[解析]タブ

Tekla Structures
2021
Tekla Structures

[解析]タブ

Tekla Structuresが解析でジョイントとディテールを処理する方法を指定するには、鉄骨ジョイントダイアログボックスまたはディテールダイアログボックスの[解析]タブを使用します。

オプション 説明
[解析拘束を使用する] [はい]に設定すると、ジョイントの部材の解析プロパティの代わりに、ジョイントの解析プロパティまたは解析のディテールが使用されます。

解析モデルを作成する場合は、[解析モデルプロパティ]ダイアログボックスの[各部材の支持条件による][はい]に設定する必要があります。

詳細、「解析モデルプロパティ」を参照してください。

[部材選択] 解析プロパティを各ジョイント部材([メイン部材][副部材1][副部材2]など)に関連付けるために使用します。
[拘束組み合わせ] 詳細、「Defining support conditions」を参照してください。
[支持条件]
[軸方向部材オフセット] 詳細、「解析部材のプロパティ」を参照してください。
[解析断面] Tekla Structuresでは、ジョイントまたはディテールの剛性を考慮に入れるために、物理モデルのプロファイルではなく、このプロファイルを解析に使用します。
[解析プロファイル長] 解析では、Tekla Structuresにより物理モデルの部材のプロファイルが無視され、この長さが解析に使用されます。
Was this helpful?
前へ
次へ