吸着補助平面または吸着補助線を使用したコンポーネント オブジェクトの拘束

Tekla Structures
2021
Tekla Structures

吸着補助平面または吸着補助線を使用したコンポーネント オブジェクトの拘束

それぞれのコンポーネント オブジェクトのハンドルを平面に個別に拘束する代わりに、吸着補助平面と吸着補助線を使用できます。 吸着補助平面 (または吸着補助線) 上にあるオブジェクトは、平面 (または線) とともに移動します。たとえば、8 つの距離変数を作成するのではなく、1 つの距離変数を作成するだけで済みます。

吸着補助平面を使用してハンドルを拘束する

  1. カスタム コンポーネント エディターで、[補助平面の作成] ボタン をクリックします。
  2. 4 つの点をピックして、補助平面の形状を定義します。

    たとえば、カスタム コンポーネントのすべてのハンドルとコーナーを網羅する補助平面を作成します。

  3. マウスの中ボタンをクリックします。

    Tekla Structures により補助平面が作成されます。次に例を示します。

  4. 平面をダブルクリックします。

    プロパティ パネルに平面のプロパティが表示されます。

  5. 平面の名前を入力します。
  6. [吸着] リストで、[はい] を選択します。
  7. [変更] をクリックします。

    これで、補助平面を移動すると、平面上のすべてのハンドルも同様に移動します。

  8. 補助平面を部材面に拘束します。
    1. 補助平面を選択し、右クリックして [平面に拘束] を選択します。
    2. 適切な部材面を選択します。

      たとえば、柱の内側フランジを選択します。

      Tekla Structures に、拘束の距離シンボルが表示されます。これで、部材面を移動すると、吸着補助平面のハンドルもそれに従って移動するようになります。

    注:

    参照点が吸着補助平面上にあるオブジェクトのみが影響を受けます。デフォルトでは、吸着距離は 0.2 mm になっています。この設定を変更するには、詳細オプション XS_​MAGNETIC_​PLANE_​OFFSET を使用します。

吸着補助線を使用してハンドルを拘束する

  1. カスタム コンポーネント エディターで、[補助線の作成] ボタン をクリックします。
  2. 補助線の始点をピックします。
  3. 補助線の終点をピックします。

    Tekla Structures により補助線が作成されます。

  4. 線をダブルクリックします。

    プロパティ パネルに線のプロパティが表示されます。

  5. 線の名前を入力します。
  6. [吸着] リストで、[はい] を選択します。
  7. [変更] をクリックします。

    これで、補助線を移動すると、線上のすべてのハンドルも同様に移動します。

  8. 補助線を部材面に拘束します。
    1. 補助線を選択し、右クリックして [平面に拘束] を選択します。
    2. 適切な部材面を選択します。

      Tekla Structures に、拘束の距離シンボルが表示されます。これで、部材面を移動すると、吸着補助線のハンドルもそれに従って移動するようになります。

Was this helpful?
前へ
次へ