ダイアログ ボックスの使用方法

Tekla Structures
2020
Tekla Structures

ダイアログ ボックスの使用方法

ダイアログ ボックスを使用して、Tekla Structures のさまざまなオブジェクトのプロパティを表示し、変更できます。通常、モデルまたは図面でオブジェクトをダブルクリックするとダイアログ ボックスが開きます。

注:

部材プロパティなどのモデル オブジェクト プロパティは、ダイアログ ボックスではなくプロパティ パネルで変更します。

ダイアログ ボックスに共通のボタンを学ぶ

次の表は、Tekla Structures ダイアログ ボックスに表示されるいくつかの共通のボタンを示しています。

ボタン

説明

プロパティを保存してダイアログボックスを閉じます。次回このタイプのオブジェクトを作成するときには、Tekla Structuresによりこれらのプロパティが使用されます。

ダイアログボックスを閉じずにプロパティを保存します。次回このタイプのオブジェクトを作成するときには、Tekla Structuresによりこれらのプロパティが使用されます。

ダイアログボックスの現在のプロパティを使用して、選択したオブジェクトを変更します。

選択したオブジェクトのプロパティをダイアログボックスに取り込みます。複数のオブジェクトが選択されている場合は、Tekla Structuresによってそれらのオブジェクトのいずれかのプロパティが無作為に取り込まれます。

ダイアログボックス内のすべてのチェックボックスのオン/オフを切り替えます。

プロパティを保存せず、オブジェクトも変更せずにダイアログを閉じます。

リストに表示されたファイルのプロパティが保存されます。

以前に保存したプロパティをダイアログボックスに読み込みます。サブダイアログボックスが開かれていなくても、Tekla Structuresによりサブダイアログボックスのプロパティも読み込まれます。使用するプロパティファイルの名前を選択します。

詳細については、「オブジェクト プロパティの保存および読み込み」を参照してください。

プロパティをボックスで指定した名前で保存します。 [名前を付けて保存] ボタンを押すと、[読み込み] リストも更新されます。 これは、手動でファイルを追加または削除する場合に重要になります。

Tekla Structuresにより、プロパティファイルがモデルフォルダに保存されます。ファイルには、サブダイアログボックスのプロパティも含まれます。

詳細については、「オブジェクト プロパティの保存および読み込み」を参照してください。

ダイアログ ボックスを使用したオブジェクト プロパティの変更

  1. オブジェクトをダブルクリックして、プロパティ ダイアログ ボックスを開きます。

  2. 変更するプロパティを指定するには、目的のチェック ボックスをオンまたはオフにします。

    たとえば、部材マークの名前だけを同じにして、その他の個別のプロパティを変更しない場合、[名前] チェック ボックスだけがオンになっていることを確認します。

    ヒント:

    をクリックして、すべてのチェック ボックスをオンまたはオフにします。

  3. 必要に応じてプロパティを変更します。

  4. 変更するオブジェクトを選択します。

  5. [変更] をクリックします。

    Tekla Structures によって、選択したチェック ボックスのプロパティが変更されます。

Was this helpful?
前へ
次へ