図面へのシンボルの追加

Tekla Structures
2021
Tekla Structures

図面へのシンボルの追加

シンボルは、図面でそのまま使用したり、マーク、オブジェクト表示、および引出し線の矢印で使用できます。 シンボルはシンボル エディター (SymEd) で作成および編集できます。 シンボルのファイル拡張子は .sym です。

図面でのシンボルの追加

開いている図面にシンボルを追加できます。

開いている図面に追加されるシンボルは、引出し線なし、引出し線あり、指定方向の 3 つの方法で表現できます。Tekla Structures では、シンボルの追加時に、[シンボルプロパティ] で定義されているプロパティが使用されます。どのタイプのマークでも、シンボルを追加できます。

  1. 図面で、Shift キーを押しながら [注記] タブで、[シンボル] と次のいずれかのシンボル コマンドをクリックします。
    • シンボル:引出し線なしの現在の図面にシンボルを追加します。

    • 指定方向:2 つの点をピックしてシンボル (方向指定) を作成します。その後、シンボルの挿入点をピックします。

    • 引出し線付:最初にピックした点を指し示すシンボル (引出線付) を追加します。

      引出し線のタイプの詳細については、「引出し線タイプ」を参照してください。

  2. シンボルのプロパティを変更します。
    • ファイル:使用中のシンボル ファイルを変更します。
    • 番号:シンボルを変更します。
    • シンボル:シンボルの色、高さ、角度を変更します。
    • :枠のタイプ、引出し線、色を変更します。
  3. [OK] をクリックします。
  4. 図面内でシンボルを配置する点(1~3点)を選択します。 選択する点の数は、選択したシンボルのコマンドによって異なります。

マークへのシンボルの追加

使用するシンボル ファイルおよびマークに追加するシンボルを選択できます。

  1. 開いている図面でマークをダブルクリックします。
  2. マーク プロパティで、[フィールド一覧] リストの [シンボル] をダブルクリックします。
  3. [マーク内容 - シンボル] ダイアログ ボックスで、[ファイル] ボックスの横の [選択] をクリックして、使用するシンボル ファイルを選択します。
  4. ファイルを選択したら、[番号] ボックスの横の [選択] をクリックし、使用するシンボルをダブルクリックします。 シンボルの番号がわかっている場合は、その番号を入力することもできます。
  5. [OK] をクリックします。

    Tekla Structures により、シンボル ファイル名と、要素リストにおけるシンボルの番号が追加されます。

  6. マーク プロパティで [変更] をクリックします。

    Tekla Structures によって、マークにシンボルが追加されます。

シンボルファイルのシンボルの変更

シンボルファイルでは、シンボルに変更を加えることができます。 これを行う場合、ファイルを別名で保存して別のフォルダ(モデルフォルダ、企業フォルダ、プロジェクトフォルダなど)に保存することをお勧めします。

  1. Tekla Structures 内の場所に応じて、複数の方法でシンボル エディターでシンボル ファイルを開くことができます。
    • [ファイル] メニューで、エディタ > シンボルエディタ をクリックします。[ファイル] > [開く] を使用してシンボル ファイルを開きます。
    • 開いている図面でマークをダブルクリックし、マーク プロパティ ダイアログ ボックスの使用可能なマーク要素リストから [シンボル] を選択することで、[マーク内容 - シンボル] ダイアログ ボックスを開きます。次に、[選択...] をクリックし、[シンボルファイル] ブラウザーからファイルを選択して [編集...] をクリックします。
    • 図面に追加したシンボルをダブルクリックして、[シンボルプロパティ] ダイアログ ボックスを開きます。次に、[選択...] をクリックし、[シンボルファイル] ブラウザーからファイルを選択して [編集...] をクリックします。
  2. シンボル エディターでファイルを変更します。
    1. スロットのシンボルをクリックし、図面ツールを使用して新しいシンボルをスケッチします。

