アイテムの作成

Tekla Structures
2019
Tekla Structures

アイテムの作成

Tekla Structures では、 アイテム という用語は 3D の 形状 を持つ部材を指します。形状は外部のモデリング ソフトウェアまたは Tekla Structures で作成され、 Tekla Structures の形状カタログから利用できます。

アイテムは、他の 部材 (梁や柱など) に似ています。アイテムと他の種類の部材の主な違いは、アイテムの形状が 3D 形状 によって定義されるのに対して、他の種類の部材には部材の長さを作成するために押し出される 2D プロファイルがあるという点です。

Tekla Structures の基本的な部材やコマンド (カットなど) を使用してモデリングするのが困難なモデル オブジェクトにはアイテムを使用できます。また、外部ソフトウェアでモデリングした形状や製造元がモデリングした形状を使用するモデル オブジェクトにもアイテムを使用できます。

各アイテムには、そのアイテムを定義するプロパティ (形状、材質、位置など) があります。表示フィルターおよび選択フィルター、または図面テンプレートおよびレポート テンプレートでアイテム プロパティを使用する場合は、部材のテンプレート属性とプロファイルを使用する必要があります。部材からアイテムを分離する場合は、 IS_​ITEM テンプレート属性を使用します。

アイテムの制限事項

  • アイテムはその輪郭に一致した固定形状を持つため、アイテムを拡大/縮小したり、伸ばしたり、適合させたりすることはできません。
  • アイテムはミラーリングできません。
  • アイテムは分割したり結合したりできません。インポートしたアイテムを分割すると、分割位置に複製が作成されます。
  • アイテムがソリッド形状を持つ場合のみ、カットしたり別の部材に接続したりできます。
  • インポートしたアイテムの重量 (グロス) 値は、カットによってモデリングされた同一の Tekla Structures 部材の重量 (グロス) 値と異なる場合があります。これは、部材の重量 (グロス) を計算する際にカットが考慮されないためです。
  • アイテムではコンテキスト ツールバーを使用できません。

アイテムまたはコンクリート アイテムの作成

  1. [ 直接変更 ] がオンになっていることを確認します。

    これにより、モデル内のアイテムの位置と回転を簡単に調整できます。

  2. 作成するアイテムの材質に応じて、次のいずれかの操作を行います。
    • [ 鋼材 ] タブで、[ アイテム ] をクリックします。

    • [ コンクリート ] タブで、[ アイテム ] をクリックします。

    Tip:

    または、プロパティ パネルでコマンドを開始することもできます。

    1. モデルで何も選択されていないことを確認します。
    2. プロパティ パネルで、 [オブジェクト タイプのリスト] ボタン をクリックし、リストから [ アイテム ] または [ コンクリートアイテム ] を選択します。

      Tekla Structures によりコマンドが開始され、プロパティ パネルにプロパティが表示されます。

      プロパティ パネルでは、アイテム プロパティを変更し、形状などを選択できます。

  3. モデル内のオブジェクトの面と縁端の上にマウス ポインターを移動して、アイテムがどのように回転し、オブジェクト面に合わせて調整されるかを確認します。

    別のオブジェクト (部材や現場打ちコンクリートなど) にアイテムを追加する場合、 Tekla Structures に、最も近いオブジェクトの縁端までの位置寸法も表示されます。

  4. アイテムの最初の点をピックします。
  5. アイテムの方向を示す別の点をピックします。

    Tekla Structures では、プロパティ パネルの [ アイテム ] または [ コンクリートアイテム ] プロパティを使用して、指定した点の間に、1 つ目の点 (黄色のハンドル) から 2 つ目の点 (マゼンタ色のハンドル) に向かってアイテムが配置されます。

    Tekla Structures に、アイテムの位置と回転を微調整するために使用可能な座標軸、回転ハンドル、および位置寸法が表示されます。ハンドルはアイテムのローカル座標系に従って赤、緑、青になっています。

  6. いずれかの座標軸に沿ってアイテムを移動するには、関連する軸ハンドルを新しい位置にドラッグします。
  7. いずれかの座標軸を中心にアイテムを回転するには、関連する回転ハンドルを新しい位置にドラッグします。

    Tab キーを押して、選択した回転ハンドルの方向に 90 度ずつアイテムを回転させます。

  8. 距離または角度を指定することで、そのアイテムを移動または回転するには、次のようにします。
    1. 軸ハンドル、回転ハンドル、または寸法の矢印を選択します。
    2. 変更後の寸法の値を入力します。

