ドキュメント管理

Tekla Structures
2021
Tekla Structures

ドキュメント管理

ドキュメント管理を使用すると、図面や他の種類のドキュメントを効率的に管理できます。

たとえば、再構成、フリーズ、列の表示と非表示、一部のリスト データの直接編集、ドキュメントと図面のカテゴリーへの整理を行うことができます。図面を開くことができ、適切なアプリケーションがインストールされている場合は、PDF ファイル、NC ファイル、DWG ファイルなど、他の種類のファイルを開くこともできます。ドキュメント管理には、ワイルドカードと一般的な検索演算子をサポートした強力な検索ツールがあります。検索ベースのカテゴリーで検索結果を保存でき、手動でカテゴリーを作成することもできます。

ドキュメント管理を開く

次のいずれかの方法で、[ドキュメント管理] を開きます。

  • リボンの [図面とレポート] タブで、[ドキュメント管理] ボタンをクリックします。

  • [クイック起動] に「ドキュメント管理」と入力します。drawing list と入力することもできます。

  • 図面が開いている場合は Ctrl + O を押し、モデルが開いている場合は Ctrl + L を押します。ショートカットをカスタマイズすることもできます。[キーボードショートカット] ダイアログ ボックスで、document manager または drawing list と検索することで確認できます。

  • モデル内のオブジェクトを選択し、コンテキスト ツールバーを開いて [開く、または図面の作成] を選択します。次に、メニューで [選択オブジェクトの図面を表示...] を選択して、選択したオブジェクトの図面を [ドキュメント管理] に一覧表示します。

ドキュメント管理の内容のフィルター、並べ替え、調整

これを 実行するには

特定カテゴリーのドキュメントをリスト表示する

  • 左側でカテゴリーをクリックします。

  • Ctrl キーまたは Shift キーを押しながら複数のカテゴリーを選択することもできます。

  • ダイアログ ボックスの左上隅にある矢印をクリックして、カテゴリー リストを表示または非表示にできます。

  • [ドキュメント管理] の個別のカテゴリーでドキュメントを除外したり含めたりするには、カテゴリーを右クリックして [除く] または [含む] を選択します。たとえば、図面のみを表示して、その他のドキュメントを非表示にするには、[すべてのファイル] カテゴリーを右クリックして、[除く] を選択します。

モデル内のすべてのドキュメント (図面とファイル ドキュメントの両方) をリスト表示する

  • [すべてのドキュメント] カテゴリーをクリックします。

モデル フォルダー、プロジェクト フォルダー、企業フォルダー、またはシステム フォルダーのファイル DocumentManagerFileDocumentSettings.txt で、図面以外のどのドキュメント タイプが表示されるかを指定します。

モデル内のすべてのファイル ドキュメント (図面以外のドキュメント タイプのみ) をリスト表示する

  • [すべてのファイル] カテゴリーをクリックします。

モデル内のすべての図面をリスト表示する

  • [全ての図面] カテゴリーをクリックします。

更新済みの図面だけをリスト表示する

  • [最新状態の図面] カテゴリーをクリックします。

更新する必要がある図面をリスト表示する

  1. [最新状態の図面] カテゴリーをクリックします。
  2. [ドキュメントの表示/非表示を切り替え] スイッチをクリックします。

リストから選択したドキュメントのみをリスト表示する

  • [選択されているドキュメントのみ表示] スイッチをアクティブにします。スイッチがアクティブのとき、青い が表示されます。

    [選択されているドキュメントのみ表示] モードをアクティブにすると、アクティブな検索および選択したカテゴリーの条件と一致する場合に限り、作成または変更したドキュメントも [ドキュメント管理] に表示されることに注意してください。これらのドキュメントは、リストに選択されていない状態で表示され、既に選択されているドキュメントとは区別されます。

現在リストに表示されているドキュメントを非表示にして、他のすべてのドキュメントをリスト表示する

  • [ドキュメントの表示/非表示を切り替え] スイッチをアクティブにします。スイッチがアクティブのとき、青い が表示されます。

  • スイッチがアクティブのとき、青い が表示されます。スイッチの名前が [ドキュメントの表示/非表示のリセット] に変更され、同ボタンを再度クリックしたときに、表示が切り替わるのではなく、表示がリセットされることを示します。

  • カテゴリーをクリックするか手動検索状態になると、このスイッチは非アクティブになります。

  • [除く] コマンドを使用して [ドキュメント管理] から除外したドキュメントは、[ドキュメントの表示/非表示を切り替え] で無視されるため、表示されなくなります。

