図面にスケッチ オブジェクトを描画する

Tekla Structures
2021
Tekla Structures

図面にスケッチ オブジェクトを描画する

スケッチ ツールを使用すると、開いている図面で、線、単一の連続線、パターン線、ポリゴン、ポリライン、長方形、円、円弧、クモ マーク、修正長方形、修正線、修正ポリゴン、および修正ポリラインを作成できます。

  1. Shift キーを押しながら、[図面] タブで、次のいずれかのコマンドをクリックして、まずオブジェクト プロパティを変更します。
    • ライン > 線の作成:指定した 2 点間に単線をスケッチします。

    • ライン > 連続して単線を描画:現在のライン プロパティを使用して、複数の単線を一度に作成します。中断するには、Esc キーを押します。Tekla Structures により、連続した線が別々の線分として作成されます。[部材結合] コマンドを使用すると、線分を 1 つに結合できます。

      単一の連続線ツールの場合、プロパティダイアログボックスを開くには、その前 Shift キーを押し、リボンのコマンドをクリックして線を作成する必要があります。通常の単線のプロパティから連続線のプロパティを変更できます。

    • ライン > パターンライン:現在のパターン ライン プロパティを使用して選択したパターンを含む線をスケッチします。

      ヒント: 新しいパターンが必要な場合は、[パターンラインエディタ] を使用して作成します ([ファイル] > エディタ > パターンラインエディタ)。

    • 四角形の作成:ピックした 2 点間に四角形をスケッチします。横向きおよび縦向きの四角形を作成できます。
      • ハンドルをドラッグして四角形のサイズを変更できます。
      • 四角形を単線に分解できます。
      • 四角形を回転させるには、[図面] タブで [移動 > 回転] をクリックします。
    • 中心と半径を基準に円を描画:最初に中心点をピックし、次に円上の点をピックして半径を指定することで、円をスケッチします。

    • 3点を基準に円を描画:ピックした 3 点を時計回りまたは反時計回りに通る円をスケッチします。

    • 終点と中心を基準に円弧を描画:最初に 2 つの端点を指定し、次に中心点を指定することで、円弧をスケッチします。中心点により、円弧が属する円の中心点が指定されます。

    • 3点を基準に円弧を描画:ピックした 3 点を時計回りまたは反時計回りに通る円弧をスケッチします。

    • ポリラインの作成:現在のポリライン プロパティを使用して、直線セグメントを持つ線をスケッチします。曲線ポリラインを作成する場合には、[膨らみ] 係数を設定する必要があります。

      • ポリラインをスケッチする際に、以下のことを行えます。
        • Ctrlキーを押しながら一時的な線上の点をクリックすることで、一時グラフィック点にスナップして、これらの点を参照点として設定する。
        • DWGオブジェクトとTekla Structures建築オブジェクトを使用して、複数の参照点を設定する。
        • Ctrlキーを押しながら点をクリックすることで、参照点を削除する。
        • ポリラインの始点をクリックしてポリゴンを作成する。
      • 右クリックして [削除] を選択することで、選択した角となる点を削除できます。
      • ポリラインのハンドル点をドラッグしてハンドルを追加できます。 ハンドルをドラッグしてポリラインの形状を変更できます。
      • ポリラインを別々の直線に分解し、ポリラインを結合して閉じたポリゴンを作成できます。

    • ポリゴンの作成:現在のポリゴン プロパティを使用して、角を指定してポリゴンをスケッチします。ポリゴンを閉じるには、始点を再度指定するか、マウスの中ボタンをクリックします。

      • ポリゴンをスケッチする際に、以下のことを行えます。
        • Ctrlキーを押しながら一時的な線上の点をクリックすることで、一時グラフィック点にスナップして、これらの点を参照点として設定する。
        • DWGオブジェクトとTekla Structures建築オブジェクトを使用して、複数の参照点を設定する。
        • Ctrlキーを押しながら点をクリックすることで、参照点を削除する。
      • 右クリックして [削除] を選択することで、選択した角となる点を削除できます。
      • ポリゴンのハンドル点をドラッグしてハンドルを追加できます。 ハンドルをドラッグしてポリゴンの形状を変更できます。
      • ポリゴンを単線に分解できます。
    • クラウドの作成:ピックした点を通るクモ マークをスケッチします。マウスの中ボタンをクリックして、クモ マークを閉じます。クモ マークでは、[膨らみ] 係数を設定する必要があります。

    • 修正長方形の作成:図面で建築オブジェクトのアウトラインを簡単に非表示にできます。この機能を使用するには、コマンドを選択して、非表示にする建築オブジェクトのアウトラインを覆うように不透明の四角形領域をスケッチします。ハンドルをドラッグして四角形のサイズを変更できます。

    • 修正線の作成:図面で建築オブジェクトのアウトラインを簡単に非表示にできます。この機能を使用するには、コマンドを選択して、非表示にする建築オブジェクトのアウトラインを覆うように不透明のラインをスケッチします。

    • 修正ポリゴンの作成:図面で建築オブジェクトのアウトラインを簡単に非表示にできます。この機能を使用するには、コマンドを選択して、非表示にする建築オブジェクトのアウトラインを覆うように不透明のポリゴンをスケッチします。ハンドルをドラッグしてポリゴンの形状を変更できます。

    • 修正ポリラインの作成:図面で建築オブジェクトのアウトラインを簡単に非表示にできます。この機能を使用するには、コマンドを選択して、非表示にする建築オブジェクトのアウトラインを覆うように不透明のポリラインをスケッチします。ハンドルをドラッグしてポリラインの形状を変更できます。修正ポリラインを別々の直線に分解したり、修正ポリラインを結合して修正ポリゴンを閉じたりすることもできます。

  2. [OK] または [適用] をクリックします。
  3. ステータスバーのメッセージに従ってオブジェクトをスケッチします。

スケッチ ツールの使用中

  • オブジェクトの寸法は、オブジェクトを描画するとき、またオブジェクトを選択すると表示されます。オブジェクトの寸法を非表示にするには、図面で新しい [グラフィック オブジェクト寸法を切り替え] コマンドを使用します。[クイック起動] に移動し、「toggle graphical object dimensions」の入力を開始して、表示されたリストから [グラフィック オブジェクト寸法を切り替え] コマンドを選択するか、Control+d ショートカット コマンドを使用してコマンドのオンとオフを切り替えます。寸法が表示されている場合は、ステータス バーに小さい [d] が表示されます。
  • 直交スナップを有効にするには、スケッチ中に O キーを押して直交角度を表示します。[図面スナップ対象設定] ([ファイル] > 設定 > スナップ対象設定) では、スナップの間隔およびカスタム角度を定義できます。
  • スケッチ オブジェクトを他のビューにコピーするときにはビューの縮尺が考慮されます。このため、オブジェクトの縮尺および関連する数値情報はターゲット ビューの縮尺に調整されます。

  • 一般的に、スケッチ オブジェクトの寸法では、図面の寸法設定が考慮されます。 たとえば、単位を他の寸法と同じ方法で制御することができます。

  • スケッチ オブジェクト (グラフィック オブジェクト) どうしの順序およびスケッチ オブジェクトと建築オブジェクトの順序を変更することもできます。スケッチ オブジェクトを前方 (他のスケッチ オブジェクトの前) または後方 (他のスケッチ オブジェクトの後) に移動することができます。スケッチ オブジェクトを建築オブジェクトの後または建築オブジェクトの前に移動することもできます。同じ方法で、DWG およびイメージの順序を変更することもできます。詳細については、「図面でスケッチ オブジェクトの順序を変更する」を参照してください。
役に立ちましたか?
前へ
次へ