鉄筋および鉄筋グループ プロパティ

Tekla Structures
2021
Tekla Structures

鉄筋および鉄筋グループ プロパティ

[シングル鉄筋] および [鉄筋グループ] プロパティを使用して、鉄筋および鉄筋グループのプロパティを参照および変更します。プロパティ ファイルのファイル名拡張子は次のとおりです。

一般、フック、かぶり厚、その他

以下のプロパティを単一の鉄筋および鉄筋グループに使用することができます。

オプション 説明
名前

ユーザー定義可能な鉄筋名。

Tekla Structures では、鉄筋名は、レポートと図面リストで使用されるほか、同じタイプの鉄筋の識別にも使用されます。

等級

鉄筋の鋼材の等級。

鉄筋カタログでは、サイズ、等級、および曲げ半径の組み合わせが事前定義されています。[...] ボタンをクリックして、[鉄筋の選択] ダイアログ ボックスを開きます。ダイアログ ボックスには、選択した等級に利用できる鉄筋のサイズが表示されます。また、鉄筋が主筋、あばら筋、帯筋のいずれであるかも選択できます。

サイズ

鉄筋の直径。

環境によって、鉄筋の公称径か、径を定義するマークのいずれかを表します。

曲げ半径

鉄筋の内部曲げ半径。

鉄筋の曲げごとに個別の値を入力できます。値はスペースで区切ります。

曲げ半径は使用している設計基準に準拠します。主筋、あばら筋、帯筋、およびフックには通常、鉄筋の直径に比例する独自の最小内部曲げ半径があります。実際の曲げ半径は、通常、鉄筋曲げ機のマンドレルのサイズに合わせて選択されます。

[クラス]

鉄筋をグループ化する場合に使用します。

たとえば、鉄筋をクラス別に異なる色で表示することができます。

ナンバリング 鉄筋のシリーズをマークします。
フック タイプ フックの形状。

鉄筋カタログ (rebar_database.inp) には、すべての標準フックの事前定義された最小曲げ半径および最小フック長が含まれています。

鉄筋へのフックの追加」を参照してください。

角度 カスタム フックの角度。
半径 標準フックまたはカスタム フックの内部曲げ半径。
長さ 標準フックまたはカスタム フックの直線部分の長さ。
平面上のかぶり厚 部材表面から鉄筋と同じ平面にある鉄筋までの距離。 鉄筋のかぶり厚の定義」を参照してください。
平面からのかぶり厚 部材表面から鉄筋または鉄筋端部までの、鉄筋平面に対して垂直な距離。
始点面 鉄筋の最初の終点位置におけるコンクリートかぶり厚さまたは脚の長さ。
終点面 鉄筋の 2 番目の終点位置におけるコンクリートかぶり厚さまたは脚の長さ。
UDA

ユーザー定義情報を作成して鉄筋に関する情報を追加できます。この情報には、番号、テキスト、またはリストを含めることができます。

ユーザー定義情報の値をレポートおよび図面で使用できます。

objects.inp ファイルを編集して、フィールドの名前を変更したり、新しいフィールドを追加したりすることもできます。「ユーザー定義情報 (UDA) の定義と更新」を参照してください。

鉄筋グループ タイプ、配布、作成

次のプロパティは、以下のモデル オブジェクトに使用することができます。

  • 鉄筋グループ (テーパー グループを含む)
  • 鉄筋グループ (曲)
  • 鉄筋グループ (円)
オプション 説明
鉄筋グループタイプ

グループのタイプ。

テーパーまたは螺旋状の鉄筋グループの作成」を参照してください。

断面数
作成方法 鉄筋の間隔を設定する方法。

鉄筋グループでの鉄筋の分布」を参照してください。

鉄筋本数
ターゲット間隔値
間隔指定
間隔指定 (複数)
除く グループから除外される鉄筋。

鉄筋グループからの鉄筋の削除」を参照してください。

Was this helpful?
前へ
次へ