オブジェクトのコピーおよび移動

Tekla Structures
2021
Tekla Structures

オブジェクトのコピーおよび移動

モデル内と図面内で、オブジェクトのコピーおよび移動の基本的な機能は同じです。 オブジェクトのコピーや移動を平行、回転、またはミラー等の操作から行うことができます。

オブジェクトのコピーと移動のヒント

オブジェクトをコピーすることで、モデリング作業が迅速になって効率が向上し、一貫性が向上します。

  • 慎重にコピーする

    オブジェクトは常に慎重にコピーし、確実に目的のオブジェクトをコピーしてください。

  • コピーを制御する

    まず、スナップを習得する際に、コピー操作をより細かく制御できるように [コピー] - [平行] - [ピック] の方法を使用することをお勧めします。

  • コピーしたオブジェクトを比較する

    コピーしたオブジェクト間の比較は、ナンバリングを実行する前に行う必要があります。 ナンバリングは最終チェックとして機能します。

  • コピーに適したコマンドを選択する

    • オブジェクトが目的の平面にコピーされるようにするには、コピー > 平行 コマンドを使用します。 [コピー - 平行] ダイアログ ボックスは、コピー距離が目的の方向と丸め値になっていることを確認するための明示的なチェックとして使用できます。

    • 類似するオブジェクト間でオブジェクト (鉄筋など) をコピーするには、コピー > 別のオブジェクトへ コマンドを使用します。 コピー元のオブジェクトとコピー先のオブジェクトのタイプが類似しており、形状が類似していることを必ず確認してください。 たとえば、ポリゴン スラブと四角形の柱には、さまざまなタイプの部材ハンドルがあり、正面の形状と位置は異なっています。

    • 作業平面で指定した線のまわりにオブジェクトをコピーするには、コピー > 回転 コマンドを使用します。 このコマンドを使用するときは、コピーを慎重に行い、必ず結果を確認します。 結果が予想どおりでない場合、一度に 1 つのコンポーネントをコピーするなど、小規模にコピーします。

    • オブジェクトを別のモデルにコピーするには、コピー > 別のモデルから コマンドを使用します。 コピーは、元のモデルのフェーズ番号に基づいて行われます。 コピーを正常に行うには、ソース モデルの特定のフェーズにオブジェクトを追加せずに、オブジェクトを正しく設定する必要があります。 それ以外の場合は、フェーズに含まれているすべてのオブジェクトがコピーされます。

      別のモデルからオブジェクトをコピーした場合、モデル オブジェクトのみがコピーされることに注意してください。 図面はコピーされません。

    • コピーのソース オブジェクトによって、オブジェクトの方向が決まります。

      [コピー] コマンドを使用してオブジェクトをコピーしても、ターゲット オブジェクトのオブジェクトの方向はソース オブジェクトの方向と同じに維持されます。

      オブジェクトを コピー > 別のオブジェクトへ コマンドによってコピーする場合 、オブジェクトの方向はソース オブジェクトの内部座標系その相対位置で定義されます。この方向は、ターゲット オブジェクトの内部座標系に変換されます。

      カスタム コンポーネントには、オブジェクトの向きに関する独自のロジックがあります。 特に、ターゲット オブジェクトのメイン形状がソース オブジェクトの形状と大幅に異なる場合は、コピーを使用するよりもモデル内にコンポーネントを追加する方が簡単な場合があります。

  • オブジェクトの複製

    コピーして移動した後、期待どおりに結果が生成され、誤ってモデル内に重複が生じていないことを確認します。

    プロパティおよび場所が同じ 2 つのオブジェクトが存在する場合は、重複と見なされます。オブジェクトをコピーおよび移動したとき、または既存のオブジェクトと同じ場所に新しいオブジェクトを作成したときには、Tekla Structuresによって重複して重なっているオブジェクトがないかチェックされます。 重複が見つかった場合は、重複オブジェクトをそのままにするか削除するかを選択できます。 重複を維持することにした場合、後で検出するのは難しくなります。

    詳細設定 XS_​DUPLICATE_​CHECK_​LIMIT_​FOR_​COPY_​AND_​MOVE を使用して、オブジェクトをコピーまたは移動したときに重複としてカウントするオブジェクトの最大数を定義できます。

    注:

    Tekla Structures では、この機能は、[オブジェクトの配列化 (29)] コンポーネントなど、モデリング ツールを使用してコピーされたオブジェクトには適用できません。

  • 製品およびキャスト ユニット

    Tekla Structures では、製品またはキャスト ユニットからオブジェクトをコピーまたは移動すると、可能であれば製品構造もコピーされます。 たとえば、サブアセンブリは、コピー先で親オブジェクトが見つかればサブアセンブリとしてコピーされます。

    コピーする適切な内容を選択するときは、まずモデル選択フィルターを使用し、次に製品、部材、またはコンポーネント選択スイッチを使用します。

    選択フィルターに従って製品またはキャスト ユニット内のすべてのオブジェクトを簡単に選択するには、Alt キーを押しながら製品またはキャスト ユニットのオブジェクトをクリックします。

  • 図面オブジェクト

    縮尺が異なる図面ビュー間で、オブジェクトをコピーおよび移動できます。

  • 鉄筋および仕上げ材

    鉄筋や仕上げ材をコピーまたは移動し、これらをコピー先または移動先の部材に適応させるには、次の条件を満たしている必要があります。

    • 鉄筋のハンドルまたは仕上げ材のハンドルが、部材の角にある。

    • コピー元または移動元の部材と、コピー先または移動先の部材の、断面の角の数が等しい。

    • 円形部材の断面寸法が等しい。

  • 効率的なコピーおよび移動

    [移動] や [コピー] のダイアログ ボックスを頻繁に使用する場合は、これらのダイアログ ボックスを開いたままにしておくことができます。

    [コピー - 平行]、[コピー - ミラー]、[コピー/回転]、または [移動 - 平行]、[移動/ミラー]、[移動/回転] コマンドを実行した後、そのコマンドを中断し、ダイアログ ボックスを開いたままにします。 コピーまたは移動を続行する場合は、ダイアログ ボックスをクリックしてオブジェクトのコピーまたは移動をアクティブにします。

Was this helpful?
前へ
次へ