コンポーネント オブジェクトを平面に拘束する

Tekla Structures
2021
Tekla Structures

コンポーネント オブジェクトを平面に拘束する

距離変数を使用して、カスタム コンポーネントを平面に拘束することができます。拘束を使用すると、周囲のオブジェクトが変更された場合でもカスタム コンポーネントが平面からの固定距離に維持されます。距離変数には自動的に D (距離) という頭マークが付けられて、[変数] ダイアログ ボックスに表示されます。

オブジェクトを自動的に拘束する

ジョイントまたはディテールのメイン部材と副部材にオブジェクトを自動的に拘束できます。選択したオブジェクトまたはそのハンドルが平面に接している場合、オブジェクト (またはハンドル) は既存の平面に拘束されます。

注:

カスタム部材 にはメイン部材がないため、カスタム部材を自動的に拘束することはできません。

  1. カスタム コンポーネント エディターで、[距離変数の自動作成] ボタンをクリックします。
  2. ハンドル があるオブジェクトを選択します。

  3. マウスの中ボタンをクリックしてオブジェクトを拘束します。

    Tekla Structures により既存の平面に対して最大 3 つの方向からオブジェクトが拘束されます。

    Tekla Structures に、各拘束の距離シンボルが表示されます。拘束を表示するオブジェクトを選択します。

    変数 ダイアログ ボックスに対応する距離変数が表示されます。

オブジェクトを手動で拘束する

特定のハンドルのみからカスタム コンポーネントを拘束する場合、拘束を手動で作成します。オブジェクトは、最大 3 つの平面に拘束できます。

  1. [直接変更] がオフになっていることを確認します。

    [直接変更] をオフにすることで、ハンドルを簡単に選択できます。

  2. オブジェクト面を表示するモデル ビューを使用していることを確認します。

    [ビュー] タブで [レンダリング] をクリックし、次のいずれかのオプションを使用します。

    • 部材 グレースケール (Ctrl+3)

    • 部材 ソリッド (Ctrl+4)

  3. カスタム コンポーネント ビューで、カスタム コンポーネントを選択し、ハンドル を表示します。

  4. 平面に拘束するハンドルを選択します。

  5. カスタム コンポーネント エディターで、[拘束条件の作成] ボタンをクリックします。

    右クリックして [平面に拘束] を選択することもできます。

  6. カスタム コンポーネント ビューでマウス ポインターを動かし、ハンドルで拘束する平面をハイライトします。

    例:

    注:

    適切な平面をハイライトできない場合は、[カスタムコンポーネントエディタ] ツールバーで平面タイプを変更します。境界平面とコンポーネント平面はほとんどのプロファイル タイプで有効であるため、できるだけこれらの平面を使用するようにしてください。

  7. 平面をクリックして拘束を作成します。

    Tekla Structures に、拘束の距離シンボルが表示されます。

    [変数] ダイアログ ボックスに対応する距離変数が表示されます。

注:

ネストされたカスタム コンポーネントを作成し、プラグイン タイプのコンポーネントをネストされたコンポーネントのサブコンポーネントとして使用している、または別のカスタム コンポーネントをネストされたカスタム コンポーネントのサブコンポーネントとして使用している場合、

ネストされたコンポーネントを保存してモデルで使用すると、拘束が失われたり、希望どおりに機能しないことがあります。

拘束をテストする

すべての拘束をテストして正しく機能するかどうかを確認します。

モデルで距離を選択できるようにするには、[距離・寸法の選択] 選択スイッチがアクティブになっていることを確認します。

  1. カスタム コンポーネント ビューの距離シンボルをダブルクリックします。

    [距離プロパティ]ダイアログボックスが開きます。

  2. [値]ボックスに、新しい値を入力します。
  3. [変更] をクリックします。

    モデルで拘束が変更されたことを確認します。

    ヒント:

    別の方法として、変数 ダイアログ ボックスで拘束をテストすることもできます。

    1. [] ボックスに新しい値を入力します。
    2. Enter キーを押します。

      モデルで拘束が変更されたことを確認します。

拘束を確認する

[オブジェクト情報を表示] コマンドを使用して、何が何に拘束されているかを確認できます。

モデルで距離を選択できるようにするには、[距離・寸法の選択] 選択スイッチがアクティブになっていることを確認します。

  1. リボンで、 [オブジェクト] をクリックします。
  2. カスタム コンポーネント ビューで距離シンボルを選択します。

    [オブジェクト情報を表示] ダイアログ ボックスに、拘束に関する情報が表示されます。

拘束を削除する

拘束を変更することはできませんが、既存の拘束を削除し、新しい拘束を作成してオブジェクトに再拘束できます。

モデルで距離を選択できるようにするには、[距離・寸法の選択] 選択スイッチがアクティブになっていることを確認します。

  1. カスタム コンポーネント ビューで拘束を選択します。
  2. Delete キーを押します。

    変数 ダイアログ ボックスで拘束を選択し、[削除] ボタンをクリックすることもできます。

例: 平面へのエンドプレートの拘束

この例では、エンド プレートの上面を梁の上部に拘束する方法を示します。

  1. [直接変更] がオフになっていることを確認します。

    [直接変更] をオフにすることで、エンド プレートのハンドルを簡単に選択できます。

  2. カスタム コンポーネント ビューで、エンド プレートを選択して、エンド プレートのハンドルを表示します。

  3. エンドプレートの上部ハンドルを選択します。
  4. 上部ハンドルを右クリックし、[平面に拘束] を選択します。
  5. 梁フランジの上部にポインターを移動してハイライトします。

    ここでは、境界平面タイプを使用します。部材プロファイルが変更されると、境界平面が常に表示されます。

    注:

    目的の平面をハイライトできない場合は、[カスタムコンポーネントエディタ] ツールバーで平面タイプを変更します。

  6. 梁フランジの上部をクリックします。

    カスタムコンポーネントビューに距離シンボルが表示されます。

  7. 作成した拘束にわかりやすい名前を付けます。
    1. カスタム コンポーネント エディターで、[変数を表示する] ボタン をクリックします。

      [変数] ダイアログ ボックスが開きます。

    2. [ラベル名] ボックスに、新しい拘束の名前として「Plate Top to Flange Top」と入力します。
Was this helpful?
Previous
Next