カスタム コンポーネント

Tekla Structures
2019
Tekla Structures

カスタム コンポーネント

プロジェクト用にカスタマイズしたジョイント、部材、シーム、およびディテールを作成できます。これらを カスタムコンポーネント と呼びます。カスタムコンポーネントは、 Tekla Structures システムコンポーネントと同様に使用することができます。モデル内の変更に合わせて自動的に調整されるインテリジェントなカスタムコンポーネントを作成することもできます。

どのような場合に使用するか

事前定義された システム コンポーネント の中にすべてのニーズを満たすコンポーネントが見つからない場合には、カスタム コンポーネントを作成します。特に、多数の複雑なモデル オブジェクトを作成してそれらを複数のプロジェクト間でコピーする必要がある場合に、必要です。

利点

[アプリケーションとコンポーネント] カタログにカスタム コンポーネントを保存しておけば、カタログからコンポーネントに簡単にアクセスして、同じモデルの別の場所で使用できます。カスタム コンポーネントを変更する必要が生じた場合でも、変更を一度行うだけで済みます。変更内容を保存すると、モデル内のカスタム コンポーネントのすべてのコピーに変更内容が自動的に適用されます。カスタム コンポーネントをモデル間で .uel ファイルとして インポートおよびエクスポート したり、カスタム コンポーネントを同僚と共有することもできます。

カスタムコンポーネントタイプ

次の4つのタイプのカスタムコンポーネントを作成できます。

タイプ

説明

カスタム部材

ジョイントおよびディテールを含めることができるオブジェクトのグループを作成します。

注記: モデルに表示されたときに、その他のカスタム コンポーネントとは異なり、カスタム部材にはコンポーネント シンボル付きません 。カスタム部材は、梁と同じ位置プロパティを持ちます。

カスタムジョイント

ジョイントオブジェクトを作成し、メイン部材に副部材を接続します。メイン部材を接続点でつなげることができます。

カスタムディテール

ディテールオブジェクトを作成し、1つの部材のピックした位置に接続します。

カスタムシーム

シーム オブジェクトを作成し、2 つの点でピックして作成した線に沿って部材を接続します。通常、部材は平行になります。

Was this helpful?
前へ
次へ