DWG エクスポートの改良点

Tekla Structures
2019
Tekla Structures

DWG エクスポートの改良点

DWG エクスポート ダイアログ ボックスに、いくつかの改良が加えられています。たとえば、プレビューが別のウィンドウで開くようになっています。また、[ レイヤルール ] タブに新しいカラー コードが追加されています。これらのカラー コードは、新しい DWG ファイルが読み込まれること、および DWG ファイルにレイヤーがないことを示します。また、DWG エクスポートではいくつかの新しい確認メッセージが表示されます。エクスポートされたブロックの名前には、識別しやすくするために図面 ID が含まれるようになりました。さらに、出力フォルダー定義に相対位置を入力できるようになりました。

エクスポート ダイアログ ボックスの変更点

[ 図面を DWG/DXF にエクスポート ] ダイアログ ボックスが次のように改良されました。

  • エクスポート ダイアログ ボックスのレイアウトが、使いやすく明確になりました。

  • 図面プレビューが別のウィンドウで開き、そのウィンドウで現在の図面の変更もできるようになりました。プレビューを開くには、[ プレビューを開く ] をクリックし、[ プレビューを更新 ] をクリックします。

  • [ レイヤルール ] ルール タブで、設定 [ DWG テンプレート ] の名前が [ DWG の対象のレイヤ ] に変更されています。[ DWG の対象のレイヤ ] リストから新しい DWG ファイルが読み込まれるときに、対象のレイヤー ボックスが一時的に黄色に変わります。DWG ファイルに利用可能なレイヤーが存在しない場合は、ボックスが赤色に変わります。

  • DWG または DXF ファイルが検索されて読み込まれるまで、[ ブラウズ... ] ボタンの横に DWG ファイルが見つかりません というテキストが表示されます。

  • [ エクスポートファイル ] ボタンをクリックすると、エクスポートを開始する前に Tekla Structures によりファイルを書き込むことができるかどうか確認され、必要なアプリケーションを閉じるように求められます。また、ファイルが既に存在するかどうか確認され、既存のファイルを上書きするかどうか尋ねられます。

DWG エクスポートのその他の改良点

  • DWG エクスポートで、エクスポートされたブロックの名前に図面 ID が含まれるようになり、識別しやすくなりました。以前のバージョンでは、ブロック名はオブジェクト タイプとエクスポート順番番号で構成されていました。

  • DWG エクスポートで、相対位置が出力フォルダー定義でサポートされるようになりました。定義された出力フォルダーがエクスポート設定に保存されるようになりました。相対フォルダー位置を使用するには、フォルダー名の前に .\ を追加します。

  • 複数の図面に対して図面の DWG エクスポートを使用する場合、これまではエクスポート前に更新が必要な図面ごとにダイアログ ボックスが表示されていました。本バージョンから、最後に 1 つのダイアログ ボックスが表示されます。

  • DWG エクスポートで、エクスポートする線タイプが Tekla Structures オブジェクトおよびレイヤーに追従することを選択している場合、連続した線タイプが明示的に連続した線タイプとしてエクスポートされるようになりました。これまでは、連続する線タイプはレイヤーとしてエクスポートされていました。

役に立ちましたか?
前へ
次へ