管理者向けリリース ノーツ:コンクリート コンポーネント

Tekla Structures
2019
Tekla Structures

管理者向けリリース ノーツ:コンクリート コンポーネント

埋め込みアンカー (8)

[入力] タブに、アンカー バーのタイプの組み合わせオプションが表示されるようになりました。

鉄筋配置コンポーネント (51 ~ 57) および緊張材配置 (66)

  • [逆 T 梁 - 自動鉄筋配置 (52)][段付き梁 - 鉄筋配置 (53)][矩形 RC 梁 - 鉄筋配置 (54)][段付き PC 躯体 - 鉄筋配置 (55)][矩形 PC 壁 - 鉄筋配置 (56)] 、および [緊張材配置 (66)] について、 [緊張材パターン] タブで外部 CSV ファイルを使用して緊張材の鉄筋を無制限に読み込むことができるようになり、 [属性] タブで緊張材コードを定義できるようになりました。

段付き PC 躯体 - 鉄筋配置 (55)

  • [長手方向鉄筋] タブで、長手方向鉄筋の外部 CSV ファイルを読み込んで、本数の制限なく鉄筋を定義できるようになりました。

  • [端部鉄筋ラベル属性] タブで、2 番目の鉄筋セットを制御できるようになりました。

鉄筋配置 - 段付き PC 躯体 (55)、鉄筋配置 - 矩形 PC 壁 (56)

[ステム あばら筋] (55 用) および [段部 主筋] タブで、鉄筋グループの詳細なフック プロパティを定義できるようになりました。これらの改良点により、コンポーネントには以前のバージョンとの完全な下位互換性はありません。

梁鉄筋 (63)

[パラメーター] タブで追加のリンクを作成し、最小プロファイル長を定義できるようになりました。

ストリップ フーチング鉄筋 (75)

[あばら筋] タブで、新しいフック タイプとして 2 重あばら筋鉄筋を作成できるようになりました。2 重あばら筋鉄筋 (135°、90°、または重なりあり) の端部の形状と、重なり長さを定義できます。 [あばら筋] タブに横断方向の設定が追加され、曲げ方向がイメージとして表示されるようになりました。

丸柱の鉄筋 (82)

柱の上部と下部の両方で、クランク鉄筋を作成できるようになりました。 [主筋] タブに水平、垂直、および斜めの距離の寸法を入力します。

正方形柱の鉄筋 (83)

  • 柱の下部にも鉄筋クランクを定義できるようになりました。垂直寸法の代わりに傾斜した寸法を使用して、クランクの長さを定義できるようになりました。

  • [中間リンク] タブで、すべてのあばら筋を単一のグループとして作成するかどうかを選択できるようになりました。
  • [あばら筋] タブで、あばら筋グループ間のギャップを定義できるようになりました。

スラブ・壁の開口部の鉄筋詳細 (84)

  • 既存の孔を補強し、作成している孔の位置オフセットを適用できるようになりました。

  • 水平および垂直オフセットなど、すべての鉄筋制御オプションを含む新しい [追加鉄筋] タブが追加されました。

フーチング定着筋 (87)

新しい [下部かぶり] タブを使用して、鉄筋グループごとに一意の下側かぶり厚を設定できるようになりました。もう 1 つのオプションでは、すべての角鉄筋と側面鉄筋に共通の下側かぶり厚を設定します。

範囲指定の溶接金網 (89)

ポリゴン生成の始点インデックスを定義できるようになりました。

RC 階段 (95)

[バー E] タブのあばら筋とピンは、形状を長方形にしたり、(傾斜が許される場合には) ステップの傾斜した縁端部と平行にしたりできます。

コンクリ-ト柱-梁 (110)

  • T 形鋼を中心として傾斜している柱の切り取り部を作成できるようになりました。
  • メイン部材または副部材からデフォルトのコンソールの厚さを選択できるようになりました。
  • [パイプ周辺の断面図の作成] オプションを使用して、パイプの周囲に断面図を作成するかどうかを定義できるようになりました。これは、 [ジョイント] タブで実行できます。
  • [アンカー バー] タブで、X 方向と Y 方向の両方のチューブ プロファイルのオフセットを定義できるようになりました。

  • [ソケット] タブで [対称形の脚] 設定を使用して、カスタム パーツのソケットを対称的に作成するかどうかを選択できるようになりました。
  • [パラメータ] タブで、クラスまたは名前の検索を使用して、余分な副部材を見つけてカットできるようになりました。副部材の最大幅を定義して、副部材をこの幅にカットすることもできます。

コンクリート梁 - 梁 (112)

  • ネオプレンを定義するときに、 [部材] タブで、ネオプレンをメイン部材と副部材の間のカット間隔を埋められるようにフィットさせるか、ネオプレンを長方形で作成するかどうかを選択できるようになりました。

  • [アンカー] タブで、チューブをメイン部材に合わせて配置するか、副部材の上部または下部に合わせて配置するかどうかを選択できるようになりました。

自動スプライス ツール

ラップ長さを絶対値として設定できるようになりました。ラップ長さを測定値として指定できるようになりました。

2 重壁エッジと開口部鉄筋

[ピクチャー] タブに、新しいかぶり厚オフセット C3 が追加されました。

[鉄筋] タブおよび [開口] タブで、縁端と開鉄筋の (鉄筋ではなく、あばら筋のみを作成する) 新しいオプションが追加されました。

溶接金網

メイン部材および副部材の最小長さを個別に制御できるようになりました。

鉄筋カプラーおよび端部アンカー ツール

[鉄筋カプラー] および [鉄筋端部アンカー] コンポーネントが変更され、これらを鉄筋セットで使用する場合、端部固有のユーザー定義情報の値が端部モディファイアーで設定されるようになりました。鉄筋セットの場合、端部モディファイアーのプロパティのねじ切り長、追加製作長、およびねじ切りタイプの値が (カスタムのユーザー定義情報の値の代わりに) 設定されます。

カプラー/端部アンカー コンポーネントで制御されるねじ切りタイプを取得するには、この値を RebarCoupler.Udas.dat ファイルに追加する必要があります。

サンドイッチ パネルと 2 重壁

フォイルの垂直/水平分割を制御する [フォイル] タブを使用できるようになりました。

壁レイアウト

[ユーザー定義情報] タブの内容をカスタマイズする場合、 [壁レイアウト レイヤ スワッパ] ツールを使用するときにレイヤーのユーザー定義情報値を入れ替えないことを WallLayout.Udas.dat ファイルに定義できるようになりました。これを行うには、行の末尾に NoSwap を追加します (4 番目のフィールド)。 string comment j_comment NoSwap.

//
// Customized user defined attributes (UDA) for layer parts created by wall layout component
// 
// Each row shall contain 2 or 3 fields separated by tab(s) or semicolon. 
// Please note that all uda names shall be unique
//
// Field 1: The data type of the attribute. Valid values are 'distance', 'float', 'option', 'integer' and 'string'
// compatible with the actual user defined attributes as specified in objects.inp
// Field 2: UDA name. This is the name of the user defined attribute set for the layer part.
// Field 3: Label. This text is shown in the attributes dialog. It can be a translatable label (albl_) or any text.
// Field 4: 'NoSwap' if you do not want the 'Wall layout layer swapper' to swap the values. 
// 
string comment j_comment NoSwap
string USER_FIELD_1 _user_field_1
string USER_FIELD_2 _user_field_2 
string USER_FIELD_3 _user_field_3
string USER_FIELD_4 _user_field_4
Was this helpful?
前へ
次へ