これ以降の変更を表示する

  • [ボタンが有効になったときに設定されたチェックポイント以降の変更を表示] スイッチをアクティブにします。このスイッチがアクティブのとき、スイッチがアクティブになった後に変更されたドキュメントが表示されます。
  • ドキュメント管理で [ボタンが有効になったときに設定されたチェックポイント以降の変更を表示] スイッチを有効にし、続いて無効にしたとき、次のメッセージが表示されます。「変更を表示」をオフにすると、変更のチェックポイントがリセットされ、チェックポイントがセットされた後に変更されたドキュメントの履歴が失われます。継続しますか?.[新しいカテゴリーの作成] を選択します。
  • このスイッチがアクティブの場合、ナンバリングを実行すると、状態が変更 (部材が変更された場合など) であるすべての図面が自動的にリストに表示されます。

ドキュメント リストをリセットする

  • [すべてのドキュメントの表示] ボタンをクリックします。

    これにより、ドキュメント リストがリセットされ、すべてのドキュメントが表示され、すべての検索とフィルターがクリアされます。除外されたカテゴリは、除外されたままになります。この機能は、マクロの記録時にドキュメント リストをデフォルトの状態に復元する便利な方法としても使用できます。

列の順序を変更する

  • 列の順序を変更するには、列を新しい位置にドラッグします。

列を並べ替える

  • 列を並べ替えるには、列の見出しをクリックします。小さい矢印は、その列が並び替えに使用されていることと並び順を示しています。

  • 複数の列で並べ替えるには、Shift キーを押しながら複数の列の見出しをクリックします。

列をフリーズする

  • 1 つ以上の列をフリーズして、選択した列の左側にある列が水平スクロールしないようにするには、列を右クリックして [この列でフリーズ] を選択します。

  • フリーズ解除するには、右クリックして [列のフリーズ解除] を選択します。

列の表示/非表示を切り替える

  • 列を非表示にするには、列を右クリックして [列を非表示] を選択します。

  • 非表示の列を表示するには、列を右クリックして [すべての列を表示] を選択するか、[列を表示] を選択してから表示する非表示の列を選択します。

  • 列の順序、表示・非表示、並び替え順は、モデル フォルダーにある、ユーザーが事前に設定したファイル DocumentManagerDataGridSettings_<user>.xml に保存されています。ユーザー固有の設定ファイルがない場合は、XS_SYSTEM 詳細設定に定義されているシステム フォルダーにある DocumentManagerDataGridSettings.xml からデフォルト値が読み込まれます。ユーザー設定ファイルは、すべての標準の場所 (モデル フォルダー、プロジェクト フォルダー、企業フォルダー、環境フォルダー) に配置できます。フォルダーの検索順序の詳細については、「フォルダーの検索順序」を参照してください。

時刻を表示する

  • 日付情報を表示する列を右クリックし、[時刻の表示] と、使用可能ないずれかのオプションを選択します。

    時間なし

    時間と分

    時間、分、秒

プロパティが日付のみをサポートし、時間をサポートしない場合、このオプションは使用できません。

[ドキュメント管理] のリスト データを直接編集する

  1. まず、編集スイッチ がアクティブになっていることを確認します。
  2. 次に、[名前]、[タイトル 1] - [タイトル 3]、[フリーズ]、[ロック]、[出図準備完了] などの編集するセル データ、または、日付セルなどの図面 UDA から取得されるセルをクリックします。

編集スイッチ が [ドキュメント管理] でアクティブになっているとき、編集できないセルにマウス ポインターを移動すると、カーソルが変化してセルを編集できないことを示します。

図面ビューをモデルに表示する

  1. ドキュメント リスト内で 1 つ以上の図面を選択します。
  2. [ドキュメント管理] ウィンドウの右上隅にある [モデルに図面ビューを表示] ボタンをクリックします。このボタンがアクティブになると、色が変わります。

    選択した図面のビューがモデルに表示されます。その後、直接修正を使用して、現在開いているモデル ビューで選択した各図面内に含まれるすべてのビューのビュー範囲とビュー平面を操作できます。

