カスタム コンポーネントへの変数の追加

Tekla Structures
2021
Tekla Structures

カスタム コンポーネントへの変数の追加

変数は、カスタム コンポーネントのプロパティです。 カスタム コンポーネント エディターで変数を作成し、それらの変数を使用してカスタム コンポーネントをモデル内の変更に対応させることができます。 カスタム コンポーネントのダイアログ ボックスに表示される変数もあれば、ダイアログ ボックスには表示されず、計算にのみ使用される変数もあります。

変数タイプ

次の 2 つのタイプの変数があります。

  • 距離変数: 2 つの平面の間または点と平面の間の距離を表します。 距離変数は部材を拘束したり、参照距離として機能したりします。

  • パラメーター変数: カスタム コンポーネントの他のすべてのプロパティ (名前、材質、ボルト呼びなど) を制御します。 パラメーター変数は計算にも使用されます。

距離変数

距離変数を使用してカスタム コンポーネント オブジェクトを平面に拘束することで、周囲のオブジェクトが変更された場合でも固定距離にコンポーネント オブジェクトを維持することができます。 距離変数は手動で作成することも、自動的に作成することもできます。

次のオブジェクトを平面に拘束できます。

  • 補助平面

  • 部材の参照点 (カスタム コンポーネント オブジェクトのみ)

  • ボルト グループの参照点

  • 角処理

  • 部材カットおよびポリゴン カットのハンドル

  • ライン カット

  • 鉄筋の参照点

  • 溶接金網および緊張材の参照点

  • フィッティング

カスタム コンポーネントのダイアログ ボックスに表示する距離変数を指定できます。 ダイアログ ボックスで値を編集する場合は、変数を表示します。 オブジェクトを平面に拘束するだけの場合は、変数を非表示にします。

パラメーター変数

パラメーター変数を使用して、カスタム コンポーネントで作成されるオブジェクトのプロパティを設定します。 変数を作成したら、カスタム コンポーネントのダイアログ ボックスで値を直接変更できます。

を作成して、値を計算することもできます。 たとえば、梁の長さを基準にしてスチフナーの位置を計算できます。

カスタム コンポーネントのダイアログ ボックスに表示するパラメーター変数を指定できます。 ダイアログ ボックスで値を編集する場合は、変数を表示します。 計算にのみ使用する場合には、変数を非表示にします。

注:

変数名に関しては、いくつかの制限があります。

  • 式の変数を正しく参照できるようにするには、変数名の長さを 19 文字以内にする必要があります。 長い名前の変数は、参照時に正しく機能しません。

  • 変数名に数学演算子 (+,-,*,/) を含めることはできません。

  • 変数名には、PIe などの数学定数を使用できません。

Was this helpful?
Previous
Next