      [インポート] タブで、AutoCAD ファイルまたは MicroStation ファイルをインポートすることもできます。

    2. シンボルが希望どおりに完成したら、シンボル スロットをポイントし、ウィンドウの下部に表示される新しいシンボルの番号を確認します。

      多くの場所では、シンボルを追加するとき、シンボルを使用するにはシンボル番号を知っている必要があります。

  3. [ファイル] > [名前を付けて保存] をクリックし、新しい名前を入力します。

    ファイルを新しい名前で新しい場所(モデルフォルダ、企業フォルダ、プロジェクトフォルダなど)に保存することもできます。 Tekla Structuresソフトウェアに付属する元のシンボルファイルは変更しないようにすることを強くお勧めします。 シンボルを変更する必要がある場合は、元のシンボルファイルをコピーし、そのコピーに対して変更を行ってください。元のシンボルファイルは元のままにしておいてください。

    Tekla Structures では、以下の「シンボル ファイルの検索順序」セクションに記載のとおり、シンボル ファイルが特定の順序で検索されます。

  4. [OK] をクリックします。
ヒント:

シンボルエディタでは、シンボルファイル(*.sym)間でシンボルをコピーできます。まず、Ctrl + Cキーを押してコピーするシンボルを選択します。次に、コピー先のシンボルファイル(または新しいシンボルファイル)を開いて、シンボルの場所を選択し、Ctrl + Vキーを押します。

使用中のシンボルファイルの変更

現在のシンボルファイルに必要なシンボルが含まれていない場合、現在使用中のシンボルファイルを変更できます。

  1. 操作の対象に応じて、次のいずれかを行います。
    • 開いている図面でマークをダブルクリックし、マーク プロパティ ダイアログ ボックスの使用可能なマーク要素リストから [シンボル] を選択することで、[マーク内容 - シンボル] ダイアログ ボックスを開きます。
    • 図面に追加したシンボルをダブルクリックして、[シンボルプロパティ] ダイアログ ボックスを開きます。
  2. [選択...] ボックスの横にある [ファイル] をクリックします。
  3. [シンボルファイル] リストから新しいファイルを選択し、[OK] をクリックするか、ファイルをダブルクリックします。

新しいシンボルファイルの作成

Tekla Structures に付属するデフォルトのシンボル ファイルに加えて、独自のシンボル ファイルを作成し、モデル フォルダー、企業フォルダー、プロジェクト フォルダーなどに保存できます。

独自のファイルを作成することにした場合、モデル フォルダーの options.ini ファイルに DXK_SYMBOLPATH を追加し、そこで独自のシンボル ファイルのフォルダー パスを定義できます。シンボル ファイルは特定の順序で検索されます。以下の「シンボル ファイルの検索順序」セクションを参照してください。

  1. [ファイル] メニューで、[エディタ > シンボルエディタ] をクリックします。
  2. [ファイル] > [新規作成] をクリックします。

    既存のシンボルファイルを開き、編集して新しい名前で保存することもできます。

  3. シンボルエディタでシンボルを作成します。
  4. [ファイル] > [上書き保存] をクリックし、シンボル ファイルの保存に使用しているフォルダにシンボル ファイルを保存します。

    既存のシンボル ファイルを開いた場合、[ファイル] > [名前を付けて保存] を使用して、シンボル ファイルに別の名前を付けます。

シンボルのプロパティの変更

開いている図面のシンボルのプロパティを変更できます。

シンボルのプロパティを変更するには、次のようにします。

  1. シンボルをダブルクリックします。
  2. ダイアログボックスの下部にあるオン/オフスイッチ をクリックしてダイアログボックスの下部にあるすべてのチェックボックスをオフにし、変更するプロパティの横にあるチェックボックスのみをオンにします。
  3. 必要に応じて、使用中のシンボルファイルを変更し、使用するシンボルを選択します。
  4. シンボルの配置設定を変更するには、[位置(P)...] をクリックします。

    ここでは、配置を自由または固定に設定でき、検索マージンや最小距離の指定、シンボルを配置する希望の配置区域の選択などを行うことができます。

    詳細については、「マーク、寸法、アソシエートマーク、テキスト、シンボルの位置プロパティ」を参照してください。

  5. [表示設定] タブに移動して、シンボルの色、高さ、角度、および枠のタイプ、引出し線、色を設定します。
    引出し線のタイプの詳細については、「引出し線タイプ」を参照してください。
  6. [変更] をクリックします。

引出し線の矢印シンボルのカスタマイズ

マーク プロパティの [矢印] リストで、引出し線の適切な矢印が見つからない場合は、独自の矢印を追加できます。

まず、シンボル エディターに矢印シンボルを作成し、作成したシンボルを arrow.sym ファイルに保存します。次に、arrow.sym の新しいシンボルの位置を arrow.txt ファイル (設定ファイル) に追加して、現在の環境で使用できる矢印を示す必要があります。

