コンポーネント オブジェクト間の距離を追加する

Tekla Structures
2021
Tekla Structures

コンポーネント オブジェクト間の距離を追加する

参照距離変数を使用して、2 点間または点と平面間の距離を追加します。参照先のオブジェクトを移動すると、参照距離が変更されます。参照距離を計算に使用して、梯子のステップの間隔などを求めることができます。参照距離変数には自動的に D (距離) という頭マークが付けられて、[変数] ダイアログ ボックスに表示されます。

  1. カスタム コンポーネント ビューで、ハンドル を選択します。

    これが測定の始点になります。

  2. カスタム コンポーネント エディターで、[参照距離の作成] ボタン をクリックします。
  3. ビューでマウス ポインターを移動して、平面をハイライトします。

    これが測定の終点になります。適切な平面をハイライトできない場合は、平面タイプを [カスタムコンポーネントエディタ ] ツール バーで変更します。

  4. 平面をクリックして選択します。

    Tekla Structures に距離が表示されます。

    [変数] ダイアログ ボックスに対応する参照距離変数が表示されます。

    [参照距離の作成] コマンドはアクティブのままとなることに注意してください。他の距離を測定する場合は、さらに他の平面をクリックします。

  5. 測定を終了するには、Esc キーを押します。
  6. 参照距離が正しく機能することを確認するには、ハンドルを移動します。

    それに応じて距離が変化します。次に例を示します。

Was this helpful?
前へ
次へ