Tekla Model Sharingでの共有モデルのマルチユーザーモデルへの変換

Tekla Structures
2019
Tekla Structures

Tekla Model Sharingでの共有モデルのマルチユーザーモデルへの変換

必要に応じて、 Tekla Model Sharing での共有モデルの作業を停止し、モデルのローカルバージョンをマルチユーザーモデルに変換できます。

マルチユーザーモード では、モデルを同時に共有して使用することはできません。モデルの共有手段として、 Tekla Model Sharing の代わりにマルチユーザーモデルを使用し始める場合は、まず共有サービスからモデルのローカルバージョンを除外した後、マルチユーザーモデルに変換する必要があります。

注:

除外されたモデルには、共有サービスにある元の共有モデルとのつながりがありません。つまり、共有サービスからモデルのローカルバージョンを除外してマルチユーザーモードでモデルを使用し始めると、後になって元の共有モデルとマルチユーザーモデルとの結合ができないということです。

  1. 共有モデルのローカル バージョンを共有サービスから除外して、シングルユーザー モデルに変換します。
    1. マルチユーザーモデルに変換する共有モデルを開きます。
    2. [ ファイル ] メニューで、[ 共有 > モデルシェアリングから除外 ] をクリックします。

      確認メッセージが表示されます。

    3. [ 続ける ] をクリックします。

      モデルは、自動的にシングルユーザーモデルになります。

      モデルのローカルバージョンが共有サービスから切断され、変更のアウトとインを行うことができなくなります。ただし、モデルインスタンスは引き続き共有サービスに存在するため、他のユーザーは通常どおりモデルを使用し続けることができます。

  2. 現在のシングルユーザー モデルをマルチユーザー モデルに変換します。
    1. [ ファイル ] メニューで、[ 共有 > マルチユーザー モデルに変換 ] をクリックします。
    2. [ マルチユーザーモデルに変換 ] ダイアログ ボックスで、マルチユーザー サーバー名を入力するか、リストから名前を選択します。
    3. [ 変換 ] をクリックします。

      現在のモデルがマルチユーザーモデルに変換され、マルチユーザーモードでモデルの使用を開始できるようになります。

Was this helpful?
前へ
次へ