Trimble Connector

Tekla Structures
2019
Tekla Structures

Trimble Connector

Trimble Connector は、 Tekla StructuresTrimble Connect for Desktop または Trimble Connect for Web の接続を有効にして、参照モデルの共有を可能にします。

Trimble Connector では、以下の操作を実行できます。

  • Tekla Structures プロジェクトおよびプロジェクト フォルダーに Trimble Connect モデルを関連付ける
  • 新規 Trimble Connect プロジェクトを作成する
  • Trimble Connector プロジェクトから Tekla Structures モデルに参照モデルをダウンロードする
  • Trimble Connector プロジェクトに Tekla Structures 参照モデルをアップロードする
  • Trimble Connect モデル オブジェクトを .ifc 参照モデルとして Trimble Connect プロジェクトにエクスポートする
注:

Trimble Identity を使用するには Trimble Connector が必要になります。

注:

Trimble Connect に関連するメタデータとすべての参照モデルは ..\TeklaStructuresModels\<model>\TConnect フォルダーにあります。エクスポートした参照モデル設定は ..\TeklaStructuresModels\<model>\Links フォルダーに保存されます。これらのフォルダーのファイルを手動で変更した場合、 Trimble Connector は正しく機能しません。

Trimble Connect から/に参照モデルをダウンロード/アップロードする

  • Trimble Connect プロジェクトから Tekla Structures モデルに参照モデルをダウンロードするには、[ ファイル > インポート ] > [ Trimble Connect ] をクリックします。
  • Tekla Structures 参照モデルを Trimble Connect プロジェクトにアップロードするには、[ ファイル > エクスポートファイル ] > [ Trimble Connect ] をクリックします。

[ Trimble Connect ] ダイアログ ボックスが開きます。 Trimble Identity を使用してログインすると、 Trimble Connector の使用を開始できます。

リボンまたはクイック起動からの Trimble Connect と Trimble Connector の起動

[ ファイル ] メニューを使用して Trimble Connector を開くのではなく、リボンまたは [ クイック起動 ] を使用して起動できます。これらの 2 つの場所から Trimble Connect for DesktopTrimble Connect for Web を起動することもできます。

  • Trimble Connect リボン タブ コマンドを使用して、 Trimble Connect for DesktopTrimble Connect for Web 、および Trimble Connector を起動できます。

  • クイック起動 を使用してこれらのアプリケーションを起動することもできます。

  • Trimble Identity を使用して Trimble Connector にログインする必要があります。
  • Trimble Connect for Web を起動すると、次のようになります。

  • Trimble Connect for Desktop を起動すると、次のようになります。
    • Trimble Connect for Desktop によって、現在の Tekla Structures モデルに追加されているデスクトップ プロジェクトが開きます。
    • プロジェクトを追加していない場合、 Trimble Connect プロジェクト ページが開きます。
    • Trimble Connect for Desktop をインストールしていない場合、 Trimble Connect for Desktop インストール済みをダウンロードするためのウェブ ページ ( https://app.connect.trimble.com/tc/app#/store ) が開きます。
  • Trimble Connector を起動すると、次のようになります。

    • Trimble Connector が開きます。プロジェクトを追加していない場合には追加できます。新しいプロジェクトを作成することもできます。

Tekla Structures モデルを Trimble Connect プロジェクトにリンクする

  1. Trimble Connector で、 をクリックします。

    [ プロジェクトを選択 ] ダイアログ ボックスが開きます。

  2. Trimble Connect サービスのプロジェクトの地理的な位置を選択します。

    使用可能なプロジェクトのリストが表示されます。

  3. プロジェクトを選択し、[ OK ] をクリックします。

    プロジェクトの名前を入力して [ Create ] をクリックし、新しいプロジェクトを作成することもできます。

    選択したプロジェクトの名前がダイアログ ボックスの上部に表示されます。

    これで、プロジェクトにフォルダーを追加できます。

  4. をクリックします。

    [ フォルダを選択 ] ダイアログ ボックスが開きます。 以前に選択したプロジェクトが表示されます。

  5. プロジェクトをダブルクリックし、プロジェクト内のフォルダーを表示します。

  6. ルート フォルダーをダブルクリックし、サブフォルダーを表示します。

    使用可能なフォルダーのリストが表示されます。複数のフォルダーを選択したり、新しいフォルダーを作成したり、リストから既存のフォルダーを削除したりできます。

    新しいフォルダーを作成する場合、ボックスにフォルダー名を入力し、[ 作成 ] をクリックします。

  7. モデルをリンクするフォルダーを選択し、[ OK ] をクリックします。

    選択したフォルダーが [ Trimble Connect ] ダイアログ ボックスに表示されます。

  8. フォルダーをダブルクリックして開きます。
  9. [ Trimble Connectに新しいモデルをエクスポート ] をクリックし、エクスポートの詳細を指定します。
    • モデルの名前を入力します。

