Tekla Model Sharingでのモデルのベースラインの作成

Tekla Structures
2019
Tekla Structures

Tekla Model Sharingでのモデルのベースラインの作成

Tekla Model Sharing では、モデルの オーナー が、モデルの現在の進捗を記録し、また新しいユーザーがモデルに迅速に参加できるように、共有サービスでモデルの新しい開始点を作成できます。この新しい開始点は ベースライン になります。ベースラインは、モデルの現在の状態のスナップショットです。ベースラインを作成すると、モデル全体が常に共有サービスに書き込まれます。 オーナー には、新しいユーザーをモデルに招待するときに新しいベースラインを作成することをお勧めします。

  1. [ ファイル ] メニューで、[ 共有 > ベースラインの作成 ] をクリックします。
  2. [共有設定] ダイアログ ボックスで変更コメントの入力が有効な場合は、コードまたはコメントを入力します。

    モデル全体が共有サービスに アウト されます。共有から除外されたファイルとフォルダは、ベースラインに含められません。

    ベースラインの作成時にインを行う必要がある場合、他のユーザーの変更をインした後に [ ベースラインの作成 ] コマンドを繰り返す必要があります。

  3. 必要に応じて、モデルに 参加 するよう他のユーザーを招待します。

    新しいユーザーがモデルに参加すると、[ 使用可能な更新 ] リストが開きます。

    その後、ユーザーは参加するベースラインまたは更新を選択できます。 使用可能な更新 [] リストには、最新のベースラインの後のすべてのベースラインと更新が表示されます。最新のものだけでなく、任意のベースラインまたは更新を参加対象として選択できます。以前のベースラインまたは更新に参加することによって、モデル履歴を遡り、たとえば、特定の日付のモデルの状態を確認できます。

    既に多くの変更が加えられているモデルに参加するユーザーは、ベースラインに参加すると便利です。更新ではなくベースラインに参加した方が高速です。

    モデルに参加すると、更新された増分パケットのみが 共有サービス からインされます。

    ヒント:

    [ アプリケーションとコンポーネント ] カタログから 共有自動化ツール を使用してベースラインを作成することもできます。

Was this helpful?
前へ
次へ