属性インポート設定

Tekla Structures
2018
Tekla Structures

属性インポート設定

ユーザー定義情報(UDA)の値をテキストファイルからモデルにインポートするときは、 [属性インポート] ダイアログボックスのオプションを使用して、情報の対象とログファイルのプロパティを定義します。

オプション

説明

[データの区切り文字]

入力ファイルで使用する区切り文字を選択します。

情報の対象

  • [デフォルト][モデル全体]

    Tekla Structures はモデルのすべての部材の中からインポートファイルに一致する部材に属性情報を与えます。

  • 選択部材

    Tekla Structures は選択中の部材の中からインポートファイルに一致する部材に属性情報を与えます。

    このオプションは、ユーザー定義情報をモデルにインポートする場合に使用します。図面にインポートする場合は使用しないでください。

  • 参照モデル

    Tekla Structures では、入力ファイルでオブジェクトのユーザー定義情報の値が、参照モデルの一致するオブジェクトに割り当てられます。

[ログファイルを作成する]

  • [作成]

    ユーザー定義情報をインポートするたびに、現在のモデルフォルダに attribute_import.log という新しいログファイルを作成します。属性インポートの以前のログファイルは上書きされます。

  • [追加]

    ユーザー定義情報をインポートするたびに、現在のモデル フォルダの attribute_import.log ファイルにログ エントリを追加します。 ログ ファイルが存在しない場合には作成されます。

  • [いいえ]

    ログファイルを作成しません。

履歴表示

  • [いいえ]

    ログファイルは表示されません。

  • [ダイアログ使用]

    別ウィンドウでログ ファイルが表示されます。 ログ ファイルでオブジェクト GUID をクリックすると、モデル内でその部材がハイライトされます。

Was this helpful?
前へ
次へ