図面またはその他のドキュメントの削除

図面またはファイル ドキュメントを選択し、 [削除] をクリックする か、右クリックして [削除] を選択します。

図面とファイル ドキュメントの両方を選択した場合、図面およびファイル ドキュメントで別個の確認メッセージが表示されます。

Shift キーを押しながら [削除] を選択した場合、Tekla Structures によりドキュメントの削除の確認は求められません。

ドキュメントの検索

上部の検索ボックスを使用して目的のドキュメントを検索します。現在リストに表示されているドキュメントのみが検索されます。

検索では大文字と小文字が区別されず、部分一致が適用されます。たとえば、文字列「con」で検索すると、「concrete」および「second」と一致します。

検索語の間にスペースを使用すると、演算子 AND は必要ありません。たとえば、文字列「steel grade」で検索すると、「steel beam grade」と一致しますが、「steel beam」とは一致しません。

特定の日付範囲内にあるドキュメントや正確な日付に対応するドキュメントを検索したり、複数の検索文字列を指定したりできます。

検索文字列を保存すると、よく検索する文字列を繰り返し入力する必要がなくなります。これを行うには、現在の検索を新しいカテゴリーとして保存します。既存のカテゴリーを組み合わせて、より複雑なクエリーを簡単に作成することもできます。

ワイルドカードと演算子

使用できるワイルドカードと演算子の説明や例については、以下の表を参照してください。

表記 説明

*

0 文字~任意の文字数と一致します。

たとえば、「H*T」は hotheatheavy lifter と一致します。

?

任意の 1 文字と一致します。

たとえば、「B?-1」は B1-1、B2-1、Bb-1 と一致します。

[]

一致グループを定義します。一致グループは、ブラケットの間に指定された文字セットのうち任意の 1 文字と一致します。

たとえば、「A[ABC]1」は AA1、AB1、AC1 と一致します。

AND

両側の検索式と一致する必要があります。これはデフォルトの演算子であり、検索文字列に入力する必要はありません。

たとえば、「steel AND grade」では、steel grade S235JR を含む図面が検出されますが、grade S235JR steel S235JR を含む図面は検出されません。

または

片方の検索式と一致する必要があります。

たとえば、「steel OR grade」(または steel grade) では、grade S235JRsteel grade S235JR、または steel S235JR を含む図面が検出されます。

!

これは NOT 演算子です。

検索からの除外を指定する場合に使用します。たとえば、「!steel」は、文字列「steel」を含むドキュメントを除外して検索することを意味します。

()

検索式がグループ化されます。

括弧 () を使用して複雑な式を作成します。

例:「(B2 AND concrete) OR B3」は、B3 を含むすべての図面に加えて、コンクリートに言及している B2 図面のサブセットと一致します。

""

引用符で囲まれた特殊文字を無効にします。

スペースを含むフレーズに使用するか、この表にワイルドカードまたは演算子としてリストされている文字を検索する場合に使用します。

たとえば、「マーク: "2 - 1"」は [B.2 - 1] や [C.2 - 1] などを含む図面と一致します。

<プロパティ名>:

<プロパティ名> を表示されたプロパティのいずれかに置き換えて、検索範囲をそのプロパティに限定します。

プロパティの内部名 (検索名) に基づいてドキュメントを検索できます。検索名は、マウス ポインターをプロパティ列の見出しに合わせるとツールティップに表示されます。検索名では大文字小文字が区別されます。

たとえば、「CreationDate: 11/20/2020」は、2020 年 11 月 20 日に作成された図面と一致します。

<

未満。

たとえば、「CreationDate: < 11/20/2020」は、2020 年 11 月 20 日より前に作成された図面と一致します。

>

を超える。

たとえば、「CreationDate: > 11/20/2020」は、2020 年 11 月 20 日より後に作成された図面と一致します。

=

完全一致。ワイルドカードと部分一致を無効にします。

たとえば、「CreationDate: = 11/20/2020」は、2020 年 11 月 20 日に作成された図面と一致し、Mark: = [B.2 - 1] は [B.2 - 1] を含む図面とのみ一致します。

ワイルドカードとしてアスタリスク (*) を入力した場合、文字 * と見なされます。

<=

以下。

たとえば、「CreationDate: <= 11/20/2020」は、2020 年 11 月 20 日以前に作成された図面と一致します。

>=

以上。

たとえば、「CreationDate: >= 11/20/2020」は、2020 年 11 月 20 日以降に作成された図面と一致します。

<<inv>>

インバリアント (言語に依存しない) 検索。

異なる言語で記述されたフィールドと一致させる場合に使用します。

詳細については、以下を参照してください。

日付と時刻での検索

  • Tekla Structures で使用している日付と時刻の形式に応じて、日付と時刻は 2 つの異なる方法で検索できます。

    • 日付の場合は dd.mm.yyyy または mm/dd/yyyy (例: 30.11.2018 または 11/30/2018)
    • 時刻の場合は hh:mm:ss または hh:mm:sspmhh:mm:ssam (例: 17:34:45 または 05:34:45pm)
  • 詳細設定 XS_​IMPERIAL_​DATE および XS_IMPERIAL_TIME は、どの日付と時刻の形式が有効になっているかを確認する点に注意してください。有効な形式のみが使用されます。つまり、インペリアル日付が有効な日付形式である場合、インペリアル日付以外の日付は無視されます。

