ジョイント設計における Excel スプレッドシート

Tekla Structures
2021
Tekla Structures

ジョイント設計における Excel スプレッドシート

ジョイント ダイアログ ボックスに [設計] タブまたは [設計] タブがあるすべての鉄骨ジョイントのジョイント設計で Excel スプレッドシートを使用できます。

[Excel] タブまたは [外部設計リンク] タブで、[設計] オプションの [設計] を選択することで、ジョイントを Excel スプレッドシートにリンクできます。ジョイント情報は、必要な計算が行われるジョイント タイプ固有のスプレッドシートに転送されます。計算されたプロパティは出力ファイルに保存され、変更されたコンポーネント プロパティ値はジョイントに戻されます。変更内容に従ってジョイントが変更されます。

..\Tekla Structures\<version>\Environments\common\exceldesign にある component_template.xls ファイルを使用してジョイント タイプ用の Excel スプレッドシートを作成するか、事前定義されたファイルを使用することができます。

Excel スプレッドシートのジョイント設計で使用されるファイル

Excel スプレッドシートを使用したジョイント設計では、次のファイルが使用されます。

ファイル 説明
Visual Basic スクリプト ファイル Excel.vb ファイルは、Tekla Structures と外部ソフトウェアをリンクし、Excel スプレッドシートのファイル名と場所を定義します。このファイルは、..\Tekla Structures\<version>\Environments\common\exceldesign フォルダー内にあります。
コンポーネント タイプ固有の Excel スプレッドシート コンポーネント タイプ固有のスプレッドシートには、事前定義の計算が含まれています。ジョイント設計を実行すると、メイン部材および副部材のジョイントプロパティと情報が Excel スプレッドシートの [Input] シートと [Component] シートに転送されます。

Excel は、関連するスプレッドシート ファイルを以下の順序で検索します。

  1. 現在のモデル フォルダーの \exceldesign フォルダーから: ファイル名は component_ + number or name + .xls のように付けられます。たとえば、..\test_model\exceldesign\component_144.xls となります。
  2. 次のように、詳細設定 XS_EXTERNAL_EXCEL_DESIGN_PATH で定義された場所から:

    XS_EXTERNAL_EXCEL_DESIGN_PATH (=%XS_DIR%\environments\common\exceldesign\) + "component_" + number + ".xls"

ジョイント固有の結果ファイル

結果ファイルには、変更されたジョイント プロパティが含められます。

  • この結果ファイルは、[Calculation] シートから自動的に作成されます。
  • ファイルは、モデル フォルダーの \exceldesign フォルダーに、グローバル一意識別子 (GUID) が付いた名前で保存されます。
  • ファイルは、ジョイントを変更するたびに更新されます。
  • 計算結果は、計算スプレッドシートの設定方法に応じて Excel スプレッドシート、または HTML 形式か PDF 形式で保存できます。
テンプレート スプレッドシート ..\Tekla Structures\<version>\Environments\common\exceldesign フォルダーには、Tekla Structures コンポーネントで使用するユーザー独自のスプレッドシート アプリケーションを作成するために使用する component_template.xls スプレッドシートがあります。

ジョイント設計における Excel スプレッドシートの例

この例のイメージは、[エンド プレート (144)] ジョイントに使用される Excel スプレッドシートの例を示しています。

サンプル スプレッドシートには、次のシートがあります。

[Calculation] シートには、計算レポートが含まれています。

[Inputs] シートには、ジョイント ダイアログ ボックスからのジョイントのプロパティが含まれています。

[Outputs] シートには、設計結果が含まれています。これらの値はコンポーネントに転送されます。モデル内のジョイントは、これらの値に従って変更されます。

[Component] シートには、計算内容、計算形状に関する情報、メイン部材と副部材に関する情報が含まれています。スプレッドシート内のコンポーネント属性は、対応する .inp ファイル内の属性と同じです。.inp ファイルの詳細については、「入力ファイル (.inp ファイル)」を参照してください。

次のシートもあります。

  • [Data] には、カタログ情報が示されます。
  • [Norm] には、コード選択内容やコードの参照が示されます。
  • [Language] には、翻訳が示されます。

Excel ジョイント設計プロセスの表示例

Excel.vb ファイルでは、Excel ジョイント設計プロセスの表示方法を定義できます。Excel.vb ファイルは、Tekla Structures と外部ソフトウェアをリンクし、Excel スプレッドシートのファイル名と場所を定義します。

  1. ..\Tekla Structures\<version>\Environments\common\exceldesign にある Excel.vb ファイルを開きます。
  2. 次のように、Excel.vb ファイルを設定します。

    • コントロールの表示 - Const DEBUG As Boolean= True
    • Excel を使用した表示 - Const SHOW_EXCEL As Boolean = True
    • 出力の格納 - Const STORE_RESULTS As Boolean = True
  3. ファイルを保存します。
  4. サイド パネルで [アプリケーションとコンポーネント] ボタン をクリックし、[アプリケーションとコンポーネント] カタログを開きます。
  5. [クリップ アングル (141)] を検索し、ダブルクリックしてプロパティ ダイアログ ボックスを開きます。
  6. [設計] タブ:
    1. [Excel] オプションで [外部設計リンク] を選択します。
    2. 読み込み値を入力します。

  7. [変更(M)] をクリックします。

    Excel 設計ファイルが開き、[Inputs] シートが表示されます。

  8. [OK] をクリックして続行します。

    Excel 設計プロセスにより、[Component] シートに表示されるデータが計算され、[Component] シートが開きます。

  9. [OK] をクリックして続行します。

    Excel 設計プロセスにより、結果の出力値が計算され、[Outputs] シートが開きます。計算された結果値はジョイントに転送されます。

  10. ファイルをモデル フォルダーに保存します。
  11. [OK] をクリックすると、設計プロセスが完了し、Excel 設計ファイルが閉じます。

外部設計リンクでジョイントの状態の表示

ジョイント設計で Excel スプレッドシートを使用する場合、Tekla Structures では色分けされたコンポーネント シンボルを使用して、モデル内のコンポーネントの状態が示されます。

これは、コンポーネントの Excel スプレッドシートの [Outputs] シートにエラー属性を含めることで行うことができます。属性のタイプは int です。

有効な値は以下のとおりです。

状態

1

ボルト縁端距離が十分にあります。

ジョイントは、システムに搭載された英国および米国の設計基準を使用したジョイント設計チェックに合格しています。

2

[ファイル > 設定 > オプション] の [コンポーネント] 設定で定義された値によると、ボルト縁端距離が不十分です。

3

Tekla Structures がコンポーネント プロパティを計算できません。以下のような理由が考えられます。
  • ジョイント方向が正しくない。
  • 作業平面が正しくない。
  • 選択されたコンポーネントが状況に適切ではない。
  • ジョイント設計チェックは、搭載されている英国および米国の設計基準を使用して実行されましたが、定義された荷重はコンポーネントでサポートされません。
注:

コンポーネント シンボルの色では、システム コンポーネントの色のみを制御でき、カスタム コンポーネントの色は制御できません。

Was this helpful?
前へ
次へ