      モデル名はプロジェクトにおいて一意です。

    • リンクする対象を選択します。 [ フィルター ]、[ すべて ]、または [ 選択対象 ] が選択できます。

    • [ フィルター ] を選択した場合、適切なフィルターを選択します。

    • [ 選択対象 ] を選択した場合、 Tekla Structures モデル内のオブジェクトを選択します。

    • 必要に応じて、IFC エクスポート設定ファイルを指定します。

      どのオブジェクト タイプ (鉄筋など) をエクスポートするかを指定する設定ファイルを定義していない場合は、表面形状のみがエクスポートされます。

    • [ OK ] をクリックします。

Trimble Connect プロジェクトから Tekla Structures モデルに参照モデルをダウンロードする

  1. 選択したフォルダーをダブルクリックします。

    そのフォルダーにある参照モデルのリストが表示されます。

  2. Tekla Structures モデルにダウンロードされていない参照モデルには アイコンが表示されます。 参照モデルを選択し、 をクリックします。

    参照モデルが Tekla Structures モデル サブフォルダーにダウンロードされ、 Tekla Structures モデルに挿入されます。

参照モデルのバージョンをリスト表示するには、参照モデル名の前にある矢印をクリックします。以前のバージョンのモデルを選択し、をクリックして Tekla Structures モデルに追加できます。

参照モデル バージョンが Tekla Structures モデルに挿入されると、そのバージョンには アイコンが表示されます。

Tekla Structures モデル サブフォルダーに存在する参照モデル バージョンが、 Tekla Structures モデルに挿入されていない場合、そのバージョンには アイコンが表示されます。

参照モデル バージョンが Tekla Structures および Trimble Connect にあるバージョンと同じ場合は、そのモデルには アイコンが表示されます。

Trimble Connect プロジェクトから Tekla Structures モデルに参照モデルの更新をダウンロードする

Trimble Connect プロジェクト フォルダーに、 Tekla Structures に既にダウンロードされている参照モデルの更新が含まれている場合、この参照モデルには アイコンが表示されます。このアイコンをクリックすると、モデルの最新バージョンがダウンロードされます。

Trimble Connect プロジェクトに Tekla Structures 参照モデルをアップロードする

Tekla Structures プロジェクトにアップロードされていない参照モデルが Trimble Connect モデルに挿入されている場合、このモデルには アイコンが表示されます。

これらのモデルは [ Trimble Connect ] ダイアログ ボックスの下部に表示されます。 をクリックすると、参照モデルを Trimble Connect プロジェクトにアップロードできます。

Trimble Connect プロジェクトに Tekla Structures 参照モデルの更新をアップロードする

挿入された参照モデルの更新が Tekla Structures モデルに存在し、そのモデルが Trimble Connect プロジェクトに公開されている場合、この参照モデルには [ 新しいバージョン ] ラベルが表示されます。

をクリックすると、参照モデルの更新を Trimble Connect プロジェクトにアップロードできます。

Trimble Connect プロジェクトに Tekla Structures モデル オブジェクトを .ifc 参照モデルとしてエクスポートする

Tekla Structures モデル オブジェクトから .ifc 座標ビュー 2.0 ファイルを作成し、 Trimble Connect プロジェクトにエクスポートできます。選択したモデル オブジェクトまたはすべてのモデル オブジェクトからファイルを作成できます。