  • 日付の一部や日付範囲を入力することもできます。

    • 2018:その年の任意の日付と時刻
    • 6.2018 (または 6/2018): その月の任意の日付と時刻
    • 24.06.2018 (または 06/24/2018: 指定された日の任意の時刻
    • "06.06.2018 14" :06.06.201814:00 から 14:59 の範囲の任意の時刻。引用符を使用する必要があることに注意してください。引用符を使用しないと、スペースが検索式の末尾と見なされます。

複雑な検索例

Mark: FP !??FP」では、FP で始まるすべてのマークが検出されます。この検索は、[FP123] および [FPZ23] と一致しますが、[AB123FP] とは一致しません。

インバリアント検索値

検索構文 <<inv>>(...) を使用すると、ドキュメントを検索して、使用されている言語に関係なく同じように機能するカテゴリーを作成できます。

インバリアント <<inv>>(...) 検索で使用できる値を以下に示します。

  • プロパティ名: IssuedStatus

    • NotIssued
    • Issued
    • IssuedButModified
  • プロパティ名: DrawingUpToDateStatus

    • DrawingIsUpToDate
    • PartsWereModified
    • DrawingIsUpToDateButMayNeedChecking
    • IncludedDrawingModified
    • OriginalPartDeleted
    • AllPartsDeleted
    • NumberOfPartsInNumberingSeriesIncreased
    • NumberOfPartsInNumberingSeriesDecreased
    • DrawingWasCloned
    • DrawingWasUpdated
    • CopiedViewChanged
    • DrawingWasSplitted
    • MovedViewDeleted
    • MovedViewLabelChanged
  • プロパティ名: Changes

    • DrawingUpToDateStatus および IssuedButModified と同じ値
  • 日付と時刻の検索では、非インペリアル形式のみ使用できます (dd.mm.yyyy および hh:mm:ss):

    • <<inv>>(10.5.2017)
    • インバリアント検索では、詳細設定 XS_​IMPERIAL_​DATE および XS_​IMPERIAL_​TIME は無視されます。

[フリーズ]、[ロック]、[出図準備完了]、および [マスター図面] では、インバリアント検索と通常の検索で次の値を検索できます。

  • True
  • False

検索ベースのドキュメント カテゴリーの作成

ドキュメント管理にはデフォルトのカテゴリーがあり、検索文字列を保存することで独自のカテゴリーを作成できます。

検索ベースのカテゴリーを作成するには、次のようにします。

  1. 分類するドキュメントを検索するための検索文字列を入力します。

    使用できるワイルドカードと演算子の詳細については、上記の検索に関する説明を参照してください。

  2. 左側のカテゴリー リスト内で右クリックして、[新規] を選択します。
  3. カテゴリー プロパティを定義します。
    • 名前:カテゴリー リストに表示する名前を入力します。頭マーク albl_ で始まる翻訳キーを使用すると、DocumentManager.ail (\messages\DotAppsStrings\ 内) に翻訳が見つかった場合、名前が翻訳されます。有効な翻訳キーを使用している場合、翻訳がダイアログ ボックスに表示されます。
    • 検索文字列:目的のドキュメントのリストを指定する検索文字列をここに入力します。新しいカテゴリーのデフォルトには、有効な検索文字列が使用されます。[テスト] ボタンをクリックすると文字列をテストできます。[検索文字列] ボックスは空にしないでください。
    • ツールティップ(オプション):カテゴリーにマウス ポインターを重ねると表示されるテキスト。頭マーク albl_ で始まる翻訳キーを使用すると、DocumentManager.ail に翻訳が見つかった場合、ツールティップが翻訳されます。有効な翻訳キーを使用している場合、翻訳がダイアログ ボックスに表示されます。
    • グループ:カテゴリーのグループを指定する数字を入力します。カテゴリー リスト内の異なるグループ間には区切り文字を使用します。

