図面レイアウトを作成および編集する

Tekla Structures
2021
Tekla Structures

図面レイアウトを作成および編集する

新しい図面レイアウトを作成し、既存の図面レイアウトを編集するには、図面レイアウトエディターを使用します。レイアウトを操作して、テーブルの追加、変更、移動、削除、図面サイズの追加と変更、図面レイアウト内のテーブル名または非表示テーブルを表示するかどうかの選択を行うことができます。フレームと折り目マークも、図面レイアウトエディターの図面に追加されます。

図面レイアウト エディターを開く

図面レイアウトエディターにアクセスするには、次のいずれかの操作を行います。

図面レイアウトエディターにアクセスするには

操作

[ファイル] メニューを使用

  • [ファイル] メニューで、エディタ > 図面レイアウトエディター を選択します。

図面プロパティ ダイアログ ボックスを使用

  1. [レイアウト] をクリックします。

  2. [レイアウト] リストの右側で [編集] をクリックします。

モデリング モードでリボンを使用

  • [図面とレポート] タブで 図面のプロパティ > 図面レイアウトエディター をクリックします。

開いている図面で操作

以下のいずれかの操作を行います。

  • 既存のテーブル セットを右クリックし、[レイアウト エディターを開く] を選択します。

  • 既存のテーブル セットをダブルクリックして、[図面レイアウトエディター] を選択します。

[クイック起動] を使用

  1. [クイック起動] ボックスに「図面レイアウト」と入力します。

  2. リストから [図面レイアウトエディター] を選択します。

レイアウト編集モードが開きます。

新しい図面レイアウトの作成

  1. [レイアウト エディター] リボンで、 [レイアウトの作成] をクリックします。
  2. 新しい図面レイアウトに名前を付け、初期図面サイズを選択します。

    図面レイアウト名は最大 63 文字にすることができます。

    後で追加の図面サイズにレイアウトを適用できます。

  3. [作成] をクリックします。
  4. [レイアウト エディター] 作業ウィンドウで、新しいレイアウトを適用する図面タイプを選択します。
  5. 必要に応じて図面レイアウトをカスタマイズします。

    たとえば、レイアウトに新しいテーブルを追加したり、使用可能な図面サイズを作成および修正したりします。詳細な手順については、以下を参照してください。

  6. 図面レイアウトを保存するには、[レイアウト エディター] リボンで [名前を付けて保存] をクリックします。
  7. [レイアウトの保存] ダイアログ ボックスで、[名前を付けてレイアウトを保存] ボックスに図面レイアウトの名前を入力します。
  8. 現在のテーブル、図面ビューの余白、図面ビュー間のスペースを適用する図面サイズを選択します。
  9. 現在の図面レイアウト用に作成した図面サイズも印刷に使用できるようにするには、[印刷用にリストされたサイズと用紙サイズを同期] チェック ボックスをオンにします。

    Tekla Structures により新しい図面サイズが検出された場合、モデル フォルダーの下の \attributes フォルダーに Papersizesfordrawings.dat ファイルのコピーが作成されます。

    図面サイズと用紙サイズは、現在のモデルでのみ同期されます。

  10. 保存する をクリックします。

図面レイアウトは、モデル フォルダの下の .lay フォルダに \attributes ファイルとして保存されます。.lay ファイルは、以前のバージョンの Tekla Structures で使用できなかった [図面レイアウト] ツールまたは [レイアウト エディター] と互換性がないことに注意してください。つまり、新しいレイアウトを古いバージョンの Tekla Structures で使用することはできません。

図面レイアウトの操作を続行したり、 [レイアウトエディターを閉じる] をクリックしてレイアウト編集モードを閉じたりできるようになりました。

図面レイアウトに新しいテーブルを追加する

ここでは、図面レイアウトに追加できるすべての要素をテーブルと呼んでいます。要素は次のとおりです。
  • テンプレート ファイル (.tpl)

  • DWG/DXF ファイル

    たとえば、特定のタイプの図面に表示する必要がある一部の詳細情報が DWG ファイルまたは DXF ファイルに含まれている場合、そのファイルを図面レイアウトに追加できます。

  • キー プラン

    キー プランには、Tekla Structures により正しいオブジェクトが自動的に取り込まれます。キー プランとして正しい縮尺のビューを 1 つだけ含む図面を使用することができます。Tekla Structures では、元の図面のビューだけが使用されます。元の図面のビューの位置、図面サイズ、およびテンプレートは、キー プランに反映されません。

