図面プロパティの設定と変更のさまざまなレベル

Tekla Structures
2021
Tekla Structures

図面プロパティの設定と変更のさまざまなレベル

Tekla Structures で、必要とされる変更の永続性や範囲に応じて、図面および図面プロパティをさまざまなレベルで設定したり、変更したりできます。図面、ビュー、オブジェクトの各レベルで図面を変更できます。

単品図、製品図、キャスト ユニット図

  • 最上位レベルでは、図面レベルで図面プロパティを定義できます。
    • [図面のプロパティ] で定義する図面固有のプロパティは、図面全体に適用されます (図面のユーザー定義情報、部分詳細ビューの開始番号/文字、図面固有の断面図設定、一部の図面固有のビュー属性、図面タイトルおよび図面レイアウトの設定)。
    • 図面レベルでは、作成するビューを選択し、選択したビューの [ビュープロパティ] に移動することで、ビュー、寸法内容、保護設定、建築オブジェクト、マーク設定をビューごとに個別に設定することもできます。たとえば、上面ビューではすべてのマークの枠が青色になり、正面ビューにはモデルの溶接マークが表示されるように定義できます。作成しているビューに必要なビュー プロパティを接続できるようにするには、[ビュープロパティ] でビュー レベルのプロパティ ファイルを保存することが非常に重要です。
    • 図面レベル プロパティは、図面を作成する前に変更することも、作成した図面内で変更することもできます。
  • 単品図、製品図、およびキャスト ユニット図の図面プロパティは、ビュー レベルでも変更することができます。
    • 開いている図面でビュー フレームをダブルクリックすると、[ビュープロパティ] が開きます。
    • オブジェクト プロパティを変更します。変更は開いている図面で選択したビューにのみ反映されます。
    • 選択したビューに表示された特定のタイプのすべてのオブジェクトで、オブジェクト プロパティが変更されます。たとえばマーク線の色を変更した場合、選択したビューのすべてのマークで、マーク線が変更されます。
  • 最終的に、図面プロパティはオブジェクト レベルで変更することもできます。
    • 開いている図面でオブジェクトをダブルクリックすると、オブジェクト固有のプロパティが開きます。
    • 選択したオブジェクトのプロパティだけが変更されます。複数のオブジェクトを変更して、それらすべてのプロパティを変更できます。
    • プロパティをオブジェクト レベルで変更すると、そのプロパティは高いレベルでの変更による影響を受けなくなります。

一般図

  • 最上位レベルでは、図面レベルの [図面のプロパティ] およびそのサブダイアログ ボックスで一般図プロパティを変更できます。
    • この方法では、図面内のすべての建築オブジェクト、保護領域、マーク、寸法、およびビューのプロパティを一度に変更できます。たとえば、すべてのマークに青色の枠を付けるよう指定できます。
    • 図面プロパティは、図面を作成する前に変更することも、作成した図面内で変更することもできます。
    • その図面のすべてのビューとオブジェクトで、オブジェクト プロパティが変更されます。ただし、図面作成後に作成した新しいビューを除きます。
  • 一般図プロパティは、ビュー レベルで変更することもできます。
    • 開いている図面でビュー フレームをダブルクリックすると、[ビュープロパティ] が開きます。
    • 変更は開いている図面で選択したビューにのみ反映されます。
    • 選択したビューに表示された特定のタイプのすべてのオブジェクトで、オブジェクト プロパティが変更されます。たとえばマーク線の色を変更した場合、選択したビューのすべてのマークで、マーク線が変更されます。
  • 最終的に、図面プロパティはオブジェクト レベルで変更することもできます。
    • 開いている図面でオブジェクトをダブルクリックすると、オブジェクト固有のプロパティが開きます。
    • 選択したオブジェクトのプロパティだけが変更されます。
    • プロパティをオブジェクト レベルで変更すると、そのプロパティは高いレベルでの変更による影響を受けなくなります。

詳細なオブジェクト レベル プロパティ

オブジェクト プロパティ設定を保存し、その設定を、図面フィルターまたはビュー フィルターおよび図面オブジェクト タイプと組み合わせて、詳細なオブジェクト レベル設定にすることで、オブジェクト レベル プロパティを図面レベルおよびビュー レベルで適用することもできます。図面レベルの詳細なオブジェクト レベル プロパティは、一般図でのみ使用できる点に注意してください。オブジェクト レベル設定は強力なツールです。図面の作成に同じプロパティ ファイルを使用し、図面を作成する前に特定のプロパティ (鉄筋の色やマーク枠の形状など) をすばやく変更できます。オブジェクト レベル設定は、ビュー プロパティおよび図面プロパティのプロパティ設定よりも優先されます。オブジェクト レベル設定がビュー レベルで定義されていない場合は、図面レベルで適用されたオブジェクト レベル設定の変更がビュー レベルに継承されます。オブジェクト レベル設定をビュー レベルで適用すると、その設定で図面レベルの設定が上書きされます。

推奨ワークフロー

作業の順序として、上位から下位方向、つまり図面レベルから始めて最後にオブジェクト レベルの作業を行うことが推奨されます。

  1. 図面プロパティと自動図面ビュー プロパティは、できる限り希望に近い設定にしてください。そのためには、まず図面レベルでこの設定を行います。
  2. 次に、ビュー レベルで変更する必要がある内容を変更します。
  3. 最後に、さらにクリーンアップが必要な場合は、個々のオブジェクト レベルで変更を加えることができます。

図面レベルで加えた変更は、モデルの変更のために図面を再作成した場合に維持されます。

ビュー レベルでプロパティを変更したら、図面レベルのプロパティに移動して図面のプロパティを変更しないでください。あるレベルで設定を変更した後、上のレベルで同じ設定を変更すると、一部の設定については変更が無効になる場合があります。

一般図のワークフローの例

次の図は、一般図の 3 つのプロパティ レベルの概念を示しています。例として枠の色とマークの形状を使用しています。

  1. 図面レベルでは、図面全体のマーク枠の色と形状を変更します。変更はビュー レベルとオブジェクト レベルに反映されます。
  2. 選択されたビューのマーク枠の色と形状を変更します。変更は選択されたビューにのみ反映されます。図面全体でプロパティが変更されるわけではありません。

    一部のビューのマーク枠の色と形状をビュー レベルで変更した後に、それらを図面レベルで変更すると、図面レベルの変更によってすべてのビューのビュー レベルの変更が上書きされます。ビュー設定の動作は異なります: ビュー設定は上書きされません。たとえば、個々のビューに設定しているビュー縮尺は維持されます。

  3. 選択したマークのマーク枠の色と形状を変更します。これらのプロパティは他の場所では変更されません。ビュー レベルまたは図面レベルでマーク枠の色と形状を変更しようとしても、個別に変更したマークのプロパティは変更されません。

詳細を確認するには、以下のリンクをクリックしてください。

図面作成前の自動図面プロパティの設定

既存の図面の図面プロパティの変更

ビューレベルの図面プロパティの変更

図面オブジェクトプロパティを変更します。

詳細なオブジェクト レベル設定

Tekla Structuresが図面作成時に図面プロパティを適用する方法

図面の再作成

Was this helpful?
前へ
次へ