ユーザー座標系 (UCS)

Tekla Structures
2021
Tekla Structures

ユーザー座標系 (UCS)

UCS はローカルのユーザー座標系を表し、図面ビューで使用できます。図面ビューでユーザー定義の原点 (基準点) を基準として図面オブジェクトを配置できると、ビューでオブジェクトを配置しやすくなります。

オブジェクトを作成、コピー、移動、または変更するときには、Tekla Structures の現在の図面ビューに UCS シンボルが表示されます。

UCS の原点は、図面ビューごとに個別に定義でき、しかも必要に応じて変更することができます。

以下の例は、個別の UCS が設定されている複数のビューを示しています。

注:

全体座標系を使用してオブジェクトを配置するには、図面ビューではなく、図面の原点からのオブジェクトの座標を計算する必要があります。

新しいUCSの設定

1点または2点を使用して新しいUCS (ユーザー座標系)を設定できます。

  1. 図面を開きます。
  2. [表示] タブで、[ユーザー座標系] をクリックし、次のいずれかのコマンドをクリックします。
    • 1 点を使用して新しい UCS を設定するには、[原点の指定] を選択します。

    • 2 点を使用して新しい UCS を設定するには、[原点を2点で指定] を選択します。

    Tekla Structuresに、中心点を十字で示すUCSシンボルが表示されます。

  3. 原点を配置するビューをクリックします。
  4. 2点を使用する場合は、点を選択してX軸の方向を定義します。

2つのユーザー座標系の切り替え

原点の同じ2つのユーザー座標系間、つまり図面ビューの軸に従ったUCSと定義した向きのUCSを切り替えることができます。

  • 座標系を切り替えるには、図面を開いて [表示] タブに移動し、[ユーザー座標系 > 方向の切替え] (Ctrl+T) をクリックします。

UCSのリセット

現在の図面ビューおよびすべての図面ビューでUCSを元の位置にリセットできます。

以下のいずれかの操作を行います。

目的

操作

現在の図面ビューでのUCSのリセット

開いている図面で、[表示] タブに移動し、[ユーザー座標系 > 現在のリセット] (Ctrl+1) をクリックします。

すべての図面ビューでUCSをリセットする

開いている図面で、[表示] タブに移動し、[ユーザー座標系 > すべてリセット] (Ctrl+0) をクリックします。

Was this helpful?
前へ
次へ