Tekla Model Sharing の改良点

Tekla Structures
2019
Tekla Structures

Tekla Model Sharing の改良点

Tekla Structures 2019 では、 Tekla Model Sharing に複数の改良点があります。

図面のバージョンの管理

Tekla Model Sharing モデルでは、 競合状態 にある 異なるバージョンの図面を一覧表示 したり、図面スナップショットを表示したりできます。図面に誤って加えた変更を適切に管理して、正しい内容のバージョンに戻すことができるようになりました。

ローカル バージョンのモデルで同一の図面を変更し、あるユーザーがアウトを行った場合、[ 変更リスト ] を読み込むと、他のユーザーのローカル バージョンのモデルとの競合が表示されます。

[ 図面のバージョン ] ダイアログ ボックスおよび図面のスナップショットを開くには、[ 変更リスト ] で変更された図面を選択し、右クリックして [ 開いているバージョン ] を選択します。

[ 図面のバージョン ] ダイアログ ボックスで、図面のバージョンを選択し、右クリックして選択したバージョンを開くことができます。図面のバージョンを保存し、アウトを行って、そのバージョンをすべてのユーザーの現在のバージョンにすることができます。

地域の設定の確認

共有モデルに参加すると、 Tekla Model Sharing により、現在の Windows システム ロケールに、モデルの共有時に使用されたシステム ロケールとの互換性があるかどうかが確認されるようになりました。現在のシステム ロケールに互換性がない場合、 Tekla Structures により、システム ロケールの変更を求められます。これは、共有モデルへの参加にかかる労力と時間が最小限に抑えられるため、特に Tekla Model Sharing の新しいユーザーにとって便利です。

この確認機能は、分散したチームがモデルを使用する場合の問題を回避するのに役立ちます。モデルの共有の開始時に使用されたシステム ロケールとの互換性がないシステム ロケールで共有モデルが開かれると、 Tekla Structures が正しく機能しないことがあります。

出力装置設定 (plotdev.bin) の共有

plotdev.bin ファイルがモデル フォルダーにある場合、このファイルが共有されるようになりました。これにより、1 人のユーザーによって管理されている同じ設定を使用して、すべてのチーム メンバーがプリンター出力を生成できます。

plotdev.bin ファイルには、[ プリンターカタログ ] (以前の印刷) で作成した、PDF への出力、ファイルまたは別のプリンターへの出力、および異なるサイズでの出力に使用可能な出力装置定義が含まれています。

図面の印刷に関する一般情報については、「 図面の印刷 」を参照してください。

参照モデル オブジェクトを使用した共有操作のパフォーマンスの向上

インおよびアウト中の参照モデル オブジェクトの照会が最適化され、以前よりも高速になっています。これにより、特に共有モデルに多数の参照モデル オブジェクトがある場合に、インおよびアウト操作が高速化されます。

[ 変更リスト ] には、新しい参照モデル オブジェクトの名前が表示されなくなりました。

パラメトリック プロファイルの処理の改良

共有モデルでパラメトリック プロファイル ( .clb ) が正しく表示されるようになりました。

以前のバージョンでは、パラメトリック プロファイルを持つ部材が線状で表示され、正しく表示するには Tekla Structures を再起動する必要がありました。場合によっては、ユーザーがパラメトリック プロファイルを手動でインポートしたことが原因で、問題が発生することもありました。

競合する変更の処理の改良

インを行うときに、部材カット、現場ボルト、追加された部材、角処理 (面取り)、現場溶接、工場溶接、ポリライン溶接、およびサブアセンブリの競合する変更が削除されるようになりました。

たとえば、1 人のユーザーが部材カットを削除してアウトを行います。別のユーザーが同じカットを変更している場合、変更を共有するにはインを行う必要があります。インを行うと、部材の正しいナンバリングが維持され、部材カットが削除されるようになりました。

図面の状態の正しい表示

2 人のユーザーがローカルでナンバリングを実行した場合に、[ ドキュメント管理 ] の図面状態フラグが正しく表示されるようになりました。ナンバリングの実行後、1 人のユーザーがアウトを行います。もう 1 人のユーザーは引き続き部材を変更し、インを行います。このユーザーのローカル モデルのナンバリングが上書きされます。以前のバージョンでは、実際には最新の図面でも、もう 1 人のユーザーには図面が最新の状態ではないと表示されていました。本バージョンから、この状態フラグがクリアされ、図面の状態が想定どおりに正しく表示されます。

次世代の共有サービスによる拡張性の向上

Tekla Structures 2019 は、次世代の共有サービス (v. 2.0) を使用する最初のバージョンです。この共有サービスは、モデル シェアリングの使用を拡大するための確実な拡張を可能にします。

新しくリリースされた共有サービスでは、サービス アーキテクチャが更新されています。旧バージョンの Azure サービスはすべて、新バージョンの Azure サービスに置き換えられています。 Tekla Structures の以前のバージョンでは、旧バージョンの Azure サービスを利用する旧型の共有サービスが使用されます。

共有サービスへの接続の簡略化

新しい共有サービスでは、必要なネットワーク設定をより簡単に行えるようになりました。

Tekla Structures 2019 以降では、送信 TCP ポート 443 (HTTPS のデフォルト) のみが送信用として開いている必要があります。通常、これはデフォルトで開いています。

以前のバージョンの Tekla Structures では、最高のパフォーマンスを得るために、Microsoft の推奨に従い、これまでのように TCP ポート 9350 ~ 9354 が送信用として開くように設定する必要があります。

Was this helpful?
前へ
次へ