モデルへのカスタム コンポーネントの追加

Tekla Structures
2021
Tekla Structures

モデルへのカスタム コンポーネントの追加

[アプリケーションとコンポーネント] カタログを使用して、カスタム コンポーネントをモデルに追加することができます。

モデルへのカスタム ジョイント、ディテール、またはシームの追加

  1. サイド パネルで [アプリケーションとコンポーネント] ボタンをクリックして、[アプリケーションとコンポーネント] カタログを開きます。
  2. コンポーネントを検索するには、カタログを参照するか、検索ボックスに検索語を入力します。

    カタログでは、カスタム コンポーネントに次のシンボルが付けられています。

    タイプ

    シンボル

    カスタム パーツ

    カスタム ジョイントまたはシーム

    カスタム ディテール

  3. 追加するカスタム コンポーネントを選択します。
  4. ステータス バーに表示される指示に従って、カスタム コンポーネントをモデルに追加します。
  5. プロパティを変更するには、モデル内でカスタム コンポーネントをダブルクリックします。

例: カスタム ジョイントをモデルに追加する

この例では、以前に作成したカスタム エンド プレート ジョイントをモデルに追加する方法を示します。モデル内のさまざまな状況に対応できるようにカスタム コンポーネントを変更していないため、元のカスタム コンポーネントと同様の場所に追加する必要があります。異なる場所に追加すると、カスタム コンポーネントが正しく機能しないことがあります。

  1. サイド パネルで [アプリケーションとコンポーネント] ボタンをクリックして、[アプリケーションとコンポーネント] カタログを開きます。

  2. カタログで、追加するカスタム エンド プレート ジョイントを選択します。

    Tekla Structuresステータス バーに手順が表示されます。

  3. メイン部材として柱を選択します。

  4. 副部材として梁を選択します。

    Tekla Structures によりエンド プレート ジョイントがモデルに追加されます。

モデル内でカスタム部材を追加または移動する

直接変更ハンドルおよび寸法を使用して、カスタム部材を追加または移動できます。モデル内のカスタム部材を選択できない場合は、[コンポーネントの選択] 選択スイッチがアクティブになっていることを確認します。

Note:

カットや角処理のある面にカスタム パーツを追加する場合、この方法は使用できません。直接変更を使用してカット面または角処理のある面にカスタム パーツを追加する前に、ビューでカット部材および角処理オブジェクトを非表示にする必要があります。

この方法をパラメーター カスタム パーツ (寸法が入力点によって変化するカスタム パーツ) に使用することは推奨されていません。プレビューは、デフォルトのカスタム パーツの寸法に基づいて簡素化され、スナップのフォーカスは通常と異なったものになります。

  1. [直接変更] がオンになっていることを確認します。
  2. サイド パネルで [アプリケーションとコンポーネント] ボタンをクリックして、[アプリケーションとコンポーネント] カタログを開きます。
  3. カタログで、追加するカスタム パーツを選択します。
  4. モデル内の部材面と縁端の上にマウス ポインターを移動して、カスタム部材がどのように回転し、部材面に合わせて調整されるかを確認します。

    別のオブジェクトにカスタム パーツを追加する場合は、Tekla Structures に、最も近いオブジェクトの縁端までの位置寸法が表示されます。

    入力点が 1 つしかないカスタム部材を追加する場合、Tab キーを押すことで、作業平面 y 軸を中心に 90 度ずつカスタム部材を回転できます。

  5. カスタム部材の入力点の数に応じて、1 つまたは 2 つの点を選択して、モデル内にカスタム部材を配置します。

    Tekla Structures に、カスタム パーツの位置と回転を微調整するために使用可能な座標軸、回転ハンドル、および位置寸法が表示されます。ハンドルはカスタム部材のローカル座標系に従って赤、緑、青になっています。

  6. マウスの中ボタンをクリックして位置と回転を確認します。

    Tekla Structures によりモデルにカスタム パーツが追加されます。

  7. いずれかの座標軸に沿ってカスタム部材を移動するには、関連する軸ハンドルを新しい位置にドラッグします。

  8. いずれかの座標軸を中心にカスタム部材を回転するには、関連する回転ハンドルを新しい位置にドラッグします。

    Tab キーを押して、選択した回転ハンドルの方向に 90 度ずつカスタム部材を回転させます。

  9. 距離または角度を指定することで、そのカスタム部材を移動または回転するには、次のようにします。
    1. 軸ハンドル、回転ハンドル、または寸法の矢印を選択します。
    2. 変更後の寸法の値を入力します。

      入力を開始すると、Tekla Structures によって [数値入力] ダイアログ ボックスが表示されます。

    3. [OK] をクリックして、新しい寸法を確定します。
  10. 変更をやめるには、Esc キーを押します。
Was this helpful?
Previous
Next