      新しいカテゴリーのデフォルト値は 0 です。負の値も使用できます。

    • 並び替えインデックス:カテゴリー リスト内のカテゴリーの位置を指定する数字を入力します。数字が小さいカテゴリーほど、カテゴリー リスト内の上位に配置されます。カテゴリーは、まず [グループ] で並べ替えられ、次に [並び替えインデックス]、さらに [名前] で並べ替えられます。

      新しいカテゴリーのデフォルト値は 0 です。負の値も使用できます。

    • 結合演算子:AND または OR を入力します。一度に複数のカテゴリーを選択すると、OR ルールのあるカテゴリーがまず結合され、次に AND ルールのあるカテゴリーが結合されます。
    • 関連タイプ:カテゴリの関連タイプを変更します。オプションは、[検索のみ]、[手動のみ]、および [手動と検索] です。カテゴリ タイプの変更の詳細については、以下の「カテゴリの関連タイプの変更」を参照してください。
    • 削除の許可:これを選択した場合、カテゴリー リストでカテゴリーを右クリックして、そのカテゴリーで [削除] コマンドを使用できます。

    カテゴリー内のすべての変更は、現在のモデル フォルダの DocumentManagerCategories_<user>.xml に保存されます。そのファイルの名前を DocumentManagerCategories.xml に変更し、詳細設定 XS_PROJECTXS_FIRM、または XS_SYSTEM で定義したフォルダに移動したり、現在のモデル フォルダに保持したりできます。デフォルトのカテゴリは、詳細設定 DocumentManagerCategories.xml で定義されているシステム フォルダーにある XS_SYSTEM で定義されています。フォルダーの検索順序の詳細については、「フォルダーの検索順序」を参照してください。

  4. [上書き保存] をクリックします。

マークに文字 B を含む、すべての製品図をリスト表示するカテゴリーの例を次に示します。

手動のドキュメント カテゴリーの作成

検索を使用して分類するのが困難なドキュメントのドキュメント カテゴリーをドキュメント管理で使用したい場合があります。ドキュメントを選択するだけで、手動のカテゴリーを作成してそこにドキュメントを追加できます。既存の手動で作成されたカテゴリーに対してドキュメントの追加や削除を行ったり、検索ベースのカテゴリーと手動のカテゴリーの両方についてカテゴリーを結合したりすることもできます。手動のカテゴリーには図面とファイル ドキュメントの両方を含むことができます。

たとえば、[ボタンが有効になったときに設定されたチェックポイント以降の変更を表示 ] 機能を [ドキュメント管理] で有効にした場合、手動でカテゴリを作成することが役立ちます。一部のドキュメントが変更およびリスト表示された場合に、変更されたドキュメントを手動カテゴリに追加できます。
目的 操作

新しい手動のカテゴリーを作成してそこにドキュメントを追加する

リストからドキュメントを選択し、右クリックして [手動カテゴリー > 新規に追加] を選択します。次にカテゴリの名前、オプションのツールティップを入力し、その他の必要な設定を定義します。次に、[保存する] をクリックします。

オプションは検索ベースのカテゴリーのものと同一ですが、関連付けられているドキュメントがある場合は、検索文字列に関する機能と [テスト] ボタンがありません。関連付けられているドキュメントがない場合、検索コントロールが表示され、カテゴリーは検索ベースのカテゴリーにも手動のカテゴリーにもなります。

新しく作成した、または変更した手動のカテゴリーは、現在のモデル フォルダーの下の DocumentManagerCategories_<user>.xml ファイルに保存されます。

最近変更されたドキュメントを新しい手動のカテゴリーに保存する

ボタンが有効になったときに設定されたチェックポイント以降の変更を表示で [ドキュメント管理] スイッチを有効にし、続いて無効にしたとき、次のメッセージが表示されます。「変更を表示」をオフにすると、変更のチェックポイントがリセットされ、チェックポイントがセットされた後に変更されたドキュメントの履歴が失われます。継続しますか?.[新しいカテゴリーの作成] を選択します。

スイッチをオフにして、履歴を削除することもできます。

手動のカテゴリーを編集する

カテゴリー リストでカテゴリーを右クリックして、[編集] を選択します。

ドキュメントを既存の手動のカテゴリーに追加する

リストからドキュメントを選択し、右クリックして [手動カテゴリー > 既存に追加] を選択して、目的のカテゴリを選びます。

すべての互換性のある手動のカテゴリーが表示されます。選択したドキュメントを複数のカテゴリーに追加できます。

ドキュメントを手動のカテゴリーから削除する

リストからドキュメントを選択し、右クリックして [手動カテゴリー > 外す] を選択し、削除するドキュメントのカテゴリを選びます。

最初に手動のカテゴリを選択して、それらのカテゴリにあるすべてのドキュメントを表示し、リストを右クリックして [手動カテゴリー > 選択対象から削除] を選択することもできます。

