カスタム コンポーネントの定義

Tekla Structures
2021
Tekla Structures

カスタム コンポーネントの定義

必要なディテールがすべて含まれたカスタム コンポーネントを定義できます。

最初に簡単なカスタム コンポーネントを定義し、後で変更することができます。簡単なカスタム コンポーネントの定義には通常、数分しかかかりません。以後のプロジェクトでの使用を計画している場合、より長い時間をかけてカスタム コンポーネントを定義することもあります。

より詳細にカスタム コンポーネントを編集することにより、モデル内の変更に自動的に対応する自動調整式のパラメトリック カスタム コンポーネントを定義できます。これには時間がかかりますが、パラメトリック カスタム コンポーネントのグループを複数のモデルまたはプロジェクトで使用できれば、結果として利点が得られます。

既存のコンポーネントの分解

カスタム コンポーネントの定義を始めるときは、最初にモデル内の類似したシステム コンポーネントを適用し、その後に分解することをお勧めします。 分解とは、既存のコンポーネントのオブジェクトのグループ化を解除することです。 オブジェクトを切り離したら、必要に応じてオブジェクトを変更、削除、または追加し、これらのオブジェクトを使用して新しいカスタム コンポーネントを作成できます。 コンポーネントを分解し、切り離したオブジェクトを新しいカスタム コンポーネントの基礎として使用すると、カスタム コンポーネントをすばやく作成する必要がある場合に便利です。

別の方法として、部材、カット、フィッティング、ボルトなど、カスタム コンポーネントに必要なコンポーネント オブジェクトを個別に作成することもできます。

  1. モデルで、分解するコンポーネントを選択します。
  2. 右クリックして [コンポーネントの分解] を選択します。

    Tekla Structures によりコンポーネント オブジェクトが分解されます。新しいカスタム コンポーネントを定義するときに、そのオブジェクトを変更して使用できます。

カスタム コンポーネントの定義

次の例では、単純なカスタム ジョイントを定義する方法を示します。

  1. サイド パネルで [アプリケーションとコンポーネント] ボタンをクリックして、[アプリケーションとコンポーネント] カタログを開きます。
  2. [高度な機能へのアクセス] ボタンをクリックして、[カスタムコンポーネントの定義...] を選択します。

    [カスタムコンポーネントウイザード] ダイアログ ボックスが開きます。

  3. [タイプ] リストで、コンポーネント タイプを選択します。 ジョイント、ディテール、シーム、または部材から選択します。
  4. [名前] ボックスに、コンポーネントの一意の名前を入力します。
  5. [タイプ/メモ] タブ、[位置] タブ、および [詳細設定] タブで他のプロパティを変更して、[次へ >] をクリックします。
  6. モデルで、カスタム コンポーネントに含めるオブジェクトを選択します。

    範囲選択を使用して、複数のオブジェクトを同時に選択 することができます。 カスタム コンポーネントのオブジェクトを選択するときには、メイン部材、副部材、および基準線は無視されます。

    注:

    モデルの目的のオブジェクトを選択できない場合は、選択スイッチ選択フィルターの設定を確認してください。

    カスタム コンポーネントに鉄筋セット モディファイアーを含める場合は、次のようにします。

    • モディファイアーを選択すると [直接変更] がオフになることを確認します。
    • Shift キーを押しながら、モディファイアーを 1 つずつ選択します。 範囲選択でモディファイアーを選択することはできません。
  7. 次へ > をクリックします。
  8. コンポーネントのメイン部材を選択します。

  9. 次へ > をクリックします。
  10. コンポーネントの副部材を選択します。

    複数の副部材を選択するには、Shift キーを押しながら副部材を選択します。 カスタム コンポーネント内の副部材の最大数は 30 です。

    注:

    副部材を選択する順序に注意してください。カスタム コンポーネントをモデル内で使用すると、副部材をピックしたときの順序が Tekla Structures でそのまま使用されます。

  11. ディテールやシーム位置など、このカスタム コンポーネントに必要なその他のプロパティを定義します。

    プロパティは、手順 4 で選択したコンポーネント タイプによって異なります。

  12. この時点で設定を調整する場合は、[< 戻る] をクリックし、[カスタムコンポーネントウイザード] の前のページに戻ります。
  13. 設定に問題がないことを確認したら、[仕上げ] をクリックしてカスタム コンポーネントを作成します。

    モデルおよび [アプリケーションとコンポーネント] カタログにカスタム コンポーネントが追加されます。

  14. 必要に応じて、カスタム コンポーネントのサムネイル イメージを追加します。

    サムネイル イメージは [アプリケーションとコンポーネント] カタログに表示されます。 サムネイル イメージには、コンポーネントを使用できる典型的な状況を表示できます。

    1. カスタム コンポーネントのスクリーンショットを作成します。
    2. [アプリケーションとコンポーネント] カタログにカスタム コンポーネントのサムネイル イメージを追加します。

      Tekla Structures の [アプリケーションとコンポーネント] カタログにサムネイル イメージが表示されます。

  15. 後でカスタム コンポーネント設定を変更する場合は、次のようにします。
    1. カスタム コンポーネント エディター ツールバーで、[カスタムコンポーネント設定の変更] ボタンをクリックします。
    2. 設定を変更します。
    3. [OK] をクリックします。

定義されたカスタム コンポーネントはインテリジェントでないため、Tekla Structures はモデル内の変更に合わせて寸法を調整しません。 コンポーネントをモデル内の変更に適応させるには、コンポーネント オブジェクトとモデル オブジェクト間に依存関係を構築できるカスタム コンポーネント エディターで、コンポーネントを編集します。

