ファイアウォールでlmgrd.exeおよびtekla.exeの例外を許可する: Windows Server 2008

Tekla Structures
2018
Tekla Structures

ファイアウォールでlmgrd.exeおよびtekla.exeの例外を許可する: Windows Server 2008

ライセンストラフィックを有効にするには、アプリケーション tekla.exe および lmgrd.exe に、ファイアウォール経由のライセンスサーバーコンピュータでの動作を許可する必要があります。手順はWindows Server 2008に適用されます。

lmgrd.exe および tekla.exe に例外を許可するには、次のようにします。

  1. サーバーコンピュータで、 [スタート] > [コントロールパネル] > [Windowsファイアウォール] を選択します。
  2. 左パネルで、 [Windowsファイアウォールによるプログラムの許可] をクリックします。
  3. [全般] タブで、使用しているWindowsオペレーティングシステムに応じて [例外を許可しない] または [すべての着信接続をブロックする]オフ にしていることを確認します。

    このチェックボックスがオンになっていると、変更内容は適用されません。

  4. [例外] タブで、 [プログラムの追加] をクリックして、 [プログラムの追加] ダイアログボックスを開きます。

  5. [プログラムの追加] ダイアログボックスで、 [参照] ボタンをクリックして Server フォルダを参照します。

    デフォルトのパスは ...\TeklaStructures\License\Server です。

  6. Server フォルダで、 lmgrd.exe を選択します。

  7. [開く] をクリックして、 [プログラムの追加] ダイアログボックスのプログラムリストに lmgrd.exe を追加します。
  8. [プログラムの追加] ダイアログボックスで、 lmgrd.exe が選択されていることを確認し、 [OK] をクリックします。

    lmgrd.exe アプリケーションが例外リストに追加されます。

  9. tekla.exe の例外も許可するには、手順3~7を繰り返します。
  10. [OK] をクリックして、変更内容を適用します。
Was this helpful?
前へ
次へ