マーク、寸法、アソシエートマーク、テキスト、シンボルの位置プロパティ

Tekla Structures
2021
Tekla Structures

マーク、寸法、アソシエートマーク、テキスト、シンボルの位置プロパティ

寸法、マーク、注記、テキストの注記オブジェクトと寸法の [配置] ダイアログ ボックス内の設定を使用して、図面内で注記オブジェクトを配置する方法を制御します。

図面を作成する前に、寸法およびマークについて自動配置プロパティを設定できます。開いている図面で、マーク、ノート、テキスト、シンボル、寸法の配置プロパティを変更できます。

開いている図面で [配置] プロパティを開くには、次のようにします。

  • 開いている図面で、[図面] タブの [プロパティ] をクリックし、[テキスト]、[注記][シンボル][寸法] またはいずれかのマーク タイプをクリックします。 その後で、[位置(P)...] ボタンをクリックします。
  • 開いている図面で、テキスト、マーク、シンボル、注記、または寸法をダブルクリックします。 その後で、[位置(P)...] ボタンをクリックします。

オプション

説明

検索マージン

注記オブジェクトの周囲に追加する空の余白を定義します。

[検索マージン] に大きい値を入力すると、マークの配置が正常に機能しなくなります。

最小距離

部材からマーク、溶接マーク、寸法、またはその他の注記オブジェクトまでの最小距離を定義します。

[最小距離] に大きい値を入力すると、マークの配置が正常に機能しなくなります。

最大距離

部材からマーク、寸法、またはその他の注記オブジェクトまでの最大距離を定義します。

配置区域

マークおよび手動で追加した注記オブジェクトで使用します。

注記オブジェクトを配置する空白部分を Tekla Structures が検索する領域を定義します。

溶接の配置は、溶接の方向に依存します。 溶接は特定の領域にのみ配置できるので、[配置区域] オプションは利用できません。 このオプションは、最終図面内に手動で追加した溶接に対してのみ使用可能です。

位置付け

[移動] を選択すると、Tekla Structures により、マーク、寸法、溶接、またはその他の注記オブジェクトの最適な位置が自動的に検索されます。[固定] を選択すると、マーク、寸法、溶接、またはその他の注記オブジェクトを任意の位置に配置できます。

[固定] オプションを選択した場合、図面を更新しても注記オブジェクトの位置は維持されますが、[移動] を選択した場合は、Tekla Structures により、注記オブジェクトの最適な位置が自動的に検索されます。

方向

手動寸法の場合にのみ使用できます。

対象となるオブジェクトのどちら側に Tekla Structures が寸法を配置するかを定義します。 この設定は、[移動] 設定に影響します。

次の図は、マークの検索マージン、最小距離、および最大距離を示しています。

(1) 検索マージン

(2) 最小距離

(3) 最大距離

Was this helpful?
前へ
次へ