カスタム コンポーネント ウィザードのカスタム コンポーネント プロパティ

Tekla Structures
2021
Tekla Structures

カスタム コンポーネント ウィザードのカスタム コンポーネント プロパティ

[カスタムコンポーネントウイザード] を使用して新しいカスタム コンポーネントを定義する場合は、これらのプロパティを定義する必要があります。 既存のカスタム コンポーネントを変更する場合は、これらのプロパティの一部のみを変更できます。

詳細については、「カスタム コンポーネントの定義」および「カスタム コンポーネントの編集と保存」を参照してください。

[タイプ/メモ] タブのプロパティ

[タイプ/メモ] タブには、次のオプションがあります。

オプション

説明

Type

カスタムコンポーネントのタイプを選択します。

タイプは、カスタムコンポーネントをモデルに挿入する方法に影響します。また、カスタムコンポーネントを既存の部材に接続するかどうかもタイプで定義します。

名前

カスタムコンポーネントの一意の名前を入力します。

説明

カスタムコンポーネントの簡単な説明を入力します。この説明は、Tekla Structures[アプリケーションとコンポーネント]カタログに表示されます。

コンポーネントコード

コンポーネント(設計基準参照など)に追加の名前または参照を入力します。これは、一般図、製品図、およびリストに表示することができます。

コンポーネントコードを図面に表示するには、[コンポーネントマークプロパティ]ダイアログボックスで[コード]を含めます。

[位置] タブのプロパティ

[位置] タブには、次のオプションがあります。

オプション

説明

注記

上方向

デフォルトの上方向を設定します。

部材には使用できません。

原点

メイン部材を基準とするコンポーネントの位置(または原点)。

ディテールと部材には使用できません。

カスタムジョイントおよびシームの位置を定義できます。次のオプションを使用できます。

オプション

説明

メイン部材の中心線と副部材の中心線が交差する場所。

ボックス面

メイン部材周囲ボックスと副部材の中心線が交差する場所。

ソリッド面

メイン部材と副部材の中心線が交差する場所。

部材端

副部材の中心線がメイン部材の端部に達する場所。

ガセット面

メイン部材の中心線と最初の副部材の中心線が交差する場所。X方向は、メイン部材の中心線に対して垂直になります。

[詳細設定] タブのプロパティ

[詳細設定] タブには、次のオプションがあります。

オプション

説明

注記

ディテールタイプ

コンポーネントを配置するメイン部材の面を指定します。オプションは次のとおりです。

  • 中間ディテール

    Tekla Structuresにより、すべてのコンポーネントがメイン部材の同じ面に作成されます。

  • 端部ディテール

    Tekla Structuresにより、すべてのコンポーネントがメイン部材のディテールに最も近い面に作成されます。

非対称コンポーネントにのみ影響します。

ディテールとシームにのみ使用できます。

メイン部材に対する原点位置

メイン部材を基準として、ディテールを作成する際にピックする位置を指定します。

ディテールにのみ使用できます。

副部材に対する原点位置

副部材を基準として、コンポーネントを作成する位置を指定します。

ジョイントとシームにのみ使用できます。

部材間に複数のコンポーネントを許可する

同じメイン部材に対してさまざまな位置に複数のコンポーネントを作成する場合に選択します。

ジョイントとシームにのみ使用できます。

指定点で配置

モデル内でピックした位置に基づいてシームを配置する場合に選択します。

Tekla Structuresの自動シーム認識を使用してシームを配置する場合は、このチェックボックスをオフにします。このオプションは、曲がったシームで特に役立ちます。

シームにのみ使用できます。

位置の基準に外周ボックスを利用する

選択して、周囲ボックス(実際の部材プロファイルを取り囲むボックス)の中央の位置に基づいてカスタム部材を配置する場合に選択します。

部材にのみ使用できます。

Was this helpful?
前へ
次へ