図面へのリンクの追加

Tekla Structures
2021
Tekla Structures

図面へのリンクの追加

図面には、次の種類のリンクを追加できます。

  • テキスト ファイルへのリンク
  • 他の図面へのリンク
  • インターネット (URL) アドレスへのハイパーリンク
  • DWG/DXF ファイルへのリンク
  • イメージへのリンク

図面にリッチ テキスト ファイルへのリンクを追加する

図面には、テキストを枠で囲んで挿入することができます。まず、ワードパッドで .txt ファイルまたは .rtf ファイルを作成し、ファイルまでのリンクを Tekla Structures 図面に追加します。Tekla Structures により、ファイル自体で設定できる基本的な書式設定と、[テキスト ファイル プロパティ] ダイアログ ボックスのプロパティの一部を使用して、テキストが追加されます。

注:

テキスト ファイル内のテキストを変更すると、そのテキスト ファイルへのリンクを含むすべての図面に変更内容が反映されます。

制限事項: ワードパッドで.rtfテキストを作成する必要があります。

  1. テキスト ファイルを作成します。

    ファイルには、太字、斜体、下線、取り消し線、下付き文字、および上付き文字などの基本的な書式設定の追加、インデントやタブの使用、特定のフォントの設定ができます。ハイフンおよび丸付きの箇条書きや番号付きリストを追加したり、リストをネストしたりできます。単純なテーブルもサポートされます。

    テキストリンクを追加すると、Tekla Structuresに書式設定が保持されます。

    テキスト リンクは、ハイパーリンクまたはイメージをサポートしていないことに注意してください。

    Tekla Structures の色は常に正しく表示されます。 Tekla Structures によってサポートされていない色が .rtf ファイルで使用されている場合は、Tekla Structures の最も近い色が使用されます。

  2. テキストファイルを追加する図面を開きます。
  3. [注記] タブで [リッキテキスト] をクリックします。
  4. ファイルを参照します。
  5. .txt ファイルの場合は、テキストの色、高さ、フォントを設定できます。
  6. .rtf ファイルの場合は、必要な縮尺を入力します。

    [縮尺] は、.rtf ファイルの内容が縮小/拡大される比率を示します。縮尺に 1 を指定すると、文字のサイズは元の .rtf ファイルの文字と同じサイズに保たれます。

    色、高さ、フォント設定は変更できません。

  7. 枠線のタイプと色を設定します。
  8. テキストの配置方法を変更する場合は、以下を選択します。
    • 範囲指定 :テキストを配置するときに、枠の左上の角をピックするだけです。Tekla Structures により、元のサイズでオブジェクトが挿入されます。この場合、ハンドルをドラッグしてテキストの枠のサイズを変更すると、テキストは折り返されず、フォントのサイズが自動的に変更されます。
    • 縮小/拡大なし:テキストを配置するときに、枠の左上の角をピックするだけです。Tekla Structures により、枠に合わせて自動的にオブジェクトのサイズが調整されます。ハンドルをドラッグして枠のサイズを変更すると、テキストが折り返されます。ボックスの最小幅は、最も長い語により定義されます。
  9. [OK] または [適用] をクリックします。
  10. 図面のテキスト枠の左上の角の位置をピックします。

    Tekla Structuresによって、テキストファイルへのリンクが追加されます。

  11. テキストを編集したり、テキスト ファイルのプロパティを変更したりできます。
    • テキストファイルを編集するには、枠内のテキストをダブルクリックします。Tekla Structuresに元のテキストファイルが開きます。

    • テキストファイルプロパティを変更するには、テキストの周囲の枠をダブルクリックします。.rtfファイルの場合、テキストの色やフォントをここで変更することはできません。.rftファイル自体で変更する必要があります。プレーンテキストファイルでは、フォントの色を変更することもできます。

次の例では、テキストファイルに箇条書き、番号付きリスト、斜体、太字が含まれていることがわかり、目的のテキスト部分のフォントを変更できます。

次の例では、縮小/拡大タイプは [縮小/拡大なし] です。ハンドルをドラッグして枠のサイズを変更するとテキストが折り返されるため、テキストは常に枠に収まります。フォント サイズは変更されません。

