企業フォルダーまたは環境フォルダーを使用した、カスタマイズしたタブの配布

Tekla Structures
2021
Tekla Structures

企業フォルダーまたは環境フォルダーを使用した、カスタマイズしたタブの配布

カスタマイズしたリボン ファイルで既存のリボンを置き換える代わりに、タブ ファイルを企業フォルダーまたは環境フォルダー (プロジェクト フォルダーではなく) に配置することで、カスタマイズしたタブを社内の他のユーザーに配布することができます。カスタマイズしたタブは、同じ企業フォルダーまたは環境フォルダーを使用する全ユーザーのリボンの端に自動的に追加されます。したがって、管理者は、個々のユーザーによるリボンのカスタマイズを許可しながら、社内のすべてのユーザーにカスタマイズを配布できます。

カスタマイズしたタブはリボン エディタ に表示されないため、ユーザーが編集できないことに注意してください。管理者がカスタマイズしたタブの内容を更新すると、ユーザーは Tekla Structures を再起動したときに更新を受け取ります。タブは構成に固有ではないため、ユーザーの Tekla Structures ライセンスに関係なくインポートされます。ユーザーの構成では利用できないコマンドがタブに含まれている場合、それらのコマンドはリボン上で淡色表示になります。
注:

企業フォルダーを使用してカスタム タブを配布する場合は、.ini ファイル (user.initeklastructures.iniproject.inicompany.ini など) で企業フォルダー パスを設定する必要があります。詳細設定 XS_FIRM で企業フォルダー パスを設定した場合、詳細設定の XS_FIRM 定義はモデル レベルで作成され、カスタム タブを初期化するには遅すぎるため、タブ ファイルは正しく機能しません。

  1. 会社の企業フォルダーまたはシステム フォルダーに、次のフォルダー構造を作成します。

  2. リボン エディタ で、カスタマイズしたタブを作成し、いくつかのコマンドをそのタブに追加します。
  3. リボンを保存します。
  4. ..\Users\<user>\AppData\Local\Trimble\Tekla Structures\<version>\UI\Ribbons フォルダーに移動します。
  5. テキスト エディター (メモ帳など) で、他のユーザーと共有するタブが含まれているリボン *.xml ファイルを開きます。
  6. 最初の行と、共有するタブの説明を除き、リボン ファイルから他のすべての内容を削除します。

    または、必要なコンテンツを新しいテキスト ファイルにコピーすることもできます。

    例:

    <?xml version="1.0" encoding="utf-8" standalone="yes"?>
    <Tab Header="My Tab" IsCollapsed="false" IsUserDefined="true">
      <SimpleButton X="0" Y="0" Width="3" Height="4" Command="Common.Interrupt" Text="command:ShortText" Icon="myicon.png" ShowText="true" ShowIcon="true" />
      <SimpleButton X="3" Y="0" Width="3" Height="4" Command="RibbonEditor.Open" Text="command:ShortText" Icon="somefolder\myicon2.png" ShowText="true" ShowIcon="true" />
    </Tab>

    ボタン アイコンでは、相対パスが使用されます。アイコン パスは、タブの読み取り元の *.xml ファイルを基準とします。たとえば、Icon="myicon.png"*.xml ファイルと同じフォルダー内のアイコンを参照し、Icon="somefolder\myicon2.png" はサブフォルダー内のアイコンを参照します。

    別の方法として、次のように 1 つ上のフォルダーに戻ることもできます。Icon="..\myicon.png".

  7. *.xml ファイルに新しい名前を付けて、..\CustomTabs\Modeling または ..\CustomTabs\Drawing フォルダーに保存します。

    タブ ファイルのファイル名拡張子は *.xmlです。タブと同じ名前を使用することをお勧めします。たとえば、「MyTab.xml」と入力します。ファイル名では大文字と小文字が区別されません。

    ファイルを保存したフォルダーに応じて、タブがモデリング モードまたは図面モードのリボンに追加されます。同じフォルダーに複数のカスタム タブ ファイルが存在する場合があるので注意してください。ファイルは順にリボンに追加されます。環境フォルダーと企業フォルダーの両方に同じタブ ファイルが存在する場合、その企業バージョンで環境バージョンが上書きます。

    注:

    ファイル名の競合を回避するため、管理者がすべてのカスタム タブ ファイルの接頭辞として会社名を付け、機能拡張のデベロッパーがカスタム タブ ファイルの接頭辞として機能拡張の名前を付けることをお勧めします (例: MyExtension_TabName.xml)。

  8. タブにユーザー定義コマンドが含まれている場合は、..\Users\<user>\AppData\Local\Trimble\Tekla Structures\<version>\UI\Commands フォルダーの UserDefined.xml ファイルを、手順 1 で作成した \Commands フォルダーにコピーします。
  9. Tekla Structures を再起動します。

    カスタマイズしたタブがリボンの端に表示されます。

Was this helpful?
Previous
Next