  1. をクリックして、エクスポートを開始します。

    [ IFCエクスポートを設定 ] ダイアログ ボックスが開きます。

  2. エクスポートするモデルの名前を入力します。

    モデル名はプロジェクトにおいて一意です。

  3. [すべて] または [選択対象] をエクスポートするか、 [フィルター] を選択します。

    • [選択対象] を選択した場合は、オブジェクトを選択します。

    • [フィルター] を選択した場合は、下のリストからフィルターを選択します。

  4. IFC エクスポート設定ファイルを選択します。

    IFC エクスポート設定は、 [IFC にエクスポート] ダイアログ ボックスで作成および保存できます。

    設定ファイルは、モデルの \attributes フォルダーに格納する必要があります。設定ファイルを選択しない場合は、製品ではなく、部材のみの IFC モデルが作成されます。

    どのオブジェクト タイプ (鉄筋など) をエクスポートするかを指定する設定ファイルを定義していない場合は、表面形状のみがエクスポートされます。

  5. [ OK ] をクリックします。

Tekla Structures モデルに参照モデルをダウンロードすることができます。 Trimble Connector で参照モデルを選択し、 をクリックします。

エクスポートが正常に終了すると、モデルにが表示されます。

エクスポートされた参照モデルの更新バージョンが Tekla Structures モデルに含まれている場合、 をクリックすると、参照モデルの更新バージョンがエクスポートされます。

設定ファイルを指定しない場合は、 .ifc ファイルに部材と基準線のみが含まれます。 .ifc ファイルには製品情報が含まれていません。そのため、メイン部材のみをエクスポートすることができます。追加プロパティ セットを追加するには、[ ファイル > エクスポートファイル > IFC ] からプロパティ セットを保存します。その際、ファイル名は ifc.xml にします。

基準点を配置オフセットの代わりに使用する

Trimble Connect プロジェクト フォルダー名が既存の基準点名と等しい場合、またはプロジェクト フォルダー名が (既存の基準点名) で終わる場合、基準点が配置オフセットの代わりに使用されます。基準点を使用する場合、オフセットは無視されます。 (既存の基準点名) で終わるプロジェクト フォルダー名は、たとえば、フォルダー名 Architectural (EK840) です。この場合、座標系の名前を表す EK840 という名前の基準点が存在します。

ToDo

Trimble Connector [ ToDo ] リストには、プロジェクトに追加された ToDo メモが表示されます。ToDo メモを追加したり、他のプロジェクト メンバーのメモに返信したりできます。デフォルトでは、ToDo メモは、すべてのプロジェクト メンバーと共有されますが、解決期限付きで ToDo を割り当てるユーザーまたはユーザー グループを選択できます。

ToDo リストを開いて表示する

  1. Trimble Connector で、プロジェクトを開きます。

    プロジェクトを開かないと、ToDo メモを表示または作成できません。

  2. [ ToDo ] ボタンをクリックします。
  3. 次の操作が可能です。
    • [作成者][受託者][期限][状態] 、および [優先順位] に従ってリストを並べ替える。
    • [検索] を使用して、特定の ToDo を検索する。
    • [作成者][状態][優先順位][タイプ][注記][日付生成] 、および [最終更新日] ごとにグループ化する。
  4. ToDo リストを閉じるには、[ 閉じる ] ボタンをクリックします。

ToDo メモを作成する

  1. Trimble Connector で、 [ ToDo ] ボタンをクリックします。
  2. ビューやスナップショットを含む ToDo を作成するには、 Tekla Structures ネイティブ オブジェクトを選択します。

    ビューを 1 つ選択します。ビューを作成するとき、選択したネイティブ オブジェクトの IFC ファイルが作成され、プロジェクトの root\TeklaStructures-ToDos フォルダーにアップロードされます。

    座標系は、作業平面の処理機能の設定に従います。

    ToDo の作成に時間がかかる場合があるため、多数のオブジェクトのビューを一度に作成しないでください。

    ビューやスナップショットのない ToDo を作成する場合は、オブジェクトを選択しないでください。

  3. [ ToDo の作成 ] ボタンをクリックすると、ToDo の詳細を入力する新しいパネルが開きます。

    • [タイトル][説明] を入力します。

      [説明] 情報は必須です。 説明がない ToDo を保存することはできません。

    • 受託者を定義するには、[ Assignee ] の横にある [ Select ] をクリックし、リストからプロジェクト メンバーまたはユーザー グループを選択するか、ユーザー名またはユーザー グループ名の最初の数文字を入力してユーザー リストを絞り込みます。