次の例では、縮小/拡大タイプは [範囲指定] です。ハンドルをドラッグしてテキストの枠のサイズを変更した場合、テキストは折り返されず、テキストが枠に収まるようにフォント サイズが自動的に変更されます。

別の図面へのリンクを作成する

図面の枠内に別の図面へのリンクを挿入できます。図面へのリンクは、Tekla Structures[図面リンクのプロパティ] のプロパティを使用して追加されます。

  1. 図面を開きます。
  2. [図面] タブで [リンク > 別の図面へ] をクリックします。
  3. テキストの色、高さ、フォント、効果を変更します。
  4. 枠線のタイプと色を変更します。
  5. リンクを縮小/拡大するかどうかを選択します。[縮小/拡大なし] を選択した場合、Tekla Structures により、元のサイズでリンクが挿入されます。

    [範囲指定] を選択した場合、Tekla Structures により、枠に合わせてオブジェクト サイズが調整されます。

  6. [図面] タブで、[ドキュメント管理] をクリックし、リンク先の図面を選択します。

    このリスト内の図面は、現在のモデル内の図面です。

  7. 図面名ではなくリンクのテキストを表示する場合、テキストを [テキスト] ボックスに入力します。
  8. 2つの点を選択して枠を定義し、リンクを追加します。
  9. [OK] または [適用] をクリックします。

リンクをダブルクリックして、リンク先の図面を開くことができます。

以下の例では、[範囲指定] が選択されており、リンクには図面の名前が使用されています。

図面でのハイパーリンクの追加

図面の枠内にインターネットアドレス(URL)へのハイパーリンクを追加できます。

  1. ハイパーリンクを追加する図面を開きます。
  2. [図面] タブで [リンク > ハイパーリンク] をクリックします。
  3. テキストの色、高さ、フォント、効果を変更します。
  4. 枠線のタイプと色を変更します。
  5. リンクを縮小/拡大するかどうかを選択します。

    [縮小/拡大なし] を選択した場合、リンクを挿入するときに枠の左上隅をピックするだけで、Tekla Structures により、元のサイズでリンクが挿入されます。[範囲指定] を選択した場合、2 つの点をピックして枠を定義する必要があります。Tekla Structures により、枠に合わせてリンク サイズが調整されます。

  6. [ファイルまたはURL] テキスト ボックスに、インターネット アドレスまたはファイル名とパスを入力します。

    ファイルを探す必要がある場合は、[ブラウズ...] をクリックします。Tekla Structures により、指定した位置に有効なハイパーリンクが挿入されます。

  7. ハイパーリンク自体ではなくハイパーリンクのテキストを表示する場合、テキストを [テキスト] ボックスに入力します。
  8. [OK] または [適用] をクリックします。
  9. 図面内で1つまたは2つの点を選択して、作成するハイパーリンク枠の角を指定します。
図面内のハイパーリンク テキストをダブルクリックすると、ブラウザーでインターネット アドレスに移動します。

以下の例では、[範囲指定] が選択されています。ハイパーリンクのインターネット アドレスが表示されています。

図面でのDWGファイルとDXFファイルへのリンクの追加

図面の枠内に DWG ファイルまたは DXF ファイルをリンクとして挿入できます。DWG/DXF ファイル リンクは Tekla Structures によって、[DWG/DXF プロパティ] のプロパティを使用して追加されます。元のファイルを変更すると、図面内のリンクされたすべてのインスタンスも Tekla Structures により変更されます。

Tekla Structuresは、DWG/DXF リンクにおいてバージョン 2010 以前の AutoCAD をサポートします。追加した DWG/DXF ファイルは、AutoCAD 制御コード、たとえばアンダースコアに対応する %%u や、円の直径の寸法記号 ø に対応する %%c もサポートします。