      入力を開始すると、 Tekla Structures に [ 数値位置の入力 ] ダイアログ ボックスが表示されます。

    3. [OK] をクリックして、新しい寸法を確定します。
  9. モデルにさらにアイテムを追加する場合は、マウスの中ボタンをクリックし、手順 3 ~ 8 を繰り返します。
  10. アイテムの追加と変更を中止するには、 Esc キーを押します。

アイテムまたはコンクリート アイテム プロパティの変更

  1. プロパティ パネルが開いていない場合は、アイテムまたはコンクリート アイテムをダブルクリックし、[ アイテム ] または [ コンクリートアイテム ] プロパティを開きます。
  2. 必要に応じてプロパティを 変更 します。
  3. [ 変更 ] をクリックして変更内容を適用します。

    Tekla Structures で、次回このタイプのオブジェクトを作成するときには、新しいプロパティが使用されます。

アイテムの形状の変更

アイテムを作成または変更する場合、使用できるすべての形状が含まれる、形状カタログのリストから形状を選択できます。

作業を開始する前に、必要な 形状が形状カタログにインポート されていることを確認してください。

  1. アイテムをダブルクリックし、プロパティ パネルにアイテム プロパティを開きます。
  2. [ ... ] ボックスの隣にある [ パターン ] ボタンをクリックして、[ 形状カタログ ] ダイアログ ボックスを開きます。
  3. 必要に応じて、[ フィルター ] ボックスを使用して形状を検索します。
  4. リストから形状を選択します。
  5. [ OK ] をクリックして、[ 形状カタログ ] ダイアログ ボックスを閉じます。
  6. [ 変更 ] をクリックして変更内容を適用します。

アイテムおよびコンクリート アイテム プロパティ

プロパティ パネルの [ アイテム ] プロパティおよび [ コンクリートアイテム ] プロパティを使用して、アイテムのプロパティを定義、表示、および変更します。アイテムまたはコンクリート アイテムをダブルクリックして、プロパティを開きます。

アイテムのプロパティ ファイルのファイル名拡張子は、 *.ips です。

コンクリート アイテムのプロパティ ファイルのファイル名拡張子は、 *.ipc です。

プロパティ パネル レイアウトを カスタマイズ した場合は、プロパティのリストが異なる場合があります。

設定

解説

一般

名前

ユーザー定義可能なアイテムの名前。

Tekla Structures では、部材名は、レポートと ドキュメント管理 で使用されるほか、同じタイプの部材の識別にも使用されます。

パターン

アイテムの 形状

形状カタログから形状を選択するには、[ ... ] ボックスの横にある [ パターン ] ボタンをクリックします。

レポートと図面テーブルにアイテムの形状を表示するには、 PROFILE テンプレート属性を使用します。

材質

アイテムの 材質

仕上げ

仕上げのタイプ。

仕上げは、ユーザーが定義できます。仕上げでは、部材表面の処理方法を記述します。たとえば、防錆塗料、高温亜鉛メッキ、耐火コーティングなどの処理を指定できます。

クラス

アイテムのグループ化に使用されます。

たとえば、部材をクラス別に異なる色で表示することができます。

マーク シリーズ (アイテムに使用可能)

部材ナンバリング

部材マーク の頭文字と開始番号。

製品ナンバリング

製品マーク の頭文字と開始番号。

位置

平面上

アイテムの参照線を基準とする 作業平面上のアイテムの位置

回転

作業平面上の軸を中心としたアイテムの 回転

デプス

アイテムの 位置デプス 。位置は作業平面に対して常に垂直になります。

終点オフセット

Dx

参照線に 沿って アイテムを移動します。

Dy

アイテムの参照線に対して 垂直に アイテムを移動します。

Dz

アイテムを作業平面の Z 方向に 移動します。

キャスト ユニット (コンクリート アイテムに使用可能)

キャスト ユニットのナンバリング

部材マーク の頭文字と開始番号。

キャストユニット

アイテムがプレキャストされるか、現場打ちされるかを示します。

現場打ちコンクリート フェーズ

現場打ちコンクリートの 現場打ちコンクリート フェーズ 。現場打ちコンクリートをそれぞれ区別する場合に使用します。

カスタム プロパティ

その他

[ その他 ] をクリックし、部材の ユーザー定義情報 (UDA) を開きます。ユーザー定義情報には、部材に関する追加情報が含まれています。

Was this helpful?
前へ
次へ