます。

      モデルの名前を入力していくとモデルの名前を検索できます。たとえば、「N」と入力すると、Tekla Structures によって「N」の文字で始まる最初のモデルが選択されます。

      選択したモデルを開くには、選択したモデルをダブルクリックするか、そのモデルを選択して [開く] をクリックします。

独自の環境の作成: 空のプロジェクト

空のプロジェクトとは、パラメトリック プロファイル、未定義のボルト、材質、鉄筋の等級、および基本的な図面レイアウトなどの汎用的な内容のみが含まれた Tekla Structures 環境です。この環境を使用して、地域、企業、またはプロジェクト固有の設定、ツール、および情報を収集することができます。Tekla Structures では必ず、空のプロジェクトがインストールされます。

内容のダウンロードおよび空のプロジェクトへのインストール

Tekla Warehouseを使用して、内容をダウンロードして空のプロジェクトにインストールできます。たとえば、Tekla Warehouse から、プロファイル、材質の等級、ボルト、鉄筋、コンポーネント、アプリケーション、テンプレートなどをダウンロードおよびインストールできます。それらは、環境および製造元固有のさまざまなコレクションの中から、ニーズに合ったものを組み合わせてダウンロードおよびインストールすることができます。

プロジェクトの前および期間中に、Tekla Warehouse から内容をダウンロードおよびインストールできます。プロジェクトを開始する前の場合は、プロジェクト フォルダーおよび企業フォルダーに内容をインストールできます。プロジェクトの期間中の場合は、モデル フォルダーに内容をインストールできます。

Tekla Structures の設定の確認または変更

モデルを閉じることなく、いつでも現在の Tekla Structures セットアップ (環境、設定、およびライセンス) を確認できます。

  1. [ファイル] メニューで、[設定] をクリックし、[ライセンス] 領域までスクロールします。

    現在の設定が表示されます。

  2. 必要に応じて、設定を変更します。

    変更後に Tekla Structures を再起動する必要がある場合があります。

Tekla Structures 使用状況データ

Tekla Structures は、ソフトウェアの使用方法に関する使用状況データを収集します。この情報は、Tekla Structures の機能向上に役立ち、Tekla Structures の今後の発展に貢献する簡単な方法です。データは、統計的な分析のために他のユーザーのデータと結合されます。

Tekla Structures は、コマンドとツールの利用頻度とパターンに関するデータを収集します。Tekla Structures を利用するときに自動でデータが収集されます。ログ ファイルを表示して、収集されたデータを確認することができます。

  1. ログファイルを表示するには、ファイルメニューで、ログ > 使用状況データのログをクリックします。

    Tekla Structures ログ ビューワーで開くことができる他のログ ファイルとは異なり、UserFeedbackLog.txt ログ ファイルは常にデフォルトのテキスト エディターで開かれます。ビューアーを切り替えるオプションは、UserFeedbackLog.txt ファイルでは機能しません。

    UserFeedbackLog.txtログファイルは、teklastructures.ini ファイル内の XSUSERDATADIR で定義されたパスの下の Logs フォルダにあります。

  2. データ保存間隔またはデータ送信間隔を微調整するには、詳細設定 XS_​AUTOMATIC_​USER_​FEEDBACK_​SAVING_​INTERVAL および XS_​AUTOMATIC_​USER_​FEEDBACK_​SENDING_​INTERVAL を使用します。
Was this helpful?
前へ
次へ