ネストされたカスタム コンポーネントの定義

ネストされたコンポーネントとして複数のカスタム コンポーネントを結合することで、より複雑なカスタム コンポーネントを定義することができます。 これにより、より小さくて単純なコンポーネントを作成し、それらを単一のコンポーネントにまとめることができます。 元のコンポーネントは、ネストされたコンポーネントのサブコンポーネントになります。 ネストされたコンポーネントは通常、プレキャストや、埋込み材などの現場打ちコンポーネントに使用されます。

必要以上にコンポーネントをネストしないでください。3 つ以上のレベルをネストする場合には、いくつかの制限があります。ネストされたカスタム コンポーネントの異なるコンポーネント レベルを表示するにはShift キーを押しながら、マウス ホイールでスクロールします。

  1. モデル内で、ネストされたコンポーネントに含めるコンポーネントとその他のモデル オブジェクトを作成します。
  2. サイド パネルで [アプリケーションとコンポーネント] ボタンをクリックして、[アプリケーションとコンポーネント] カタログを開きます。
  3. [高度な機能へのアクセス] ボタンをクリックして、[カスタムコンポーネントの定義...] を選択します。

    [カスタムコンポーネントウイザード] ダイアログ ボックスが開きます。

  4. [タイプ] リストで、ネストされたカスタム コンポーネントのタイプを選択します。
  5. [名前] ボックスに、ネストされたコンポーネントの一意の名前を入力します。
  6. その他のプロパティを [ タイプ/メモ ] タブ、[位置 ] タブ、および [詳細設定 ] タブで変更し、[次へ >.
  7. ネストされたコンポーネントに含めるコンポーネントやその他のオブジェクトを選択し、[次へ >] をクリックします。
  8. [カスタムコンポーネントウイザード] の指示に従って続行します。

    ネストされたコンポーネントのメイン部材と副部材を選択するように求められます。手順 4 で選択したコンポーネント タイプによっては、ディテールやシーム位置などのその他のプロパティを定義しなければならない場合もあります。

  9. 設定に問題がないことを確認したら、[仕上げ] をクリックしてネストされたカスタム コンポーネントを作成します。

    モデルおよび [アプリケーションとコンポーネント] カタログにコンポーネントが追加されます。サブコンポーネントは、他のコンポーネント オブジェクトとともに [カスタムコンポーネントブラウザー] に表示されます。

  10. 後で設定を変更するには、次のようにします。
    1. カスタム コンポーネント エディターで、[カスタムコンポーネント設定の変更] ボタン をクリックします。
    2. 設定を変更します。
    3. [OK] をクリックします。
警告:

プラグイン タイプのコンポーネントをネストされたコンポーネントのサブコンポーネントとして使用し、カスタム コンポーネント エディターでサブコンポーネントのプロパティを変更した場合、ネストされたコンポーネントを保存してモデルで使用すると、変更内容が失われることがあります。

プロパティが失われるのを防ぐには、変数を維持する各プラグイン プロパティにリンクします。コンポーネント属性ファイルを使用することもできます。詳細については、「カスタム コンポーネントのパラメーター変数と変数の式の例」を参照してください。

例: カスタム エンド プレート コンポーネントを定義する

この例では、既存のエンド プレート コンポーネントを基に簡単なカスタム コンポーネントを定義する方法を示します。

  1. サイド パネルで [アプリケーションとコンポーネント] ボタンをクリックして、[アプリケーションとコンポーネント] カタログを開きます。
  2. [高度な機能へのアクセス] ボタンをクリックして、[コンポーネントの分解] を選択します。
  3. モデル内で、エンド プレート コンポーネントを選択します。

    Tekla Structures により、コンポーネントに含まれているオブジェクトが分離されます。

  4. [高度な機能へのアクセス] ボタンをクリックして、[カスタムコンポーネントの定義...] を選択します。
  5. [タイプ] リストで、[ジョイント] を選択します。
  6. [名前] ボックスに、カスタム コンポーネントの一意の名前を入力します。

  7. 次へ > をクリックします。
  8. カスタム コンポーネントで使用するオブジェクトを選択し、[次へ >] をクリックします。

    範囲選択 (左から右) を使用して、オブジェクトを選択できます。カスタム コンポーネントに含めるオブジェクトを選択するときには、Tekla Structures によりメイン部材、副部材、およびグリッドが無視されます。

  9. メイン部材として柱を選択し、[次へ >] をクリックします。

    メイン部材は副部材を支持します。

  10. 副部材として梁を選択します。

    副部材はメイン部材によって支持されます。

    注:

    複数の副部材を選択する場合は、選択順序に注意してください。カスタム コンポーネントでは、モデル内でコンポーネントを追加したときの選択順序がそのまま使用されます。カスタム コンポーネント内の副部材の最大数は 30 です。

  11. 仕上げ をクリックします。

    Tekla Structures に新しいコンポーネントのコンポーネント シンボルが表示されます。

    元の作成場所と同様の場所で使用できる単純なカスタム コンポーネントを定義しました。このコンポーネントはインテリジェントでないため、モデル内の変更に合わせて Tekla Structures によって寸法は調整されません。カスタム コンポーネントをインテリジェントにするには、カスタム コンポーネント エディターでコンポーネントを編集する必要があります。

Was this helpful?
Previous
Next