Tekla Model Sharingでのオブジェクトロック、図面ロック、権限

Tekla Structures
2019
Tekla Structures

Tekla Model Sharingでのオブジェクトロック、図面ロック、権限

オブジェクトロック、図面ロック、権限を使用して、共有モデルオブジェクトや共有図面へのユーザーアクセスや編集の権限を制御できます。

オブジェクトロック

製品とキャストユニット、およびモデル オブジェクトをロックして、オブジェクトを誤って変更したりナンバリングしたりしないようにできます。これは、複数の組織が同じ共有モデルを操作する際に、作成した製品、キャスト ユニット、およびモデル オブジェクトが変更されないようにする場合に便利です。

組織ロックは、製品、キャスト ユニット、およびモデル オブジェクトを、特定の組織の従業員以外のユーザーが変更できないようにするロックです。製品、キャスト ユニットおよびモデル オブジェクトは、[ オブジェクトロック ] ダイアログ ボックス ([ 管理 ] > [ ロック ]) で、[ 他のユーザー用 ] にロック済みとしてマークされます。ロックには [ 製品 ] オプションを使用することをお勧めします。これは製品内のオブジェクトの編集も防止します。

Note:

組織の情報は、 Trimble Identity ではなく、Windowsのユーザーアカウントに基づいています。

XS_OBJECTLOCK_DEFAULT 詳細設定を使用して ORGANIZATION にデフォルトのロック状態を設定し、製品、キャスト ユニット、およびモデル オブジェクトが作成時に自動的に [ 他のユーザー用 ] にロックされるようにすることをお勧めします。

デフォルトの組織ロック状態の設定

新しい製品やキャスト ユニットはすべて、作成時にデフォルトのロック状態を自動的に設定できます。デフォルトのロック状態を設定するには、 XS_​OBJECTLOCK_​DEFAULT 詳細設定を使用します。デフォルトのロック状態は、 ORGANIZATION または NO です。モデルを共有し始めると、ロック状態が未設定のすべての製品およびキャストユニットに、デフォルトのロック状態が設定されます。

デフォルトの組織ロック状態を設定するには、次のようにします。

  1. [ ファイル ] メニューで、[ 設定 > 詳細設定 > モデリング ] をクリックします。

  2. XS_​OBJECTLOCK_​DEFAULT 詳細設定を ORGANIZATION に設定します。

  3. [ OK ] をクリックします。

    新しい製品とキャスト ユニットは所属する組織のためにロックされ、[ オブジェクトロック ] ダイアログ ボックスでのロック状態は [ 他のユーザー用 ] になります。所属する組織のユーザーは、製品やキャスト ユニットのオブジェクトを変更できます。所属する組織以外のユーザーには、ロック状態は [ 自チーム用 ] として表示されます。

ロック状態の変更

ロック状態を変更するには、次のようにします。

  1. [ 管理 ] タブで [ ロック ] をクリックします。

    [ オブジェクトロック ] ダイアログ ボックスが開きます。

  2. モデル内のオブジェクトを選択します。

    製品およびキャスト ユニット レベル、またはモデル オブジェクト レベルでオブジェクトを選択できます。[ 製品 ] および [ すべてのオブジェクトタイプ ] オプションと [ サブオブジェクト ] チェック ボックスを使用して、選択のレベルを定義します。

  3. [ オブジェクトを追加 ] ボタン をクリックし、製品、キャスト ユニット、またはオブジェクトをリストに追加します。

    オブジェクトがリストに表示されると、その [ オブジェクトタイプ ]、[ 名前 ]、[ ロック状態 ] を確認できます。

  4. ロックの状態を変更するには、リストまたはモデルから製品またはオブジェクトを選択し、ダイアログ ボックスの下部にあるリストから新しいロック値を選択して、[ 設定 ] をクリックします。

    ロック状態が変更されます。

    オブジェクトロックの設定状況 ロック対象

    製品が [ 組織 ] に ([ ロック状態 ] ステータスは [ 他のユーザー用 ])、製品内のオブジェクトが [ いいえ ] に設定されている。

    製品と製品内のオブジェクトが所属する組織のためにロックされ、所属する組織のユーザーが製品または製品内のオブジェクトを変更できます。

    他の組織のユーザーは、製品または製品内のオブジェクトを変更できません。製品と製品内のオブジェクトは、モデルに緑色で表示されます。

    製品が [ はい ] に、製品内のオブジェクトが [ いいえ ] に設定されている。

    製品と製品内のオブジェクトはすべてのユーザーを対象としてロックされ、どのユーザーもオブジェクトを変更できません。

    製品と製品内のオブジェクトは、モデルに赤色で表示されます。製品またはオブジェクトの削除、変更、ナンバリングを行うことはできません。

    製品が [ いいえ ] に、製品内のオブジェクトが [ いいえ ] に設定されている。

    製品または製品内のオブジェクトはロックされておらず、すべてのユーザーがオブジェクトを変更できます。

    製品と製品内のオブジェクトは、モデルに緑色で表示されます。

リストをクリアするには、[ データをリセット ] ボタン をクリックします。

ロック状態を表示するには、レポートテンプレートの ASSEMBLY.OBJECT_​LOCKEDASSEMBLY.OWNER_​ORGANIZATIONASSEMBLY.LOCK_​PERMISSION の3つのテンプレートフィールドを使用できます。

また、オブジェクト表現を使用してロックをビジュアル化することもできます。オブジェクト表現を共有すると、プロジェクトの他のメンバーもロック状態を視覚的に確認できます。

図面ロック

図面をロックして、編集できるように図面を予約し、図面が変更されないようにすることができます。図面がロックされていて、ロックが共有されている場合、他のユーザーは図面を変更できません。

  1. すべてのモデル変更を イン します。

  2. [ ドキュメント管理 ] を開き、直接編集 を有効にして、図面の横にある [ ロック ] 列をクリックします。

    [ ロック元 ] の [ ドキュメント管理 ] 列には、図面をロックしたユーザーが表示されます。

  3. アウト を行って、図面ロック情報を共有します。

  4. 図面を編集するために、図面ロックを開きます。

  5. 必要に応じて、図面を編集します。

  6. アウトを行って、更新した図面を共有します。

権限

モデルを作成したユーザー、または同じ組織のすべてのユーザーは、 権限 を使用してモデルへの特定のアクセス権限を制御できます。実際には、モデルの権限は privileges.inp ファイルを通じて制御されます。アクセス権が privileges.inp で制限されていない限り、すべてのユーザーがロック状態を変更できます。

privileges.inp ファイルを変更することで、次のアクセス権限を制御できます。

アクセス権限を変更するには、次のようにします。

  1. モデルを閉じます。

  2. privileges.inp ファイルを任意のテキストエディタで開きます。

  3. 必要な設定を変更し、モデルフォルダに privileges.inp ファイルを保存します。

  4. モデルを開き直します。

  5. アウト を行い、権限情報を共有します。

Was this helpful?
前へ
次へ