緊張材プロパティ

Tekla Structures
2021
Tekla Structures

緊張材プロパティ

[緊張材パタン] プロパティを使用して、緊張材のプロパティを表示および変更します。プロパティ ファイルのファイル名拡張子は、.rbs です。

オプション 説明
一般
ナンバリング

緊張材のマーク シリーズ。

[名前]

ユーザー定義可能な緊張材名。

Tekla Structures では、緊張材名は、レポートと図面リストで使用されるほか、同じタイプの緊張材の識別にも使用されます。

[等級]

緊張材の鋼材の等級。

[サイズ]

緊張材の直径。

環境によって、緊張材の公称径か、径を定義するマークのいずれかを表します。

[曲げ半径]

緊張材の内部曲げ半径。

曲げごとに個別の値を入力できます。値はスペースで区切ります。

[クラス]

鉄筋をグループ化する場合に使用します。

たとえば、緊張材をクラス別に異なる色で表示することができます。

[引張荷重]

緊張材あたりのプレストレス荷重 (kN)。

[断面数]

緊張材パタンの断面の数。

次に例を示します。

  • 緊張材プロファイルに沿った断面の番号 = 1

  • 緊張材プロファイルに沿った断面の番号 = 2

  • 緊張材プロファイルに沿った断面の番号 = 3

  • 緊張材プロファイルに沿った断面の番号 = 4

次のダブル T 梁の断面の数は 4 です。

シース
[シース利用のストランド] 緊張材番号を入力します。緊張材番号は、緊張材の選択順を示す番号です。

[始端から]

[中央から始端へ]

[中央から終端へ]

[終端から]

シースの長さを入力します。

[対象] チェック ボックスをオンにすると、[始端から] および [中央から始端へ] の値が [終端から] および [中央から終端へ] にコピーされます。

[対称性] 始点と終点の長さを対称にするかどうかを定義します。
その他
UDA

ユーザー定義情報を作成して鉄筋に関する情報を追加できます。 この情報には、番号、テキスト、またはリストを含めることができます。

ユーザー定義情報の値をレポートおよび図面で使用できます。

ユーザー定義情報の値を設定するには、[ユーザー定義情報] ボタンをクリックします。

objects.inpファイルを編集して、フィールドの名前を変更したり、新しいフィールドを追加したりすることもできます。「ユーザー定義情報 (UDA) の定義と更新」を参照してください。

Was this helpful?
前へ
次へ