Tekla Structural Designer から解析モデルへの変更のインポート

Tekla Structures
2021
Tekla Structures

Tekla Structural Designer から解析モデルへの変更のインポート

Tekla Structural Designer を解析アプリケーションとして使用し、Tekla Structural Designer でモデルを解析、設計および変更した場合、その変更を Tekla Structures にインポートすることができます。

Tekla Structural Designer で作成した新しい部材、プロファイルおよび材質の変更、設計意図の鉄筋、その他解析結果をインポートすることができます。

Tekla Structural Designer で対応する部材を移動した場合でも、Tekla Structures モデルの既存の部材の位置は変更されません。

鉄筋をインポートするには、Tekla Structures および Tekla Structural Designer の互換性のあるバージョンをコンピューターにインストールして、元の Tekla Structural Designer ファイル (.tsmd) にアクセスする必要があります。

  1. インポート先の Tekla Structures モデルを開きます。
  2. [解析] タブで、[解析モデル] をクリックします。
  3. [解析モデル] ダイアログ ボックスで、次の操作を実行します。
    1. インポート先の解析モデルを選択します。
    2. [結果取得] をクリックします。
  4. [Tekla Structural Designerのインポート] ダイアログ ボックスで、次の操作を実行します。
    1. [ファイルのインポート] の横にある [...] をクリックし、Tekla Structural Designer からエクスポートしたファイルを参照および選択します。

      鉄筋をインポートするには、元の Tekla Structural Designer モデル ファイル (.tsmd) を選択します。 鉄筋セットは、パッド フーチング、ストリップ フーチング、梁、柱、壁に作成できます。 溶接金網は転送されません。

    2. 以下の基準線オプションのいずれかを選択します。
      • インポートファイルからグリッドをインポート: インポート ファイルから基準線が Tekla Structures モデルにインポートされます。 基準線パターンが作成され、インポートされたすべての基準線が個々の基準平面としてこのパターンに追加されます。
      • 既存の Tekla Structures グリッドの削除: インポートすると、現在の Tekla Structures モデルからすべての基準線/平面が削除されます。
    3. 以前に Tekla Structural Designer からインポートされた Tekla Structures モデルでスラブおよび壁の開口部を削除する場合は、[以前にインポートした開口部を削除する] チェック ボックスをオンにします。
    4. [位置] セクションを開き、モデルをインポートする 位置を指定します。 以下のいずれかの操作を行います。
      • [X][Y]、および [Z] の各ボックスに、Tekla Structures モデルの全体座標原点に対するインポートされたモデルのオフセットを入力します。

      • [ピック] をクリックし、Tekla Structures モデル内のインポート モデル基準点の位置をピックします。

      回転を指定することもできます。

    5. [鉄筋] セクションで、鉄筋をインポートするかどうか、どのようにインポートするかを定義します。

      [鉄筋] セクションとそのオプションは、インポート ファイルとして .tsmd ファイルを選択した場合にのみ使用できるようになります。

    6. 推奨プロファイル、材質等級、および鉄筋の等級変換を確認するには、[変換] セクションを開き、プレビュー ボタンをクリックします。

      インポートでは、標準プロファイルおよび等級を含む内部変換リストが使用されます。 内部変換を使用して、いずれかの部材のプロファイルまたは等級を変換できない場合、[変換] テーブル内で Tekla Structures 名が次のテキストに置き換えられます。

      --- NO MATCH ---

    7. テキスト --- NO MATCH --- が表示されるか、標準変換を上書きする場合は、次のようにプロファイル、材質、鉄筋の等級を変換することができます。
      • テキスト エディタで、ファイル名拡張子 .cnv を使用して、プロファイル、材質、鉄筋の等級変換ファイルを作成します。
      • テキスト ファイルで、Tekla Structural Designer のプロファイル、材質、または鉄筋の等級名、プロファイルの場合は # 記号とプロファイル コード、次に等号 (=)、そして対応する Tekla Structures の名前を入力します。

        これを行う場合、必要に応じて最寄りの Tekla サポートにお問い合わせください。

        鉄筋の等級変換ファイルで、等級名の下の行に、等級のサイズ マッピングを同じ方法 (タブでインデント) でリスト表示します。

      • [プロファイル変換ファイル]、[材質変換ファイル]、[鉄筋変換ファイル] の各ボックスで、プロファイルおよび等級のマッピングに使用する変換ファイルを指定します。

        [鉄筋変換ファイル] ボックスは、互換性のあるバージョンの Tekla Structural Designer がインストールされており、.tsmd インポート ファイルが選択されている場合にのみ使用できます。

      変換ファイルを使用しない場合でも、変換できないプロファイルまたは材質等級を持つ部材が作成されますが、無効な可能性があるインポート ファイル プロファイルまたは材質等級が使用されます。

    8. ダイアログボックスの下部にある [モデル比較ツールの表示] チェック ボックスをオンにします。
    9. [インポート] をクリックします。

      [モデル比較ツール] に、[追加済み][更新済み][削除済み]、または [未変更] のフラグが付けられたすべての部材が表示されます。

  5. [モデル比較ツール] で、次のように変更を承諾または破棄します。
    1. 適切なタブに移動します ([追加済み][更新済み][削除済み]、または [未変更])。
    2. オブジェクトのプロパティを表示するには、左側のリストからオブジェクトを選択します。

      選択したオブジェクトが更新または削除された場合や、変更されていない場合は、モデル内でもそのオブジェクトがハイライトされます。

    3. 比較ツール リストで Tekla Structures オブジェクト ID をオブジェクト名に付加する場合は、[部材 ID を表示] チェック ボックスをオンにします。
    4. 更新されたオブジェクトに関する情報の量を減らすには、[変更されたフィールドのみ表示] チェック ボックスをオンにします。

      すべてのオブジェクト プロパティではなく、変更された値のみ表示されます。

    5. [追加済み][更新済み][削除済み] の各タブで、インポートまたは更新する各オブジェクト (またはオブジェク トタイプ) のオブジェクト名の後にあるチェック ボックスがオンになっていることを確認します。
    6. [更新済み] タブで、更新するオブジェクトごとに左側のリストからオブジェクトを選択した後、プロパティのリストで、更新対象の値を持つオブジェクト プロパティごとに [更新の適用] チェック ボックスをオンにします。
    7. インポート ファイルに含まれる Tekla Structures モデルに以前は存在しなかったオブジェクトを除外する場合は、[新しいオブジェクトの追加] チェック ボックスをオフにします。
    8. インポート ファイルに含まれず、Tekla Structures モデルに現在存在しているオブジェクトを削除する場合は、[現在のオブジェクトの削除] チェック ボックスをオンにします。

      このチェック ボックスをオフにすると、オブジェクトは削除されません。

    9. 現在の設定を使用してインポートを実行するには、[変更を受け入れる] をクリックします。

    [Tekla Structural Designerのインポート] ダイアログ ボックスの [処理ログ] に、インポートされた部材の数やインポートに関連した警告またはエラーなど、インポートの結果が表示されます。

  6. [Tekla Structural Designerのインポート] ダイアログ ボックスを閉じます。
Was this helpful?
前へ
次へ