カスタム コンポーネント ダイアログ ボックスのデフォルト プロパティ

Tekla Structures
2021
Tekla Structures

カスタム コンポーネント ダイアログ ボックスのデフォルト プロパティ

各カスタム コンポーネントにあるダイアログ ボックスは変更することができます。デフォルトでは、ダイアログ ボックスには、カスタム ジョイント、ディテール、およびシーム用の [一般] タブと、カスタム パーツ用の [位置] タブがあります。

詳細については、「カスタム コンポーネントのダイアログ ボックスのカスタマイズ」を参照してください。

現在のプロパティを表示するには、モデル内でカスタムコンポーネントをダブルクリックします。

カスタム ジョイント、ディテール、およびシームのデフォルト プロパティ

デフォルトでは、カスタム ジョイント、ディテール、またはシームのダイアログ ボックスには、次のオプションがあります。

オプション

説明

注記

上方向

現在の作業平面を基準として、副部材の周囲でコンポーネントを回転させる方法を示します。副部材が存在しない場合、Tekla Structures ではジョイントがメイン部材の周囲を回転します。

メイン部材に対する位置

メイン部材を基準とするコンポーネントの作成位置。

ディテールにのみ使用できます。

副部材に対する定義軸

選択したオプションに従って、Tekla Structures によりコンポーネントが自動的に配置されます。

デフォルトでは、シームにのみ使用できます。

ジョイントでこのプロパティを使用する場合は、コンポーネントの作成時に、[詳細設定] タブの [部材間に複数のコンポーネントを許可する] チェック ボックスをオンにします。

指示する位置に配置

ピックした位置にシームを配置する場合に選択します。

シームにのみ使用できます。

ディテールタイプ

コンポーネントを配置するメイン部材の面を指定します。次のオプションがあります。

  • 中間ディテール

    Tekla Structures により、すべてのコンポーネントがメイン部材の同じ面に作成されます。

  • 端部ディテール

    Tekla Structures により、すべてのコンポーネントがディテールに最も近い面に作成されます。

非対称コンポーネントにのみ影響します。

ディテールにのみ使用できます。

ロック

他のユーザーがプロパティを変更できないようにするには、[はい] を選択します。

[クラス]

カスタムコンポーネントで作成される部材のクラス。

ジョイント コード

コンポーネントを識別します。このジョイント コードは、図面のコンポーネント マーク内に表示できます。

オートデフォルト

ジョイントプロパティを設定する際に使用されるルールグループ。

オートコネクション

Tekla Structuresでジョイントを選択する際に使用されるルールグループ。

カスタム部材のデフォルトプロパティ

デフォルトでは、カスタム部材のダイアログボックスには、次のオプションがあります。

オプション

説明

平面上

作業平面の部材の位置を変更します。

回転

部材を90度ずつ回転させます。

正面背面

デプス

部材の位置を作業平面に対して垂直に変更します。

正面

3点目のハンドルの表示

ネストされたカスタム部材の3点目のハンドルを希望の方向に表示するように設定します。

3点目のハンドルを希望の方向に拘束できるので、部材を別の部材の回転に従わせることができます。

なし

左側

Was this helpful?
前へ
次へ