既存の図面の図面プロパティの変更

Tekla Structures
2021
Tekla Structures

既存の図面の図面プロパティの変更

図面を作成して確認した後、図面プロパティの内容が十分ではない場合、作成した図面で自動図面プロパティを変更できます。

  1. 図面を開きます。
  2. 図面の背景をダブルクリックします。
  3. 図面のタイプに応じて、次のいずれかを行います。

    単品図、製品図、キャストユニット図

    1. 図面プロパティ オプション ツリーのさまざまなオプションを調べ、必要に応じて値を調整します。

      オプションの設定を変更すると、そのオプションの横のチェックボックスが自動的に選択されます。

    2. ビュー レベル設定 (ビュー、寸法、フィルター、保護領域、マーク、オブジェクト) を調整するには、[ビューの作成] をクリックし、目的のビューとビュー プロパティ ファイルをクリックして [ビュープロパティ] をクリックします。
    3. 必要に応じてビューのプロパティを調整します。
    4. 完了したら、[保存する] で [ビュープロパティ] をクリックし、プロパティをビュー プロパティ ファイルに保存します。
    5. [OK] で [ビュープロパティ] をクリックして、図面プロパティに戻ります。

    一般図

    1. ダイアログボックス下部のオン/オフスイッチ をクリックしてすべてのチェックボックスをオフにし、変更するオプションのチェックボックスだけをオンにします。
    2. 図面プロパティダイアログボックス内の各種オプションを必要に応じて変更します。
    3. プロパティを変更した各サブダイアログ ボックスで [OK] をクリックし、変更を保存して図面プロパティに戻ります。
  4. [変更] をクリックします。

    図面は、図面プロパティに加えた変更に従って変更されます。

注:

変更内容によっては、図面の再作成が必要になります。詳細については、「図面の再作成」を参照してください。

ヒント:

また、[ドキュメント管理] からいくつかの図面のプロパティを選択し、右クリックして [プロパティ] を選択することで、それらのプロパティを変更することもできます。

Was this helpful?
前へ
次へ