      プロジェクトが共有されると、ToDo を他のユーザーに割り当てることができます。

    • カレンダーから期限を選択し、必要に応じて、優先順位、タイプ、状態、および達成率を設定します。

    • 添付ファイルを追加するには、 [添付ファイルの追加] をクリックし、次のいずれかまたは両方の操作を行います。

      • およびをクリックしてコンピューター上のファイルを参照し、そのファイルを選択した フォルダーに追加して、[ OK ] をクリックします。

      • をクリックしてコンピューター上のファイルを参照し、 [コンピューターから追加] をクリックしてそのファイルを現在の ToDo メモに添付し、[ OK ] をクリックします。

      • Windows にファイル名拡張子が関連付けられている場合は、添付ファイルをダブルクリックするとファイルが開きます。モデル ファイルは開きません。

  4. [ 上書き保存 ] ボタンをクリックして ToDo を保存します。

    保存された ToDo は Trimble Connect に即座に同期されます。ToDo が Trimble Connect にプッシュされると、短縮されたプロジェクト名と連番から成る一意の名前が ToDo に付けられます。

    作成した ToDo は、 Trimble Connect の [ ToDo ] タブと [ Activity ] タブで確認できます。

ToDo メモを表示する

  1. Trimble Connector で、 [ ToDo ] ボタンをクリックします。

    [ ToDo ] リストが開きます。

  2. 表示する ToDo をダブルクリックします。

    [ ToDo ] プロパティ パネルが開きます。

    [ ToDo ] プロパティ パネルを閉じるには、 [ 閉じる ] ボタンをクリックします。

ToDo メモにコメントを追加する

プロジェクト内の任意のユーザーが、任意の ToDo にコメントできます。

  1. Trimble Connector で、 [ ToDo ] ボタンをクリックします。

    [ ToDo ] リストが開きます。

  2. コメントする ToDo メモをダブルクリックします。
  3. プロパティ パネルが開いたら、 [コメント] ボックスにコメントを追加します。
  4. [コメントを追加] をクリックしてコメントを保存します。

また、プロジェクト管理者や ToDo の作成者は、コメント ボックスの隣にある [削除] ボタンをクリックしてコメントを削除することができます。

ToDo メモへのマークアップの作成

Trimble Connector で ToDo マークアップを作成して、 Tekla Structures および Trimble Connect にマークアップを表示できます。

  1. Trimble Connector で、既存のプロジェクトを選択するか、または新しいプロジェクトを作成します。

  2. マークアップ ツールを使用して、現在のモデルにマークアップを追加します。

    • は、すべてのモデル ビューからすべてのクリップ平面を削除します。

    • は、モデルからすべてのマークアップを削除します。

    • は、測定のマークアップを作成します。 モデルで 2 つの点をピックし、次に測定を配置する点をピックします。 点、縁端、または面をピックできます。

    • は、クモマークのマークアップを作成します。 モデルで、クモマークの中心とクモマークの縁端の位置をピックします。 Tekla Structures によって、ピックした中心の位置によって定義されたビュー平面に垂直なクモマークが作成されます。

    • は、線のマークアップを作成します。 モデルで、始点と終点をピックします。 矢印は始点に作成されます。

    • は、テキストまたは [ ユーザー定義情報 / レポート ] 属性と引出し線で構成されるテキストのマークアップを作成します。 マークアップ テキスト ボックスにテキストまたは頭マークを入力し、リストから [ ユーザー定義情報 ] または [ レポート ] 属性を選択して、引出し線の始点をピックし、次にテキストの位置をピックします。

      次の例では、 承認者 がテキストとして入力されており、使用可能な属性のリストから [UDA: 承認者] が選択されています。

      使用可能な属性のリストに [ ユーザー定義情報 ] または [ レポート ] 属性を追加するか、または [ テキスト マークアップ属性オプション ] リストに新しい属性を追加してこれらの属性を選択可能にするには、右下隅にある [テキストのマークアップの属性オプションを維持する] ボタンをクリックします。 [ テキスト マークアップ属性オプション ] ダイアログ ボックスが表示されます。