図面レイアウト内のテーブルの組み合わせは、テーブル セットと呼ばれます。

図面レイアウトに新しいテーブルを追加するには

  1. [図面サイズ] リストで、テーブルを追加する図面サイズを選択します。

    図面レイアウトを保存するときに、複数の図面サイズに変更を適用できます。

  2. [レイアウト エディター] リボンで、 [テーブルの追加] をクリックします。
  3. [テーブル一覧] ダイアログ ボックスで、追加するテーブルをクリックします。
  4. DWG ファイルや DXF ファイル、またはキー プランを追加する場合は、次のいずれかの操作を行います。
    目的 操作

    DWG または DXF ファイルを追加する

    1. 使用可能なテーブルのリストでファイルを選択します。

    2. ブラウズし、図面に追加する DWG/DXF ファイルを見つけて選択します。

    3. [開く] をクリックします。

    DWG/DXF ファイルがモデル フォルダにある場合、相対パスが使用されます。それ以外の場合は、絶対パスが使用されます。相対パスを使用する場合は、次のようにします (現在のモデル/プロジェクト/企業/環境)。

    1. DWG/DXF ファイルをモデル フォルダにコピーします。
    2. DWG/DXF ファイルを挿入します。
    3. レイアウトを保存します。

    DWG/DXF ファイルへのパスが「. \」で定義されるようになり、実行時に他のレイアウト コンテンツと同じ検索順序で評価されるようになりました。

    キー プランを追加する

    1. 使用可能なテーブルのリストで [キープラン] を選択します。

    2. [図面] ダイアログ ボックスで、既存のキー プラン図面を選択し、[選択] をクリックします。

    キープランを含む図面が開かれるときに使用される言語とは異なる言語でレイアウトが作成されている場合でも、キープランが図面に表示されます。

  5. [テーブル一覧] ダイアログ ボックスを閉じます。
  6. テーブルを追加する図面レイアウト内のポイントをクリックします。

    テーブルは、図面ビュー フレームに自動的に固定されます。

  7. テーブルの縮尺または回転を変更する場合、テーブルを選択し、新しい [縮尺] 値または [回転] 値を入力します。

    編集できるのは、テンプレート ファイル (.tpl) の縮尺と回転だけです。

    回転と縮尺の変更は、すぐに図面レイアウトに適用されます。テーブルの縮尺を変更したり回転したりしても、テーブルは同じ位置に固定されたままです。

  8. テーブルを図面ビューと重ねる場合、[ビューとの重なり] チェック ボックスをオンにします。

    [ビューとの重なり] チェック ボックスをオフにすると、Tekla Structures により図面が作成または再作成されたときに、図面ビューがテーブル領域の外側に保持されます。重なりの変更は、図面の再作成および作成中にのみ図面レイアウトに適用されることに注意してください。

図面レイアウトでテーブルを移動する

  1. [図面とレポート] タブで 図面のプロパティ > 図面レイアウトエディター をクリックします。
  2. [図面レイアウト] リストから、図面レイアウトを選択します。
  3. 図面レイアウトで、次のいずれかの操作を行います。
    • 1 つのテーブル移動するには、移動するテーブルをクリックします。
    • 複数のテーブルを移動するには、マウスの左ボタンを押したまま、移動するテーブルの周りにボックスをドラッグします。

    緑色のハンドルが 2 つ表示されます。

    テーブルから遠いほうのハンドルによって、テーブルが固定される場所が決まります。近いほうのハンドルによって、テーブルの 1 つの角が配置される場所が決まります。

  4. 以下のいずれかの操作を行います。
    • 移動するテーブルをクリックし、マウスの左ボタンを押したままにします。
    • 緑色のハンドルのいずれかをピックし、マウスの左ボタンを押したままにします。
  5. テーブルを新しい位置にドラッグします。

    表は、メートル法環境では 1 ミリメートル、米国フィート・インチ環境では 1/16 インチのオフセットにスナップします。

    Tekla Structures には、ハンドル間の縦横両方の距離が表示されます。距離は、使用している環境に応じて、ミリメートルまたはインチの分数で表示されます。