  1. DWG/DXFファイルへのリンクを挿入する図面を開きます。
  2. [図面] タブで [DWG/DXF] をクリックします。
  3. 縮小/拡大オプションを選択します。
    • 縮小/拡大:

      • X:この設定を使用する場合、枠の左上の角をピックしてファイルを挿入する必要があります。X 方向の図面縮尺だけを設定できます。

      • XY:この設定を使用する場合、枠の左上の角をピックしてファイルを挿入する必要があります。X 方向と Y 方向の両方の図面の縮尺を設定できます。

      • 範囲指定:この設定を使用する場合、枠の左上と右下の角をピックして、枠をサイズ設定して作成する必要があります。Tekla Structures により、枠に合わせてファイルの縮尺が設定されます。

      • 範囲指定 (縦横比固定):この設定を使用する場合、枠の左上と右下の角をピックして、枠をサイズ設定して作成する必要があります。Tekla Structures により、元の縦横比を維持したまま、枠に合わせてファイルの縮尺が設定されます。

    • X方向縮尺

      • ファイルの X 方向の縮尺を設定します。縮尺を示す係数を入力します。たとえば、1.0 と入力すると 100% になり、1.5 と入力すると 150% になります。縮小/拡大タイプを [X] または [XY] に設定しておく必要があります。

    • Y方向縮尺

      • ファイルの Y 方向の縮尺を設定します。縮尺を示す係数を入力します。たとえば、1.0 と入力すると 100% になり、1.5 と入力すると 150% になります。縮小/拡大タイプを [XY] に設定しておく必要があります。

  4. リンク枠のラインのタイプと色を選択します。
  5. [名前] で、使用する DWG ファイルまたは DXF ファイルを参照します。
  6. 枠を配置するには、図面内で1つまたは2つの点を選択します。
  7. [OK] または [適用] をクリックします。

    Tekla Structuresにより、図面の枠内にDWGファイルまたはDXFファイルへのリンクが追加されます。

ヒント:

DWG ファイルを参照モデルとしてモデルに挿入する場合は、「参照モデルの挿入」を参照してください。

図面にイメージ ファイルへのリンクを追加する

図面の枠内にイメージを挿入できます。Tekla Structures により、[画像プロパティ] ダイアログ ボックスのプロパティを使用してイメージのリンクが追加されます。元のファイルを変更すると、図面内のリンクされたすべてのインスタンスも Tekla Structures により変更されます。

  1. イメージへのリンクを挿入する図面を開きます。
  2. [図面] タブで [イメージ] をクリックします。
  3. 縮小/拡大オプションを選択します。
    • タイプ

      • X:この設定を使用する場合、枠の左上の角をピックしてイメージを挿入する必要があります。X 方向の図面縮尺だけを設定できます。

      • XY:この設定を使用する場合、枠の左上の角をピックしてイメージを挿入する必要があります。X 方向と Y 方向の両方の縮尺を設定できます。

      • 範囲指定:この設定を使用する場合、枠の左上と右下の角をピックして、枠をサイズ設定して作成する必要があります。Tekla Structures により、枠に合わせてイメージのサイズが調整されます。

      • 範囲指定 (縦横比固定):この設定を使用する場合、枠の左上と右下の角をピックして、枠をサイズ設定して作成する必要があります。Tekla Structures により、元の縦横比を維持したまま、枠に合わせてイメージのサイズが調整されます。

    • X方向縮尺

      • ファイルの X 方向の縮尺を設定します。縮尺を示す係数を入力します。たとえば、1.0 と入力すると 100% になり、1.5 と入力すると 150% になります。縮小/拡大タイプを [X] または [XY] に設定しておく必要があります。

    • Y方向縮尺

      • ファイルの Y 方向の縮尺を設定します。縮尺を示す係数を入力します。たとえば、1.0 と入力すると 100% になり、1.5 と入力すると 150% になります。縮小/拡大タイプを [XY] に設定しておく必要があります。

  4. リンク枠のラインのタイプと色を選択します。
  5. [名前] で、使用するイメージ ファイルをブラウズします。
  6. 枠を配置するには、図面内で点をピックします。
  7. [OK] または [適用] をクリックします。

    Tekla Structures により、図面の枠内にイメージ ファイルへのリンクが追加されます。

役に立ちましたか?
前へ
次へ