      ここでは以下の操作を実行できます。

      • 使用可能な属性のリストに追加する [ ユーザー定義情報 ] 属性または [ レポート ] 属性を選択する。
      • 上部のオプションを使用して新しい属性を追加する。 属性が [ ユーザー定義情報 ] または [ レポート ] のどちらであるかを選択し、属性タイプ [ 整数 ]、[ 二重 ]、または [ テキスト ] を選択して、属性の名前を入力する必要があります。 製品属性を追加する場合は、[ 製品 ] チェック ボックスをオンにする必要があります。 プラス (+) ボタンをクリックすると、定義された属性がリストに追加されます。
    • は、鉛筆またはフリーハンドのマークアップを作成します。モデルで始点をピックし、マウス ポインターを動かして必要な形状を作成して (マウスの左ボタンを押したままにしない)、終点をピックします。 Tekla Structures によって、ピックした始点によって定義されるビュー平面に垂直なマークアップが作成されます。

  3. Trimble Connector で、 [ ToDo ] ボタンをクリックします。

  4. Tekla Structures モデルから必要なモデル オブジェクトを選択します。

  5. [ ToDo の作成 ] ボタンをクリックすると、ToDo 情報を入力する新しいパネルが開きます。少なくともタイトルと説明は入力する必要があります。上記の「 ToDo メモを作成する 」を参照してください。

  6. ToDo が Trimble Connect と同期されていることを確認します。

既存の ToDo メモの割り当て

プロジェクトが共有されると、ToDo を他のユーザーに割り当てることができます。ToDo を他のユーザーに割り当てることができるのは、プロジェクト管理者とその ToDo の作成者のみです。 Trimble Connector で作成した ToDo のみを割り当てることができます。

  1. Trimble Connector で、 [ ToDo ] ボタンをクリックします。

    [ ToDo ] リストが開きます。

  2. 割り当てる ToDo メモをダブルクリックします。
  3. [編集] ボタンをクリックします。
  4. [受託者] ボックスで、 [選択] をクリックし、リストからプロジェクト メンバーまたはユーザー グループを選択するか、ユーザー名またはユーザー グループ名の最初の数文字を入力してユーザー リストを絞り込みます。
  5. カレンダーから期限を選択します。
  6. 必要に応じて、ToDo の優先順位、タイプ、および状態を設定します。
  7. [保存] ボタンをクリックして変更を保存します。

ToDo メモを同期する

他のプロジェクト メンバーが Trimble Connector で ToDo メモを作成した場合または ToDo メモにコメントした場合、即座にその ToDo が自動的に同期されます。

また、同期ボタンをクリックして、ToDo を即座に Trimble Connect と同期することもできます。

ToDo 設定を調整する

  1. Trimble Connector で、 [設定] ボタンをクリックします。

  2. 使用する [ ToDo ビューをダブルクリック ] の設定を選択します。

    • これらの設定は ToDo メモ内のスナップショット ビューに影響を与えます。

    • カメラとビュー投影を調整します : たとえば、座標系が異なる場合、現在のスナップショット ビューを変更せずに保持するには、このオプションが必要です。 このオプションを選択すると、 Tekla Structures のビューの投影が ToDo メモのスナップショット ビューの投影と異なる場合、ビューの投影も変化します。

    • クリップ平面の削除と追加 : Tekla Structures ビューのクリップ平面が削除され、ToDo ビューのクリップ平面が Tekla Structures ビューに追加されます。 このオプションは、[ カメラとビュー投影を調整します ] オプションを選択した場合のみ使用できます。

    • オブジェクトの選択 : このオプションは、ToDo ビューで該当するオブジェクトが選択されている場合、 Tekla Structures ネイティブ オブジェクトを選択します。 座標系が異なる場合、オブジェクトを選択して、選択したオブジェクトにズームすることができます。

  3. 設定パネルを閉じるには、[ 閉じる ] ボタンをクリックします。

Trimble Connect デスクトップとの連携

Trimble ConnectorTekla Structures - Trimble Connect for Desktop 相互運用性ツールで、 Trimble Connect for DesktopTekla Structures を連携させることができます。このツールを使用すると、 Trimble Connect for Desktop と連携して、オブジェクトの選択やカメラ位置を共有することができます。 Trimble Connect for Desktop がインストールされており、有効なライセンスおよび Trimble Identity を持っていることが前提条件となります。詳細については、「 Tekla Structures - Trimble Connect デスクトップの相互運用性 」を参照してください。

Was this helpful?
前へ
次へ