  6. テーブルを配置するには、マウスの左ボタンを放します。

テーブルが新しい位置に移動します。

図面レイアウトでテーブルを交換する

  1. 開いている図面で、置き換えるテーブルを右クリックします。
  2. コンテキスト メニューで、[テーブルを置き換え] を 選択します。
  3. [テーブルを置き換え] ダイアログ ボックスから新しいテーブルを選択し、[置換] をクリックします。
テーブルが置き換えられ、新しいテーブルの名前が [使用中のテーブル] リストに表示されます。古いテーブルに対して定義したすべての設定が維持されます。

図面レイアウトからテーブルを削除する

以下のいずれかの操作を行います。
  • 図面レイアウトで、テーブルを右クリックし、[削除] を選択します。
  • 図面レイアウトで、テーブルをクリックするか、キーボードの Delete キーを押します。
  • [使用中のテーブル] リストでテーブルを選択し、キーボードの Delete キーを押します。

図面サイズ、フレーム、折り目マークを調整する

フレームと折り目マークは、図面レイアウトごとに、または .lay ファイルで個別にカスタマイズできます。ただし、フレーム プロパティは、最初はグローバル フレームと折り目マークのプロパティを含む standard.fms ファイルから読み取られます。図面レイアウトでグローバル フレームと折り目マークのプロパティを使用しない場合、[図面サイズ設定] ダイアログ ボックスで該当するプロパティを調整します。

  1. [レイアウト エディター] サイド パネルで、[図面サイズ] リストの右側にある [編集] ボタンをクリックします。
  2. [図面サイズ設定] ダイアログ ボックスの [使用中のサイズ] セクションで、必要に応じて図面サイズを編集します。
    目的 操作

    新しい図面サイズを追加する

    1. 既存の図面サイズのリストの下にある [+] をクリックします。

      図面サイズのリストの一番下に新しい線分が追加されます。

    2. [名前] 列のリストから定義済みの図面サイズを選択するか、新しい図面サイズの名前を入力します。

      [名前] リストの定義済みの図面サイズは、PaperSizesForDrawings.dat ファイルで定義されます。デフォルトでは、ファイルは ..\ProgramData\Trimble\Tekla Structures\<version>\environments\common\system folder フォルダーにあります。

    3. 幅と高さを調整するには、[] ボックスと [高さ] ボックスをダブルクリックし、新しい値を入力します。

    4. 図面に適した図面サイズを自動的に選択するときに Tekla Structures が図面サイズを使用できるようにする場合、[自動サイズ] チェック ボックスをオンにします。

      自動サイズの詳細については、「図面サイズと図面ビューの縮尺の定義」を参照してください。

    図面サイズの幅と高さを調整する

    1. 幅と高さを変更する図面サイズを選択します。

    2. [] ボックスと [高さ] ボックスをダブルクリックし、新しい値を入力します。

    ヒント:

    ページの向きを変更するには、[] または [高さ] ボックスを右クリックし、[配置の入れ替え] を選択します。

    図面サイズの幅と高さが入れ替わります。

    自動描画サイズの図面サイズの使用を有効にする

    1. 自動サイズ変更に使用する図面サイズを選択します。

    2. [自動サイズ] チェック ボックスをオンにします。

    図面レイアウトから図面サイズを削除する

    • 削除する図面サイズの右側にある [-] をクリックします。

  3. [] セクションで、枠を調整します。
    1. 図面レイアウトに含める枠を選択します。

      図面では、少なくとも 1 つの枠を使用することをお勧めします。枠を 1 つだけ使用する場合、[メイン] 枠を選択します。

      図面で折り目マークを使用する場合、[メイン] 枠と [サブ] 枠の両方を選択し、第 2 枠を外側の枠として使用します。

    2. 用紙の上下左右の端部から各枠までの距離をミリメートルまたはインチ単位で入力します。
    3. 各枠の色を選択します。
  4. 図面レイアウトで折り目マークを使用する場合は、折り目マークのプロパティを定義します。
    1. 折り目マーク間の水平距離と垂直距離をミリメートルまたはインチ単位で入力します。
    2. 折り目マークの色を選択します。
  5. 設定を保存して [図面サイズ設定] ダイアログ ボックスを閉じ、[OK] をクリックします。

