新しい点群設定とその他の機能強化

Tekla Structures
2020
Tekla Structures

新しい点群設定とその他の機能強化

Tekla Structures 2020 では、[点群] サイド パネルが完全に新しくなりました。

新しい点群機能は、点群をモデルに関連付けし、[DirectX レンダリング] がアクティブな場合に使用できます。

点群の [ビューア] 設定はビューに固有であり、設定は 1 つのビューに対してのみ有効です。また、その名前は [点群] サイド パネルの上部に表示されます (複数のビューを選択していない場合)。[プロパティ] 設定は、点群がリストから選択されている場合にのみ有効です。

以下を行うことができるようになりました。

  • 点群の位置、縮尺、回転を調整します。値を変更するには、サイド パネルで点群を選択する必要があります。

    [リセット] ボタンは、最後に点群に設定した値を返します。

  • EDL (環境光) 効果を使用すると、点群のデプスの認識が向上します。スライダーをドラッグし、点群のアウトラインの太さと濃さを増減します。EDL 効果を無効にするには、[EDL] ボタンをクリックします。

  • スライダーをドラッグして、ポイントのサイズと密度を調整します。

  • 通常、デフォルトの色の値が使用されています。高さごとに点群に色を付けることもできます。

  • 点群に分類が含まれている場合、分類カテゴリー ポイントの色を変更したり非表示にしたりできます。

  • 干渉と偏差をチェックします。調整可能な設定に基づいて、選択した部材および選択した参照モデル オブジェクトの中、またはそこから一定の距離内にあるポイントを検出します。

  • 許容値設定はビュー固有であるため、ビューごとに異なる許容値を使用することができます。

  • 将来のニーズに応じて、設定ファイルにプロパティとビジュアル化設定を保存します。

点群における他の機能向上

  • 新しい機能に加えて、ビューの検出が強化され、必ずしもビューを選択する必要がなくなりました。現在の設定が影響するビューの名前は、サイド パネルの上部に表示されます。

  • 点群のデフォルト キャッシュ フォルダーはすべてのバージョンで共通にあり、バージョン固有のフォルダーが削除されました。

  • [点群] サイド パネルの使いやすさが次のように向上しました。

    • 点群名の上にごみ箱が表示され、長い名前の点群を簡単に削除できるようになりました。

    • 水平スクロールが無効になりました。点群の名前全体を表示するには、サイド パネルの幅を調整します。

    • パネルの幅が自動的に変更されなくなりました。

点群の詳細については、「点群」を参照してください。

Was this helpful?
前へ
次へ