図面とファイル ドキュメントの削除

Tekla Structures
2021
Tekla Structures

図面とファイル ドキュメントの削除

不要になった図面や他のファイル ドキュメントがある場合、[ドキュメント管理] から削除できます。

注: 設定によっては、ドキュメント管理からの図面や他のファイル ドキュメントの削除が許可されません。
  1. ドキュメント管理で、削除する図面や他のファイル ドキュメントを選択します。
  2. 右クリックして [削除] を選択するか、[ドキュメント管理] ウィンドウの下部にある [削除] ボタンをクリックします。
  3. Tekla Structures で削除の確認を求められた場合は、[はい] を選択します。

    Shift キーを押しながら [削除] を選択した場合、Tekla Structures によりドキュメントの削除の確認は求められません。

    図面とファイル ドキュメントの両方を選択した場合、図面およびファイル ドキュメントで別個の確認メッセージが表示されます。

ファイル ドキュメント ファイルは、対応するフォルダからすぐに削除されます。.dg ファイルは \drawings フォルダからすぐには削除されず、デフォルトでは 7 日後に削除されます。シングル ユーザー モードですぐに削除する場合、[クイック起動] で「不要な図面ファイルの削除」と入力します。

図面ファイルが削除されるかどうかを制御する詳細設定は、XS_DELETE_UNNECESSARY_DG_FILES です。図面ファイルが削除される頻度を制御する詳細設定は、XS_DELETE_UNNECESSARY_DG_FILES_SAFETY_PERIOD です。

マルチ ユーザー モードで作業している場合は、「マルチユーザー モードで不要な図面ファイルを削除する」を参照してください。

ヒント:

一部の一般図を削除した後、一般図の図面番号を振り直す場合、モデリング モードで [クイック起動] にすべての一般図の図面番号を振り直すと入力し、Enter キーを押します。このコマンドでは、作成順に基づいて、すべての一般図に番号 1 から図面番号を振り直します。このコマンドが使用できるのは、シングルユーザー モードのみです。

[すべての一般図の図面番号を振り直す] コマンド実行前の [ドキュメント管理] リスト

[すべての一般図の図面番号を振り直す] コマンド実行後の [ドキュメント管理] リスト

Was this helpful?
前へ
次へ