図面ビューの位置を調整する

図面ビューの位置を調整するには、図面を開いている必要があります。

  1. スクロールして [レイアウト エディター] サイド パネルの [図面ビュー] セクションを表示します。
  2. [余白] 見出しの下のボックスに、最も外側の図面ビューと図面の端またはテーブルの端の間の水平距離と垂直距離を入力します。

    入力した距離に、Tekla Structures により自動的に 5 ミリメートルが加算されることに注意してください。

  3. [スペース] 見出しの下のボックスに、図面ビューの枠間の水平方向および垂直方向のスペースを入力します。

[図面ビュー] 設定は、詳細設定 XS_DISABLE_VIEW_CENTERING_[図面タイプ] と連動します。これらの詳細設定の値を VERHOR、またはその両方に設定すると、図面ビューの水平方向、垂直方向、または両方向の自動センタリングを無効にすることができます。

キャスト ユニット図を除くすべての図面タイプについて、図面ビューのセンタリングを手動で有効または無効にすることができます。キャスト ユニット図では、図面ビューのセンタリングは常に有効です。

図面レイアウト内のテーブルの表示/非表示を調整する

すべてのテーブルが同じ図面レイアウトを使用するすべての図面に関連しているわけでないため、必ずしも表示するの必要がない情報が図面レイアウトに含まれていることがあります。これらのテーブルは、非表示テーブルと呼ばれます。図面の内容が変更されると、これらのテーブルが再び表示されることがあります。たとえば、リビジョンを追加すると、テーブルが表示されることがあります。

デフォルトでは、非表示テーブルは、既知の幅とデフォルトの高さを持つシンプルなボックスとして表示されます。次の図では、上のテーブルは通常のテーブルで、下のテーブルは非表示テーブルです。

必要に応じて、非表示テーブルを図面レイアウトから完全に非表示にすることができます。

以下のいずれかの操作を行います。
目的 操作
非表示テーブルの表示と非表示を切り替える
  • [レイアウト エディター] サイド パネルで、[非表示テーブルを表示] の横の をクリックします。

  • 非表示テーブルを再び表示するには、[非表示テーブルを表示] の横にある をクリックします。

テーブル名の表示と非表示を切り替える
  • [レイアウト エディター] サイド パネルで、[テーブル名を表示] の横の をクリックします。

    テーブル名が非表示になります。

  • 非表示テーブルを再び表示するには、[テーブル名を表示] の横にある をクリックします。

    テーブル名が再び表示されます。

図面レイアウトの編集

ヒント:

ファイル フォルダー内の図面レイアウトを削除したり、名前を変更したりすることができます。モデル フォルダーの下の \attributes サブフォルダに移動し、適切な .lay ファイルを見つけて、ファイルを削除または名前変更します。

  1. [図面とレポート] タブで、図面のプロパティ > 図面レイアウト エディター をクリックします。
  2. [図面レイアウト] から、編集する図面レイアウトを選択します。
  3. 必要に応じて図面レイアウトを編集します。

    たとえば、テーブルを追加、移動、削除したり、図面サイズを変更したりできます。

  4. 図面レイアウトを保存するには、[レイアウト エディター] リボンで [名前を付けて保存] をクリックします。
  5. 編集したレイアウトを別の名前で保存する場合は、[レイアウトの保存] ダイアログ ボックスで [名前を付けてレイアウトを保存] ボックスに名前を入力します。

    レイアウトの新しい名前を入力しない場合、変更によって既存のレイアウト (.lay) ファイルが上書きされます。

  6. 現在のテーブル、図面ビューの余白、図面ビュー間のスペースを適用する図面サイズを選択します。
  7. 現在の図面レイアウト用に作成した図面サイズも印刷に使用できるようにするには、[印刷用にリストされたサイズと用紙サイズを同期] チェック ボックスをオンにします。

    Tekla Structures により新しい図面サイズが検出された場合、モデル フォルダーの下の \attributes フォルダーに Papersizesfordrawings.dat ファイルのコピーが作成されます。

    図面サイズと用紙サイズは、現在のモデルでのみ同期されます。

  8. 保存する をクリックします。

行った変更は、図面レイアウト (.lay) ファイルに保存されます。編集したレイアウトを使用するすべての図面は、変更に合わせて自動的に更新されます。

図面レイアウトの操作を続行したり、[レイアウトエディターを閉じる] をクリックしてレイアウト編集モードを閉じたりできるようになりました。

役に立ちましたか?
前へ
次へ