手動のカテゴリーを削除する

カテゴリー リストでカテゴリーを右クリックして、[削除] を選択します。

以前に保存した手動のカテゴリーを読み込む際にドキュメント ID が見つからない場合、手動のカテゴリーと見つからないドキュメントのドキュメント ID を特定するエントリがドキュメント管理ログに書き込まれます。この状況は、ドキュメント管理が開かれていないときに図面またはファイル ドキュメントが削除され、そのドキュメントが手動のカテゴリーで参照されているときに発生する場合があります。

カテゴリの関連タイプを変更する

[関連タイプ ] の設定を [カテゴリを編集] および [新しいカテゴリー ダイアログ ボックスで使用して、カテゴリが検索ベース、手動、またはその両方であるかどうかを定義します。

  • カテゴリ タイプが [検索のみ ] または [手動と検索] の場合、[検索文字列 ] をダイアログ ボックスで定義する必要があります。

  • ドキュメント リストからドキュメントを選択してカテゴリを作成した場合、関連タイプはデフォルトで [手動のみ ] となります。

  • カテゴリ リストからカテゴリを作成した場合、関連タイプはデフォルトで [検索のみ ] となります。

  • 関連タイプは後で変更できます。タイプを [検索のみ ] から [手動のみ] に変更した場合、その特定のカテゴリの [検索文字列 ] はクリアされる、というメッセージが表示されます。タイプを [ 手動のみ検索のみ データベースまたは 手動と検索] の場合、[検索文字列.

ドキュメント管理内に関連する図面があるモデル オブジェクトの検索

ドキュメント管理を使用して、関連する図面があるモデルのオブジェクトを特定できます。

作業を開始する前に、 [部材の選択] 選択スイッチだけがアクティブであることを確認します。大きなモデルの場合、他のスイッチもアクティブになっていると部材選択が完了するまでに時間がかかる場合があります。

  1. すべてのオブジェクトが明瞭に表示されるモデル ビューを開きます。
  2. 以下のいずれかの操作を行います。
    • ドキュメント管理で個別の図面を選択し、 [選択図面のモデル内のオブジェクトを選択します] をクリックして、個別の図面に関連するオブジェクトをハイライトします。

    • ドキュメント管理ですべての図面を選択し (Ctrl + A)、 [選択図面のモデル内のオブジェクトを選択します] をクリックして、関連する図面のあるすべてのオブジェクトをハイライトします。

    ヒント:
    • 検索されたオブジェクトをモデル内でより明確に表示するには、モデルを右クリックし、[選択オブジェクトのみ表示] を選択します。これにより、[選択図面のモデル内のオブジェクトを選択します] コマンドで検索された部材のみが表示され、他のすべてが非表示になります。
    • 上記の手順の完了後、Ctrl キーを押しながらモデル全体を選択 (マウスの左ボタンを押しながら左から右にドラッグ) すると、図面のないオブジェクトをハイライト表示できます。

モデル内で選択したオブジェクトに関連する図面の検索

モデル内で選択したオブジェクトに関連する図面だけをリスト表示できます。この方法により、特定の部材、製品、キャスト ユニットに関連付けられている図面を簡単に識別できます。

  1. すべてのオブジェクトが明瞭に表示されるモデル ビューを開きます。
  2. モデル内の目的のオブジェクトを選択します。
  3. [ドキュメント管理] で [モデル内で現在選択されている部材を含む図面のみを選択し、表示します] をクリックします。

    Tekla Structures により、モデルで選択したオブジェクトに関連する図面だけが選択されて表示されます。結果は選択したカテゴリーによっても異なります。つまり、一般図カテゴリーのみを選択した場合、一般図のみがリストに表示されます。

ヒント:

コンテキスト ツールバーを使用して、選択したモデル オブジェクトの図面を [ドキュメント管理] に表示することもできます。[開く、または図面の作成] をクリックし、表示されたメニューから [選択オブジェクトの図面を表示...] を選択します。

