GUIDを使用したレポートに含めるオブジェクトの選択

Tekla Structures
2018
Tekla Structures

GUIDを使用したレポートに含めるオブジェクトの選択

オブジェクトのGUID(グローバル一意識別子)を使用して、レポートに含めるオブジェクトを選択できます。

  1. レポートの作成に使用するテンプレートを作成します。
    1. [ファイル] メニューで、 [エディタ] > [テンプレートエディタ] をクリックします。
    2. テンプレートエディタで、 [ファイル] > [新規] をクリックします。
    3. [テキストテンプレート] を選択し、 [OK] をクリックします。
    4. GUIDの行を追加します。
      • [挿入] > [コンポーネント] > [行] をクリックします。

        行の内容タイプを選択して、 [OK] をクリックします。

      • [挿入] > [テキスト] をクリックし、「 guid: 」、「 Guid: 」、または「 GUID: 」と入力します。 [OK] をクリックします。

        この操作により、モデル内でオブジェクトの選択が可能になります。

      • [挿入] > [値フィールド] をクリックします。行内のフィールドの場所を定義する点をクリックします。値フィールドの属性を選択するように促す [属性の選択] ダイアログボックスが表示されます。

        [GUID] 属性を選択して、 [OK] をクリックします。

    5. その他の必要な行をテンプレートに追加します。
    6. [ファイル] > [名前を付けて保存] をクリックします。

      テンプレートの名前を入力して、 ..\environment\<your_environment>\template フォルダを参照します。 ファイル名拡張子 .rpt を使用します。

  2. 保存したレポートテンプレートに基づいてレポートを作成します。
    1. [図面とレポート] タブで、 [レポート] をクリックします。
    2. 作成したレポートテンプレートをリストから選択します。
    3. [全部材] をクリックします。

      Tekla Structures にレポートが表示されます。

  3. レポートのGUID番号を含む行をクリックします。

    Tekla Structures によってアクティブなモデルビューで対応するオブジェクトが選択された状態になります。

役に立ちましたか?
前へ
次へ