図面作成前の自動図面プロパティの設定

Tekla Structures
2021
Tekla Structures

図面作成前の自動図面プロパティの設定

Tekla Structuresでは、図面タイプごとに個別に定義された自動図面プロパティを使用して図面が作成されます。

  1. [図面とレポート] タブで、[図面のプロパティ] をクリックし、図面タイプを選択します。
  2. 可能であれば、上部にあるリストからプロパティファイルを選択して、必要に最も合う図面プロパティを読み込みます。

    一般図プロパティで、[読み込み(L)] をクリックする必要があります。

  3. 図面のタイプに応じて、次のいずれかを行います。

    単品図、製品図、キャストユニット図

    1. 図面プロパティ オプション ツリーのさまざまなプロパティを調べ、必要に応じて値を調整します。

      オプションの設定を変更すると、そのオプションの横のチェックボックスが自動的に選択されます。

    2. 後で使用するためにプロパティを保存するには、[保存する] ボックスでそのプロパティに一意の名前を付けて [保存する] をクリックします。名前にはスペースや特殊文字を含めることはできません。
    3. ビュー レベル設定 (ビュー、寸法、フィルター、保護領域、マーク、オブジェクト) を調整するには、[ビューの作成] をクリックし、目的のビューとビュー プロパティ ファイルをクリックして [ビュープロパティ] をクリックします。
    4. 必要に応じて、選択したビューのプロパティを調整します。
    5. 後で使用するために部材プロパティなどのプロパティを保存するには、[保存する] ボックスでそのプロパティに一意の名前を付けて [保存する] をクリックします。名前にはスペースや特殊文字を含めることはできません。
    6. 完了したら、[保存する] で [ビュープロパティ] をクリックし、プロパティをビュー プロパティ ファイルに保存します。
    7. [OK] で [ビュープロパティ] をクリックして、図面プロパティに戻ります。

    一般図

    1. 下部のオン/オフスイッチ をクリックしてすべてのチェックボックスをオフにし、変更するオプションのチェックボックスだけをオンにします。
    2. 図面プロパティダイアログボックス内の各種プロパティを必要に応じて変更します。
    3. プロパティを変更した各サブダイアログ ボックスで [OK] をクリックし、変更を保存して図面プロパティに戻ります。
    4. 後で使用するために部材プロパティなどのプロパティを保存するには、[名前を付けて保存] ボックスでそのプロパティに一意の名前を付けて [名前を付けて保存] をクリックします。名前にはスペースや特殊文字を含めることはできません。
  4. [OK] をクリックしてプロパティを保存します。

    別の図面プロパティファイルに変更内容を保存する場合、新しい名前を入力します。

    プロパティ ファイル名にはスペースを含めないでください。スペースが含まれていると、問題が生じる可能性があります。たとえば、[マスター図面カタログ] でルールセットに図面プロパティ ファイルを使用する場合に、プロパティ ファイル名にスペースが含まれていると図面は作成されません。

    一般図プロパティで、[名前を付けて保存] をクリックします。

これで、セットアップした図面プロパティファイルを使用して図面を作成できます。

Was this helpful?
前へ
次へ