変数の式を作成する

Tekla Structures
2021
Tekla Structures

変数の式を作成する

変数の式を使用して、カスタム コンポーネントにインテリジェンスを追加します。変数の式は、常に等号 (=) で始まります。最も簡単な式として、「P2 が P1 の半分と等しい (P2=P1/2)」のように、2 つの変数間の簡単な依存関係を示す式を作成できます。より複雑な計算を作成する場合には、式に関数や演算子を使用できます。たとえば、数学式、if ステートメント、オブジェクト プロパティの参照などを追加できます。式を作成するときは、乗算は除算より高速であることに注意してください。たとえば、P1*0.5P1/2 より高速です。

次の例では、溶接サイズを副部材フランジの厚さの半分に設定する式を作成する方法を示します。モデル内にコンポーネントが使用されている場合、Tekla Structures は副部材フランジの厚さを使用して溶接のサイズを計算します。

  1. カスタム コンポーネント エディターで、[変数を表示する] ボタン をクリックします。

    [変数] ダイアログ ボックスが開きます。

  2. [追加] をクリックし、新しいパラメーター変数を作成します。
  3. [名前] ボックスに、プロパティの名前を入力します。

    この例では、変数の名前として「w」と入力します。

  4. [カスタムコンポーネントブラウザー] で、[入力オブジェクト] > [副部材] > [部材] > [プロファイルプロパティ] に移動します。
  5. [フランジ厚 1] を右クリックして [参照のコピー] を選択します。

  6. [] ボックスで、「=」と入力し、右クリックして [貼り付け] を選択します。

    Tekla Structures により、クリップボードからフランジ厚への参照が貼り付けられます。

  7. フランジ厚の式の後に、*0.5 と入力します。

    式が次のように表示されます。

    =fP(Flange thickness 1,"GUID")*0.5

  8. 他の値を次のように設定します。
    1. [値のタイプ] リストで、[長さ] を選択します。
    2. [表示・非表示] リストで、[非表示] を選択します。

  9. [カスタムコンポーネントブラウザー] で、[コンポーネントオブジェクト] > [溶接] > [一般プロパティ] に移動します。
  10. [上側 サイズ] を右クリックして、[式の追加] を選択し、「= w」と入力します。

Was this helpful?
Previous
Next