  1. [ファイル] メニューで、[エディタ > シンボルエディタ] をクリックしてシンボル エディターを開きます。
  2. 共通の環境または独自の環境のシンボル フォルダーにある arrow.sym ファイルを開きます。
  3. 空白のシンボル スロットをクリックし、図面ツールを使用してシンボルをスケッチします。

    [ファイル] > [インポート] で、AutoCAD ファイルまたは MicroStation ファイルをインポートすることもできます。

  4. シンボルが完成したら、シンボル スロットをポイントし、ウィンドウの下部に表示される新しいシンボルの番号を確認します。

  5. [ファイル] > [上書き保存] をクリックして、arrow.sym ファイルを保存します。
  6. [ファイル] > [終了] をクリックして、シンボル エディタを閉じます。
  7. arrow.sym ファイルと同じシンボル フォルダーにある arrow.txt ファイルを開きます。

    このファイルには、シンボル番号のリストが含まれています。

  8. 次のように、作成したシンボルのゼロ (0) で始まる番号を適切な位置に追加します。番号はカンマで区切ります。

    016,017,018,019,020,021,022,023,024,032,048,049,101,102,110,200

  9. [ファイル] > [上書き保存] をクリックして変更を保存します。
  10. コンピューターの ..\ProgramData\Trimble\Tekla Structures\<version>\Bitmaps フォルダーに、作成した矢印のビットマップを追加します。

    ファイル名にはdr_dialog_arrow_type_022.bmp.

  11. 図面内のマークをダブルクリックして、マーク プロパティを開きます。
  12. [矢印] リストを開くと、新しい矢印記号が使用可能な状態になっていることがわかります。

注:

新しいバージョンの Tekla Structures にアップグレードすると、デフォルトのフォルダーが上書きされるため、シンボル用の企業フォルダーを定義することをお勧めします。企業フォルダーを詳細設定 DXK_​SYMBOLPATH に追加します。企業フォルダーの定義手順については、以下の関連項目を参照してください。

図面での仕上げ材シンボルの追加

[サーフェスシンボルの追加] マクロを使用して、キャスト ユニット図に仕上げ材シンボルを追加できます。

開始する前に、モデル内に仕上げ材を持つオブジェクトがあることと、そのオブジェクトのキャスト ユニット図を作成したことを確認します。さらに、仕上げ材のキャスト ユニット図プロパティで仕上げ材が [表示] に設定されていることも確認します。

  1. 仕上げ材を含む部材がある図面を開きます。
  2. サイド パネルで [アプリケーションとコンポーネント] ボタン をクリックし、[アプリケーションとコンポーネント] カタログを開きます。
  3. アプリケーション リストを開くには、[アプリケーション] の横にある矢印をクリックします。
  4. [サーフェスシンボルの追加] をダブルクリックします。

  5. [表面シンボルの作成] ダイアログ ボックスで、[フィールド一覧] リストから仕上げ材シンボルに含めるテキストを選択し、[追加 >] をクリックして [マークの内容] にテキストを追加します。
  6. [すべてのビュー] を選択してすべての図面ビューにシンボルを含めるか、または [選択されたビュー] を選択して選択したビューにのみシンボルを含めます。
  7. 必要に応じてフォント設定を変更します。
  8. [選択されたビュー] を選択した場合、仕上げ材シンボルを表示するビューを選択します。
  9. [作成] をクリックします。

Tekla Structures により、定義された設定に従って仕上げ材シンボルが作成されます。シンボルのプロパティとテキストは、シンボルをダブルクリックしたときに開く [テキストプロパティ] で後から変更できます。

シンボル エディター

シンボル エディターを開くには、[ファイル > エディタ > シンボルエディタ] をクリックします。シンボル エディターでは、新しいシンボル ファイルの作成、およびシンボルの作成や変更を実行できます。

図面モードの [シンボルファイル] ダイアログ ボックスでは、使用中のシンボル ファイルを変更できます。またこのダイアログ ボックスから、シンボル エディターにアクセスすることもできます。