ドキュメントを開く

図面を開くには、次のいずれかの操作を行います。

  • 図面をダブルクリックします。
  • リストから図面を選択し、最下部にある [開く] ボタンをクリックします。
  • リストで図面を右クリックして [開く] を選択します。
  • リスト内の前または次の図面を開くには、[前の図面を開く] ボタンをクリックするか、下部の [次の図面を開く] ボタン をクリックします。

更新された図面を開き直すこともできます。

  • 図面を開いていて、その図面を手動で編集した場合は、ドキュメント管理を開いて、同じ図面を再度開きます。

関連するソフトウェアがインストール済みの場合、NC ファイル、DWG ファイル、または PDF ファイルなどの他のドキュメントも開くことができます。以下のいずれかの操作を行います。

  • ドキュメントをダブルクリックします。
  • リストからドキュメントを選択し、最下部にある [開く] ボタンをクリックします。
  • リストでドキュメントを右クリックして [開く] を選択します。

選択したファイル ドキュメントのフォルダを Windows エクスプローラーで開くには、ドキュメントを右クリックして [フォルダを開く] を選択します。

出図、ロック、フリーズ、および出図準備完了としてマーク

  • リストから図面を選択し、図面の横にある該当する列をクリックすると、ロック、フリーズ、または出図準備完了としてマークできます。これを行うには、まずリストの編集スイッチ がアクティブになっていることを確認します。図面を右クリックしてコンテキスト メニューからコマンドを選択するか、上部のボタンを使用して簡単にアクセスすることもできます。ボタンの横にある矢印をクリックすると、上部のボタンを非表示にできます。

これらの機能の詳細については、以下のリンクをクリックしてください。

図面に出図準備完了のマークを付ける

図面の出図

図面のフリーズ

図面のロック

図面の改訂

  • 図面を改訂するには、図面を選択し、[リビジョン] ボタンをクリックします。図面の改訂時に、リビジョン変更に関する情報を図面に関連付けることができます。この情報は、Tekla Structures でリビジョン番号またはリビジョン マークと共に表示されます。リビジョン日がリビジョン テーブルに表示されます。リビジョン番号またはリビジョン マークがドキュメント管理に表示され、リビジョン情報をレポートに含めることができます。

図面の改訂の詳細については、「図面の改訂」を参照してください。

ドキュメント管理の行をクリップボードにコピー

ドキュメント管理のリストからデータをコピーし、スプレッドシート アプリケーションなど別のアプリケーションにそのデータを貼り付けることができます。

  1. ドキュメント管理のリストで多数のドキュメントを選択します。
  2. 右クリックして [クリップボードに行をコピー] を選択します。
  3. 他のアプリケーションを開き、そこに行データを貼り付けます。

一般図の作成

ドキュメント管理で、一般図を迅速かつ簡単に作成できます。

  1. [ドキュメント管理] で [一般図作成] をクリックします[一般図作成] ダイアログ ボックスが表示されます。
  2. 一般図が必要なモデル ビューを選択し、[作成] をクリックして図面を作成します。

ドキュメント管理に含めるファイル ドキュメントの設定

設定ファイル DocumentManagerFileDocumentSettings.txt によって、どのファイル ドキュメントがドキュメント管理に含まれるか指定します。検索するフォルダーも、このファイルで指定します。このファイルは、標準の検索場所 (モデル フォルダー、プロジェクト フォルダー、企業フォルダー、システム フォルダー) のいずれかにあります。デフォルトでは、このファイルは詳細設定 XS_SYSTEM で定義されているシステム フォルダーにあり、そこからモデル フォルダー、プロジェクト フォルダー、企業フォルダー、またはシステム フォルダーにコピーして変更できます。フォルダーの検索順序の詳細については、「フォルダーの検索順序」を参照してください。

各行の形式は、<folder_path>\*.<file_name_extension>|<include_subfolders> です。

  • <folder_path> は相対パスまたは絶対パスです。相対モデル サブフォルダは、先頭にピリオド (.) を使用して指定できます。
  • *.<file_name_extension> は、使用できるファイル タイプを指定します。標準のワイルドカード ? および * を使用できます。
  • <include_subfolders> は、サブフォルダが含まれているかどうかを指定します。サブフォルダを含める場合は、 true を設定し、サブフォルダを含めない場合は、 false を設定します。

例:

