一般図

Tekla Structures
2021
Tekla Structures

一般図

一般図は、プロジェクトの一般配置の構造要素を理解するために必要な情報を記録する、契約ドキュメントです。一般図は、BIM ワークフローの中で、1 つ以上のモデル ビューから、関連するスケジュールと共にプロジェクト タイトル シート上に作成されます。この図面の形式は、顧問の構造技術者が法務部門、公共企業体、設計部門、財務部門、施工部門に構造を確実に伝えるために、最も一般的に使用されます。

一般図では、最適な方向からモデルが表示されます。たとえば、平面図 (伏図) では、建物や階の最上部から地面を見下ろしていることになります。立面図 (軸組図) では、基準線に沿うようにして、建物の一方の側面から見ていることになります。一般図には多くの場合、複雑な領域や細部の拡大ビューと、承認プロセスや設置フェーズ時に役立つその他の情報が含まれています。

一般図は、次のような場合に作成します。

  • モデル全体またはモデルの一部などの情報を含む複数のビューを1つの図面上で表現する必要がある場合

  • 平面図 (基礎伏図、床伏図、デッキ割付図、およびアンカー プラン)

  • 立面図 (軸組図)

  • 3D ビューを含めたモデル ビューから情報を取得する必要がある場合

一般図は、以下のようにリボンまたはポップアップ メニュー コマンドを使用して作成できます。

一般図の作成

マスター図面カタログにおける保存された設定タイプを使用した一般図の作成

保存された設定を使用したアンカー プランの作成

一般図プロパティの詳細については、「一般図プロパティ」を参照してください。

一般図の例

基礎平面図:

床伏図:

梁伏図:

デッキ割付図:

軸組図:

アイソメトリック図:

アンカー プラン:

役に立ちましたか?
前へ
次へ