新しいシンボルを作成したり、既存のシンボルを変更できるように、『Symbol Editor User's Guide』を参照することをお勧めします。

Tekla Structures アプリケーションに付属する元のシンボル ファイルは変更しないようにすることを強くお勧めします。シンボルを変更する必要がある場合は、元のシンボル ファイルをコピーし、そのコピーに対して変更を行ってください。元のシンボル ファイルは元のままにしておいてください。

シンボルが保護されたフォルダにある場合、シンボルは読み取り専用です。管理者でない場合、保護されたフォルダに変更したシンボルを保存することはできません。その場合、管理者として Tekla Structures にログインしてください。

シンボル ファイルの検索順序

シンボル ファイル (.sym) は、次のフォルダーから次の順序で検索されます。

  1. すべての DXK_SYMBOLPATH フォルダー

    詳細設定 DXK_SYMBOLPATH は環境初期化ファイル <your_environment>.ini および Tekla Structures 初期化ファイル teklastructures.ini で定義されます。

    別の方法として、モデル フォルダーの options.ini に独自の DXK_SYMBOLPATH を追加し、そこで独自のシンボル フォルダーを定義することもできます。 そこには、<your_environment>.ini ファイルに含まれているパス設定も追加する必要がある点に注意してください。

    DXK_SYMBOLPATH 定義を含む .ini ファイルの読み取り順序は次のとおりです。

    1. teklastructures.ini

    2. <your_environment> .ini

    3. options.ini

  2. 現在のモデル フォルダー

    必要な追加のシンボル ファイルをここに追加します。

見つかったすべてのシンボル ファイルを Tekla Structures で使用できます。 重複するファイル名が存在する場合、最初に見つかった名前が使用され、他は破棄されます。 モデル フォルダーに DXK_SYMBOLPATH の他のシンボル ファイルと同じ名前を持つシンボル ファイルが含まれる場合、モデル フォルダーにあるシンボル ファイルが破棄されます。

シンボルを一時的に上書きする例

モデル フォルダーの options.ini ファイルに独自のシンボル パスを永久に追加する必要がない場合は、一時的にシンボルを上書きできます。 この例では、モデル フォルダーにあるカスタマイズしたシンボルで溶接記号を一時的に上書きします。

  1. 最初に ts_welds.sym にあるシンボルをカスタマイズします
  2. モデル フォルダー C:\TeklaStructuresModels\ <mymodel> にある編集した ts_welds.sym をコピーします。
  3. モデル フォルダーにある options.ini ファイルを開き、行 DXK_SYMBOLPATH=C:\ TeklaStructuresModels\<mymodel>; C:\TeklaStructures\2017\Environments\common\symbols; およびローカル環境にある他のシンボル フォルダーを追加します。

イメージおよびシンボルの企業フォルダの定義

画像およびシンボルの検索先企業フォルダーを定義できます。Tekla Structures は、常にこのフォルダーから画像とシンボルを検索します。このフォルダーにイメージとシンボルを格納しておけば、新しいバージョンの Tekla Structures をインストールするときに、そのイメージやシンボルをフォルダー間で移動する必要がありません。新しいバージョンをインストールしても、企業フォルダー内のファイルが置き換わることはありません。

詳細設定 XS_FIRM を使用してモデル フォルダーまたは user.ini の下の options.ini ファイルで企業フォルダーを定義します。

options.iniファイルで画像またはシンボルの企業フォルダを定義するには、次のようにします。

  1. options.ini ファイルを変更して、企業フォルダーを指定する詳細設定 DXK_SYMBOLPATH を追加します。

    詳細設定DXK_SYMBOLPATHには、複数のパスをセミコロンで区切って指定できます。

    Tekla Structures バージョン 19.0 以降では、DXK_SYMBOLPATH 内の %DATADIR%%XS_FIRM% などのフォルダー パス定義が企業フォルダーにある options.ini で使用された場合、パスが正しく変換されません。ただし、user.ini で使用された場合、これらの定義は正しく機能します。現在のところ、以下の例のように、企業フォルダー内の options.iniDXK_SYMBOLPATH の絶対パスを記述する必要があります。

    DXK_SYMBOLPATH=C:\ProgramData\Trimble\Tekla Structures\2017\Environments\common\symbols\;C:\firm\Symbols\;

  2. テンプレートエディタで、 [オプション] > [基本設定] > [ファイル配置]をクリックし、[シンボル, 画像]にも企業フォルダのパスを入力します。
Was this helpful?
前へ
次へ