.\Plotfiles\*.dxf|false

.\DSTV_Profiles\*.nc1|false

.\DSTV_Plates\*.nc1|false

ドキュメント管理の列に表示する図面 UDA の設定

DocumentManagerUDAs*.txt ファイルは、ドキュメント管理の列に表示される図面 UDA を指定します。ファイル名は DocumentManagerUDAs.txt または DocumentManagerUDAs_<suffix>.txt で、<suffix> は任意の文字列です。これらのファイルは、詳細設定 XS_FIRMXS_PROJECTXS_SYSTEMXS_INP で指定されているフォルダー、またはモデル フォルダーに配置できます。デフォルトでは、DocumentManagerUDAs.txt は詳細設定 XS_INP で定義されている \inp フォルダーにあり、そこからモデル フォルダー、プロジェクト フォルダー、企業フォルダー、またはシステム フォルダーにコピーして変更できます。検索された各ファイルの内容は結合されます。フォルダーの検索順序の詳細については、「フォルダーの検索順序」を参照してください。

このファイルに必要なすべての図面 UDA を、1 行に 1 ユーザー定義情報ずつリスト表示します。ユーザー定義情報名では大文字と小文字が区別されます。ユーザー定義情報は objects.inp ファイルに存在している必要があります。

共通環境の DocumentManagerUDAs.txt ファイルの例を次に示します。

DR_APPROVAL_DATE

DR_APPROVAL_SENT

DR_APPROVED_BY

DR_ASSIGNED_BY

DR_ASSIGNED_TO

DR_CHECKED_BY

DR_CHECKED_DATE

DR_DRAWN_BY

comment

図面の UDA の詳細については、「図面内のユーザー定義情報」を参照してください。

ドキュメント管理ログ

ドキュメント管理機能で発生するすべてのエラーは、現在のモデル フォルダーの下のドキュメント管理ログ ファイル \logs\DocumentManager_<user>.log に保存されます。このログ ファイルは、読み込まれたすべての設定ファイル (DocumentManagerUDAs*.txtDocumentManagerFileDocumentSettings.txtDocumentManagerDataGridSettings*.xmlDocumentManagerCategories*.xml) のフル パスもリスト表示します。これは、ドキュメント管理の検索対象の設定ファイルを確認するのに役立ちます。このログから、ある設定ファイルを検索できるかどうかもわかります。

ログ ファイルのサイズは制限され、最大サイズに達すると \logs\DocumentManager_<user>.bak.log としてアーカイブされます。

例:

Loading UDA settings file C:\TeklaStructuresModels\New model 3\DocumentManagerUDAs.txt
Loaded column layout settings from file: C:\TeklaStructuresModels\New model 3\DocumentManagerDataGridSettings_user.xml
Loaded frozen column name: Title1 from file: C:\TeklaStructuresModels\New model 3\DocumentManagerDataGridSettings_user.xml
Loaded the column sort order settings from file: C:\TeklaStructuresModels\New model 3\DocumentManagerDataGridSettings_user.xml
Loaded 16 document categories from file: C:\TeklaStructuresModels\New model 3\DocumentManagerCategories_user.xml
No DocumentManagerFileDocumentSettings.txt file found. File documents will not be shown.

図面状態フラグと関連ステータス メッセージ

フラグ フラグが表示された列 [変更内容] 列の表示 説明

部材変更

図面内の部材が変更されています。たとえば、部材の追加や削除、部材プロパティ変更などです。

[員数変更(+)] または

員数変更(-)

実際の図面は最新の内容になっていますが、同一部材の数が変更されています。

部材削除(全部材)

図面に関連する部材がすべてモデルから削除されました。

図面がロックされているため、開いて編集できません。

[ロック元] 列を参照すると、図面にマークを付けたユーザーを確認できます。

図面がフリーズされています。モデル オブジェクトに変更が行われ、そのモデル オブジェクトに図面オブジェクトが関連付けられている場合、モデル オブジェクトに対する変更は図面に反映されなくなります。

図面が [マスター図面カタログ] にマスター図面として追加されています。

図面は更新されました

図面に出図準備完了のマークが付けられています。[準備完了: 出図者] 列を参照すると、図面にマークを付けたユーザーを確認できます。

図面は更新されました

図面が更新されました。

リンク元の変更

この図面にリンクされている図面があり、その図面が変更されています。

コピー元の変更

コピーされているビューが変更されています。

図面は複製されました

図面が複製図面です。

図面を保存して閉じるとこのフラグは消えます。

図面が出図されました。現場や工場に出図済みの図面を出図し直す場合です。

出図図面への変更

出図済みの図面が編集または変更されました。

ドキュメント管理で使用可能な他の機能

Was this helpful?
前へ
次へ