部材への荷重の適用

Tekla Structures
2018
Tekla Structures

部材への荷重の適用

Tekla Structures は構造解析モデルに荷重を適用するため、指定した領域に位置する部材を検索します。それぞれの荷重に対して、部材名フィルターまたは選択フィルターおよび検索領域(荷重対象の検索範囲)で、荷重を受ける部材を定義することができます。

部材名での荷重支持部材の定義

荷重を受ける部材または荷重を受けない部材をリスト表示できます。

  1. 部材に分布させる荷重をダブルクリックします。

    荷重プロパティダイアログボックスが表示されます。

  2. [分布] タブで、次のようにします。
    1. [荷重支持部材] リストで、次のいずれかを選択します。
      • [名前による部材を含める] を選択し、荷重を受ける部材を定義します。

      • [名前による部材を除外] を選択し、荷重を受けない部材を定義します。

    2. 部材名を入力します。

      部材名をリストするときに ワイルドカード を使用できます。

  3. [変更] ボタンをクリックして変更を保存します。

この例では、ブレースはこの等分布面荷重を受けません。

荷重支持部材の選択フィルターによる定義

荷重支持部材を選択フィルターを使用して定義することができます。

作業を始める前に、ニーズに適した選択フィルターがあるかどうかを確認します。ない場合は、 作成します

  1. 部材に分布させる荷重をダブルクリックします。

    荷重プロパティダイアログボックスが表示されます。

  2. [分布] タブで、次のようにします。
    1. [荷重支持部材] リストで、次のいずれかを選択します。
      • [フィルター部材を含める] を選択し、荷重を受ける部材を定義します。

      • [フィルター部材を除外] を選択し、荷重を受けない部材を定義します。

    2. 2番目のリストで選択フィルターを選択します。
  3. [変更] ボタンをクリックして変更を保存します。

この例では、 Beam_Steel フィルターに一致する部材がこの等分布面荷重を受けます。

荷重対象の検索範囲

周囲ボックス は、 Tekla Structures が荷重支持部材を検索する荷重周囲の領域です。

選択フィルターや部材名フィルターに加え、荷重の周囲ボックスを使用して、荷重を受ける部材を検索できます。

荷重ごとに独自の周囲ボックスがあります。周囲ボックスの寸法は、現在の作業平面のx、y、z方向で指定できます。寸法は、荷重の参照点、線、または領域から測定されます。

参照線または領域からのオフセット 距離 は、周囲ボックスのサイズに影響しません。

役に立ちましたか?
前へ
次へ